廃車手続きのガイドを公開中!

トラックの廃車手続きと費用の全て!廃車の流れや注意点も解説

トラックの廃車手続きの全て

トラックの廃車手続きは、普通車・軽自動車とは異なり、ボディ形状・車両重量・長さが千差万別。特に車両を引き渡すにも、レッカーでる業者が少ないため、なにかと事前確認が必要になります。そんなトラック廃車手続きについて、初めての人でも、全体像を把握しながらポイント押さえた対応ができるよう要点を解説します。

トラックの廃車手続き

トラックの廃車手続きには、一時抹消登録と永久抹消登録の二つの方法があります。ご自身の目的に合わせた適切な手続きを行うことで、正式に車両を廃車したことを証明できます。

一時抹消登録の流れ

一時抹消登録は、主にトラックの売買や所有者変更が予定されている場合に行われます。手続きを始める前に、必要な書類を揃えることが必要です。

  • 車検証
  • 印鑑証明書
  • 譲渡証明書

などが必要となります。

これらの書類を地方運輸局やそれに準ずる機関に提出し、手続きを行います。一時抹消登録後は、新たな所有者が再登録を行うまでの一時的な状態となります。

永久抹消登録の流れ

永久抹消登録は、トラックを完全に廃車とする際に行います。この手続きには、一時抹消登録と同様に車検証や印鑑証明書が必要ですが、さらに解体日や、移動報告番号などが求められます。車両が適切に解体され、リサイクルシステムへの報告が適切にされていないと、永久抹消登録は手続きすることが出来ません。これらの書類を提出し、地方運輸局での手続きを完了することにより、トラックは法的に廃車と認定されます。

引取り責任者

理解しておくべきは、トラックの種類(大型、2t、冷凍車、ダンプ、トレーラーなど)に関わらず、廃車の手続きは基本的に同じだという点です。しかし、トラックのサイズや用途によって、解体やリサイクルの方法が異なる場合がありますので、事前に情報を収集しておくことが望ましいです。

廃車引き取りならヒキトリレンジャー
今すぐ電話で廃車相談
ネットで無料廃車相談

トラック廃車手続きの必要書類

トラックの廃車手続きにはいくつかの重要な書類が必要です。これらの書類は、手続きをスムーズに進行させるために欠かすことができません。具体的に必要な書類は以下の通りです。

まず、車検証が必要です。この書類は車両の登録情報を証明するもので、手続きを進める上で最も基本的な書類となります。

また、自動車税が納付されて無い場合でも廃車手続きは手続きはすることはできます。

また、リサイクル券も重要な書類です。自動車リサイクル法に基づき、購入時に支払ったリサイクル料金の処理状況を示す書類であり、廃車手続きにおいて必ず必要となります。

これらの書類を揃えることで、トラックの廃車手続きをスムーズに進めることが可能です。書類が不足していると手続きが遅れることがあるため、事前にしっかりと準備を行うことが推奨されます。

トラックの廃車にかかる費用

トラックを廃車にする際には、いくつかの費用が発生します。トラックの種類や状態、廃車の方法によっても費用は変わるため、ここでは一般的な費用項目を詳しく見ていきましょう。

廃車手続き費用

トラックの廃車手続きには、一時抹消登録または永久抹消登録が必要です。これに伴う費用として、登録抹消手数料がかかります。また、車庫証明の返納に伴う手数料や、ナンバープレートの返還に関する手数料も必要になる場合があります。

解体費用

トラックが使用不可能な状態の場合、解体が必要となります。解体費用はトラックの大きさや解体業者によって異なりますが、一般的には数万円から数十万円が目安です。特に大型トラックや2tトラック、ダンプ、トレーラーなどの特殊な車両は、解体費用が高くなる傾向にあります。

廃車担当者

車体の形状がシンプルな平ボディのトラック等の場合、解体業者が鉄くず扱いで無料引き取りや買取をしてくれる場合もあるので、事前にメーカーや車種などの情報を伝えて査定を受けることもできますよ!

