廃車買取査定/引き取り見積もりコチラ!

普通車を廃車する方法とメリット・デメリットについて

普通車を廃車する方法とメリット・デメリット

廃車する車が普通車の人に役立つ情報を、検討初期からゴールまで、丁寧に疑問を解消しながら賢く進めていただけるようガイドします!ディーラーや廃車業者に依頼する場合はもちろん、自分で廃車手続きを済ませたい人にも対応する内容なので、具体的な方法・メリットとデメリットを参考に何から始めるかを決める際にご活用ください。

廃車引き取りならヒキトリレンジャー
今すぐ電話で廃車相談
ネットで無料廃車相談

普通車を廃車するには?

所有している普通車を廃車するにはどうしたらいいのかについて、ステップ・バイ・ステップで必要知識を効率的に獲得してもらえるよう、私たち個人がもっている様々な選択肢の中から主流のやり方をご案内します。

引取り責任者

ここからは、はじめて廃車する人でも、ご自身の課題感から答えにたどり着けるように、疑問に対して答えを示すかたちで解説させていただきます。

廃車にかかる費用はどのくらいかかるのか

普通車を廃車する費用は、業者や地域によって異なりますが、一般的には数万円から10万円程度が相場となっています。以下では、代表的な業種の廃車費用とサービス内容について解説します。

自動車ディーラーや中古車販売店

自動車ディーラーや中古車販売店では、基本的に廃車のための車両の引取や、廃車手続きの作業はしてくれません。再販可能な車両の場合は廃車というよりは車両の買取金額が付きます。廃車費用は、業者や地域によって異なりますが、一般的には数万円程度が相場となっています。車両の価値がある場合は、引き取り費用を免除してくれることがあります。

廃車業者

廃車業者では、車両の引き取りと廃車手続きを行ってくれます。廃車費用は、業者や地域によって異なりますが、一般的には無料から10万円程度が相場となっています。また、処分費用が無料の業者もありますが、車両の引き取りに費用がかかる場合があります。廃車買取業の業態もありますが、どちらかといえば、中古車買取と言ったほうがイメージしやすいでしょう。廃車買取業者の場合は、まだ価値がある普通車なら査定して買い取りしてくれます。

自治体指定の廃棄物処理業者

自治体指定の廃棄物処理業者(解体業者)では、車両の引き取りと廃車手続きは基本やりません。廃車費用は、自治体や地域によって異なりますが、一般的には数万円から10万円程度が相場となっています。ただし、自治体によっては処分費用が無料の場合があります。ただし、自治体指定の業者は、業者自身が営利を目的としているわけではなく、廃車の手続きに時間がかかる場合がある点に留意する必要があります。

これらの業種は、廃車費用が数万円から10万円程度が相場である点で共通しています。ただし、車両の引き取りに関しては、廃車の引取業者、動く車の廃車であれば中古車専門店なども車両の引取は可能です。事前に確認することが大切です。また、引取業者によっては処分費用が無料の場合があるため、確認することもおすすめします。

今すぐ電話で廃車相談
ネットで無料廃車相談

廃車手続きはどうやって行うのか?

自動車ディーラーや中古車販売店、廃車業者、軽自動車検査協会、陸運支局などで行うことができます。必要書類は、自動車検査証、自賠責保険証、自動車税納税証明書、自動車重量税納税証明書などです。

自動車ディーラーや中古車販売店の場合の手順

  1. 買取申し込み
    自動車ディーラーもしくは中古車販売店に車両の買取申し込みを行う。
  2. 査定
    買取申し込みに基づき、店舗が車両を査定する。
  3. 買取金額決定
    査定額に納得したら、買取決定を行う。
  4. 手続き
    ディーラーもしくは中古車販売店が車両引き取りや書類手続きを代行するため、必要書類を用意しておく。

廃車業者の場合の手順

  1. 問い合わせ
    廃車業者に問い合わせを行う。
  2. 査定・引き取り
    廃車業者が車両の査定を行い、引き取り手続きを行う。
  3. 手続き
    廃車業者が必要書類を代行して手続きを行うため、引き取り前に必要書類を用意しておく。

自分で廃車する場合の手順

  1. 申請書の記入
    陸運支局で配布されている廃車申請書を記入する。
  2. 本人確認書類の用意
    印鑑証明書や住民票、場合によっては戸籍の附票など、車検証とのつながりを証明する書類を用意する。
  3. 廃車手続き
    一時抹消手続きもしくは永久抹消手続きを行う。

自動車ディーラー、中古車販売店、廃車業者、陸運支局での廃車手続きの主な手順です。ただし、業者や地域によって手続きの内容が異なる場合があるため、事前に確認することが大切です。また、手続きに必要な書類も、業者や支局によって異なるため、手続き前に必要書類を確認することもおすすめします。

廃車担当者

普通車の廃車手続きを全て自分で行いたい方は、下記の関連記事も参考に進めてみてください。

自分でする廃車手続き「普通車」

廃車後、所有者はどうなるのか?

普通車を廃車手続きしても車両所有者としての権利は消滅しません。車両をもう一度、車検を受けて使用する場合には一時抹消登録、登録識別情報等通知書のデーターがあれば復活して車両を使用することも出来ます。

また、一時抹消手続き終了後でも譲渡証明書で他人に売買も可能です。

永久抹消済みの場合は車両が解体されていますので、車両所有者としての権利は消滅します。したがって、廃車後の所有者は存在しません。

ただし、車両を永久抹消手続きする際には、解体証明書を受け取ることが必要です。この証明書には、廃車手続きを行った車両の情報や解体作業を行った業者の場所などが記載されています。この証明書は、大切に保管しておくことが必要です。

また、業者によっては、車両の引き取りを行わない場合があります。その場合は、自動車解体業者もしくは廃車専門業者などに持ち込む必要があります。この場合、解体証明書を受け取ることができます。

今すぐ電話で廃車相談
ネットで無料廃車相談

廃車後、自動車保険はどうなるのか?

普通車を廃車手続きしても自動車保険の内容は変更されません。以下に自賠責保険と任意保険について解説します。

【自賠責保険】

自賠責保険は、廃車手続きする車の車検が残っている場合、自賠責保険の解約手続きをすると有効期限の残り月数に応じて返戻金を受け取ることが出来ます。自賠責保険期間中に事故を起こしている場合は、事故発生日から最長で1年間は保険が継続されます。この場合、保険期間が満了する前に保険金が支払われることはありません。

【任意保険】

任意保険については、解約時期や解約手続きによって内容が異なります。

通常の解約
任意保険を解約する場合は、保険会社に連絡して手続きを行います。解約日が契約更新日以前の場合は、保険料の返還があります。もしくは新しく購入する他の車に任意保険を移行することも可能です。

廃車による解約
廃車により任意保険を解約する場合は、保険会社に廃車引取業者からの引取証明書など社印が捺印してある書類や解体証明書を提出することで解約が可能です。この場合、保険料の返還があります。ただし、保険契約期間中に事故を起こした場合は、事故発生日から1年間は保険が継続され、保険料が発生することがあります。

自賠責保険と任意保険は廃車後に自動的に解約されることがありますが、解約手続きが必要な場合もあります。廃車前に保険会社に確認し、必要な手続きを行うことが大切です。

廃車後、次にどうするべきか?

普通車を廃車した後、次に取るべき手続きや注意点についていくつか紹介します。

  • 道路運送車両等の登録に関する法律に基づく届出の提出
    車両を廃車した場合、車両の所有者は解体証明書とともに、道路運送車両等の登録に関する法律に基づく届出を提出する必要があります。この届出により、廃車手続きが正式に完了します。
  • 自動車税の請求書が届いた場合の対処
    車両を廃車手続きがも4月を過ぎてしまった場合。自動車税の請求書が届くことがあります。この場合は、廃車処分を証明する書類とともに税務署に連絡し、月割りで自動車税を支払う必要があります。
  • 駐車場やガソリンスタンドの解約
    駐車場やガソリンスタンドなど、車両を利用していた施設の解約手続きを行う必要があります。
  • ナンバープレートの返却
    車両を廃車処分する場合、ナンバープレートは返却する必要があります。この際、廃車手続き必要書類とナンバープレートを持参し、自動車検査登録事務所で返却手続きを行うことができます。
  • 環境保護の観点から廃棄物の適切な処理
    廃車処分によって発生した廃棄物は、環境保護の観点から適切に処理する必要があります。車両引き取り業者や自治体の指定する廃棄物処理業者(解体業者)など、適切な業者に委託して処理を行うことが重要です。

廃車処分後には様々な手続きが必要となります。廃車前にしっかりと手続きを確認し、必要な手続きを行うことが大切です。

今すぐ電話で廃車相談
ネットで無料廃車相談

普通車を廃車する理由

車の老朽化による安全性や経済性の問題

普通車を廃車する場合には、老朽化による安全性や経済性の問題が考慮されることがあります。以下に具体的なポイントをいくつか挙げてみます。

  • 車両の老朽化による安全性の低下
    車両が老朽化すると、部品の劣化や腐食、疲労などにより、車両の安全性が低下する可能性があります。たとえば、ブレーキの効きが悪くなったり、サスペンションが沈み込んで車高が低くなったりすると、安全性が脅かされることがあります。
  • 燃費の悪化による経済性の低下
    車両が老朽化すると、エンジンの性能が低下し、燃費が悪化する可能性があります。また、部品の摩耗や劣化により、修理費用が高額になることもあります。そのため、車両の経済性が低下することがあります。
  • 定期点検や車検の通過の難しさ
    車両が老朽化すると、定期点検や車検で不合格となることがあるため、車両の維持にかかるコストが高くなることがあります。
  • 環境規制による影響
    車両が老朽化すると、環境規制に適合しない可能性があります。たとえば、排出ガス規制が厳しくなった場合、車両のエンジンや排気系に改良を加える必要があり、それに伴いコストがかかることがあります。

車両の老朽化による安全性や経済性の低下、定期点検や車検の通過の難しさ、環境規制による影響など、さまざまな問題が考慮されることがあります。車両の管理や維持については、適切なメンテナンスや判断が必要です。

車の修理費用が高くつくため

普通車の修理費用が高額になり、廃車する場合の原因や理由として考えられるものには、以下のようなものがあります。

  • 車両の年式と走行距離
    車両の年式や走行距離が高くなると、部品の劣化や摩耗が進んで修理費用が高額になることがあります。特に、車両の年式が古くなると、修理部品の入手が困難になることがあります。
  • 事故による損傷
    事故によって車両が損傷した場合、修理費用が高額になることがあります。特に、車体の損傷が大きい場合やエンジンやトランスミッションなどの主要部品が損傷した場合は、修理費用が高額になることがあります。
  • メンテナンスの不十分さ
    車両のメンテナンスが不十分な場合、エンジンやトランスミッション、サスペンションなどの部品が劣化して故障することがあります。そのため、修理費用が高額になることがあります。
  • 車両の状態による価値の低下
    車両が劣化している場合、車両の価値が低下することがあります。修理費用が高額になる場合や車両の価値が低い場合は、廃車することが選択肢の1つになります。

車両の年式や走行距離、事故による損傷、メンテナンスの不十分さ、車両の状態による価値の低下などが、修理費用が高額になり、廃車する場合の原因や理由となることがあります。

燃費が悪くなったため

普通車の燃費が悪くなり、廃車する場合の原因や理由として考えられるものには、以下のようなものがあります。

  • エンジンやトランスミッションの劣化
    エンジンやトランスミッションが劣化すると、燃費が悪化することがあります。たとえば、エンジンの燃費効率が低下したり、トランスミッションの摩耗によってシフトがスムーズにいかず、燃費が悪化することがあります。
  • タイヤの劣化
    タイヤが摩耗し、減った溝が影響を与えることがあります。タイヤの溝が減っていると、車両の制動距離が伸び、燃費が悪化することがあります。
  • エアフィルターの汚れ
    エアフィルターが汚れていると、エンジンに十分な空気が入らず、燃費が悪化することがあります。
  • メンテナンスの不十分さ
    車両のメンテナンスが不十分な場合、オイル交換や点検などが適切に行われていないため、燃費が悪化することがあります。
  • 車両の重量
    車両が重い場合、燃費が悪化することがあります。車両の重量が増えると、エンジンにより多くの負荷がかかり、燃費が悪化することがあります。

エンジンやトランスミッションの劣化、タイヤの劣化、エアフィルターの汚れ、メンテナンスの不十分さ、車両の重量などが、燃費が悪化し、廃車する場合の原因や理由となることがあります。

今すぐ電話で廃車相談
ネットで無料廃車相談

税金や自動車保険料が高くなったため

普通車の自動車保険料が高くなる理由としては、以下のようなものがあります。

  • 車両の車種や年式、保険金額による影響
    車両の車種や年式、保険金額によって保険料が異なるため、高額な車両や高額な保険金額の場合、自動車保険料が高くなることがあります。
  • 事故歴による影響
    事故歴のある場合、自動車保険料が高くなることがあります。また、過去に自動車保険を解約した履歴がある場合も、保険料が高くなることがあります。
  • 運転者の年齢や運転歴による影響
    運転者の年齢や運転歴によって保険料が異なるため、若いドライバーや運転歴が浅いドライバーの場合、自動車保険料が高くなることがあります。
  • 地域による影響
    保険会社によって、地域ごとに保険料が異なるため、都市部や交通量の多い地域の場合、自動車保険料が高くなることがあります。
  • 自動車保険料の値上げ
    保険会社によっては、自動車保険料を値上げすることがあります。これは、事故率の上昇や災害の発生など、様々な理由によって引き起こされることがあります。

車両の車種や年式、保険金額、事故歴、運転者の年齢や運転歴、地域、保険料の値上げなどが、自動車保険料が高くなる原因となることがあります。

廃車の手続きと方法

廃車手続きの流れと必要書類の紹介

普通車の廃車手続きの流れと必要書類については以下の通りです。

廃車手続きの流れ

  1. 流れ1:買取業者、廃車業者、もしくは地方自治体の廃車受付窓口に問い合わせる。
  2. 流れ2:廃車手続きの申請を行う。
  3. 流れ3:引取業者へ車両を引き取ってもらう。
  4. 流れ4:永久抹消の場合は解体業者から解体証明書を発行してもらう。

必要書類とその理由

  • 自賠責保険証明書
    廃車手続きには自賠責保険は必要ありません。廃車手続き終了後に自賠責保険の残りがある場合は解約手続きすると返戻金を受け取れます。
  • 自動車検査証(車検証)
    車検証は、車両の所有者が所有している証明書であり、車両の譲渡や廃車時に必要になります。廃車する場合は、車検証のコピーなど解体業者に提出する必要があります。
  • 自動車税納税証明書
    車両の所有者が、自動車税を納めたことを証明する書類です。廃車手続の時に所有権解除の手続きをしていなかった場合などに、自動車税の納税証明書が必要になります。
  • 印鑑証明書
    廃車手続きには、車両所有者の印鑑証明書が必要になります。印鑑証明書は車検証に記載されている所有者の本人確認のため、住民票やなどと一緒に提出することになります。
  • 自動車リサイクルシステム
    自動車リサイクル料金の確認や廃車手続きで永久抹消の手続きをするには、車両の解体日が必要になります。自動車リサイクルシステムで確認することが出来ます。
今すぐ電話で廃車相談
ネットで無料廃車相談

廃車費用の相場と支払い方法の紹介

普通車の廃車費用の相場と支払い方法については以下の通りです。

廃車費用の相場

普通車の廃車費用の相場は、車両の大きさや年式、状態、解体業者の料金設定によって異なりますが、一般的には無料〜10万円程度が相場とされています。ただし、車両の状態や解体業者の料金設定によっては、それ以上の費用がかかることがあります。

支払い方法

廃車費用の支払い方法は、以下のようなものがあります。

現金払い
解体業者に直接現金で支払う方法です。現金払いの場合、安くなることがある場合があります。

クレジットカード払い
一部の解体業者では、クレジットカードでの支払いが可能な場合があります。ただし、カード会社によっては、手数料がかかる場合があるので確認が必要です。

振り込み
解体業者が指定した口座に、銀行振り込みで支払う方法です。ただし、手数料がかかる場合があるので確認が必要です。

保険金での支払い
自動車保険に加入している場合は、保険金で廃車費用を支払うことができます。ただし、保険会社によっては支払いが認められない場合がありますので、事前に確認が必要です。

現金払い、クレジットカード払い、振り込み、保険金での支払いなどが、普通車の廃車費用の支払い方法として一般的に用いられます。

廃車業者の選び方と注意点やポイント

廃車業者を選ぶ際の注意点やポイントについては、以下の通りです。

【廃車業者の選び方】

料金の比較をする
複数の廃車業者の料金を比較して、最も適正な価格で廃車をしてもらうことができます。ただし、料金だけで判断せず、業者の信頼性やサービス内容も考慮する必要があります。

口コミや評判を調べる
インターネットなどで、廃車業者の口コミや評判を調べることができます。特に、自分と同じ車種や年式の車を持っている人の口コミは参考になる場合があります。

公的機関に問い合わせる
自治体によっては、廃車受付窓口を設置している場合があります。自治体の窓口に問い合わせることで、信頼性の高い業者を紹介してもらうこともできます。

【注意点】

解体証明書の発行を確認する
解体業者から解体証明書が発行されているかを確認し、受け取るようにしましょう。この証明書がないと、廃車手続きで永久抹消や自動車税の停止ができないため、必ず確認してください。

見積もり金額の明確化
廃車業者に依頼する前に、必ず見積もり金額の明確化をするようにしましょう。見積もりには、車両の大きさや年式、状態、解体費用などが含まれます。複数の業者から見積もりを取り、比較して選ぶようにしましょう。

運転席やトランク内の物品の取り出し
廃車業者に引き取られる前に、運転席やトランク内の物品を取り出しておくようにしましょう。また、車体番号の確認や、オーディオやカーナビなどの取り外しについても、事前に確認しておくことが重要です。

口コミや評判の調査、料金の比較、公的機関に問い合わせることで信頼性の高い業者を選ぶことが大切です。また、業者を選ぶ際には、解体証明書の発行や見積もり金額の明確化、運転席やトランク内の物品の取り出しについても注意するようにしましょう。

今すぐ電話で廃車相談
ネットで無料廃車相談

普通車を廃車するメリット・デメリット

メリット

普通車を廃車するメリットとしては、以下のようなものがあります。

買い替えの費用を抑えられる

車の修理や部品交換を繰り返していると、買い替えのタイミングを逃してしまいがちです。しかし、そのような場合には、車両の維持費用がかさんでしまうため、廃車することで買い替えの費用を抑えることができます。

車庫などのスペースを確保できる

車を所有している場合、車庫や駐車場のスペースを確保することが必要です。しかし、車が老朽化してしまった場合や、使用しなくなった場合には、車庫や駐車場のスペースを解放することができます。

税金や保険料の節約ができる

車を所有している場合には、自動車税や自動車保険料を支払う必要があります。しかし、車を廃車することで、それらの費用を節約することができます。

普通車を廃車するメリットとして、買い替えの費用を抑えられる、スペースを確保できる、税金や保険料の節約ができるなどが挙げられます。

デメリット

普通車を廃車するデメリットとして、以下のようなものがあります。

買い替えの費用がかかる

廃車した場合、新しい車を購入する必要があるため、その費用がかかります。また、新しい車に乗り換える場合には、自動車税や自動車保険料などの維持費用が必要になります。

車の処分に費用がかかる

普通車を廃車する場合には、解体費用や廃車費用がかかるため、それらの費用を負担する必要があります。また、解体業者によっては、廃車費用が高額になる場合があります。

環境に悪影響を及ぼす可能性がある

車を解体する場合には、環境に悪影響を及ぼす可能性があります。特に、排気ガス中に含まれる有害物質の処理には注意が必要です。また、解体業者が適切な方法で廃車を処理しているかどうかも確認する必要があります。

普通車を廃車するデメリットとして、買い替えの費用がかかる、車の処分に費用がかかる、環境に悪影響を及ぼす可能性があるなどが挙げられます。

今すぐ電話で廃車相談
ネットで無料廃車相談

メリット・デメリットを踏まえた上での判断ポイント

普通車を廃車する際には、以下のようなポイントを考慮することが大切です。

車の状態を正確に把握する

車の状態を正確に把握し、修理や改造によって使用継続が可能かどうかを判断することが重要です。車の修理や改造にかかる費用が廃車費用よりも安く済む場合には、使用継続する方が良いでしょう。

廃車費用と新車購入費用を比較する

車を廃車する場合には、廃車費用と新車購入費用を比較して、最もコストパフォーマンスの良い選択をすることが大切です。また、買い替えの場合には、車の維持費用を考慮することも重要です。

環境負荷を考慮する

車を廃車する場合には、環境負荷を考慮することも大切です。解体業者を選ぶ際には、適切な方法で廃車を処理しているかどうかを確認することが重要です。

今後の車の必要性を考慮する

車を廃車する場合には、今後の車の必要性を考慮することも重要です。車を使用する頻度や距離、用途などによっては、車を維持する方が良い場合もあります。

車を廃車する際には、車の状態や廃車費用、環境負荷、今後の車の必要性を考慮して、最適な選択をすることが大切です。

まとめ

普通車を廃車する方法とメリット・デメリットについて解説してきましたが、まだ乗れる車を無理に解体処分に回したり、安値で引き取ってもらう必要はないことは伝わりましたでしょうか。私たちの人生の中で、車という乗り物は、家の次にお金がかかるものです。

そのため、まだまだ乗れるような普通車の場合、引き取りではなく中古車販売店や買取業者に査定をお願いすることを推奨します。

そして、結果的に「買取査定で値段が付かない車」と判断されたとき、私たちのような廃車引き取り業者に相談してください。

特に事故車、動かない車や放置車両など、中古車市場での値打ちが低い状態の車の場合は、引き取り手がつきにくくなる傾向があるので、専門業者に依頼したほうがスムーズに行きます。

最後までご覧いただき有難うございました!引き続き、サイト内のコンテンツをご活用ください。

今すぐ電話で廃車相談
ネットで無料廃車相談

みんなの質問箱

車の廃車が専門の当社には、日々多くの質問が寄せられます。その質問の中から、特に需要が多い質問と専門スタッフによる答えをまとめてあるのが「みんなの質問箱」です。

廃車サービス提供エリア

ヒキトリレンジャーでは、関東及び近郊エリアにおいて廃車サービスを提供しています。ご相談・査定・引き取りエリアの選択は、下記、お車を保管している地域名のリンクからお選びください。

東京都神奈川県千葉県
埼玉県茨城県栃木県
群馬県山梨県静岡県

エリア別ページには、査定や引き取りが可能な「市区町村」情報のほか、廃車費用や流れの詳細をご確認いただけます。

\クイック廃車!累計対応数4,000台/
フリーダイヤル:0800-919-0048
【電話受付】9:00~24:00 ※年中無休
廃車の見積を依頼して待つ!
\クイック廃車!9:00-24:00 年中無休/