レッカー料金

廃車するトラックが自走できない状態の場合、車両を運搬するためのレッカー料金が発生します。トラックの大きさや運搬距離によって料金は変わりますが、基本的には数万円〜が一般的です。

引取り責任者

トラックのボディ形状、車両総重量、車体の長さによって運べるレッカー車は限定されます。前もって、対応可能な業者を見つけることで、スムーズに廃車できるので連絡して確認をすることを推奨します。

リサイクル料金

トラックの廃車時にはリサイクル料金が必要となることがあります。これは、車体のリサイクル法に基づいて車を環境に優しく処分するためのものです。トラックの種類や年式によって料金は異なりますが、必要な場合は数千円から数万円程度を見積もっておくと良いでしょう。

その他の費用

その他、トラックを廃車にするためには、書類作成の手数料や、場合によっては廃車手続きを代行してくれる業者に支払う代行手数料などがかかることがあります。これらは業者や手続きの内容によって異なるため、事前にしっかりと確認することが重要です。

今すぐ電話で廃車相談
ネットで無料廃車相談

トラック廃車費用を抑える方法

トラックの廃車には予想以上の費用がかかることが多いですが、いくつかの方法でこれらの費用を削減することが可能です。ここでは、費用を抑えるいくつかの有効な方法をご紹介します。

方法1.廃車買取業者に依頼

廃車買取業者に依頼することを検討してください。トラックの状態にもよりますが、動かない車や古い車であっても、部品としての価値や再利用可能な材料として価格がつくことがあります。そのため、処分料を払う代わりに、逆に買取をしてもらえるケースも少なくありません。複数の業者で見積もりを取ることで、より良い条件での買取が期待できます。

引取り責任者

廃車買取業者は、通常、普通車と軽自動車向けのサービスを展開しています。そのため、トラックの車種、ボディサイズ、重量などを伝えて車両をレッカーできるかどうかを確認しておきましょう。

方法2.補助金・助成金を活用

補助金制度や助成金の活用も考えましょう。自治体によっては、環境保護を促進するために、古い車両を廃車にする場合の費用の一部を補助する制度が設けられていることがあります。事前に地元の役場や環境部門に問い合わせをしてみると良いでしょう。

方法3.自分でできる手続きは自分で行う

自分でできる手続きは自分で行うというのも一つの方法です。廃車業者に全部任せると手数料がかかることが多いため、抹消登録など比較的簡単にできる手続きは自分で行うことで、その分の費用をカットできます。

方法4.部品を取り外してバラ売り

部品を取り外してバラ売りにすることも有効です。特に、バッテリーやタイヤ、オーディオ機器などは需要がありますので、これらを取り外して個別に売却することで、廃車全体の費用を相殺することができるかもしれません。

廃車担当者

トラックの廃車費用を抑えるためには、複数の方法を組み合わせることが効果的です。費用削減の可能性を最大限に引き出すためにも、少しの手間と時間をかけることが重要です。

トラック廃車時の注意点

トラックを廃車にする際には、いくつかの重要な注意点があります。こちらでは、トラックをスムーズに廃車にするために気をつけるべきポイントを詳しく解説します。

注意点1.トラックの種類による手続き・費用の違い

まず、トラックの種類によって必要な手続きや費用が異なる場合があるため、所有しているトラックが大型、2tクラス、冷凍車、ダンプ、トレーラーなど、どのカテゴリーに属しているかを正確に把握してください。特に大型トラックや特殊な機能を持つトラックの場合、解体費用が高くなることが多いです。

注意点2.廃車買取業者選びは慎重に!

廃車手続きを自分で行う場合と、廃車買取業者に依頼する場合がありますが、どちらにもメリットとデメリットが存在します。自分で手続きをする場合は、手続きの自由度は高いものの、必要な書類や手続きの流れを正確に理解して行う必要があります。

一方、廃車買取業者に依頼する場合は、手間が省ける上に廃車買取代金を受け取ることができる場合もありますが、業者選びには慎重になる必要があります。

注意点3.廃車手続きの種類間違いは要注意

廃車手続きには永久抹消登録と一時抹消登録の2種類がありますが、これらの違いをしっかりと理解し、自分のニーズに合った選択をすることが大切です。永久抹消登録は、再び道路上で使用する可能性がない場合に選ばれます。

注意点4.地域の補助金制度は超チェック

また、廃車の際には補助金制度が利用できる場合がありますので、事前に地域の制度を調べておくと良いでしょう。これにより、一部の廃車にかかる費用を節約することが可能です。

注意点5.トラックの寿命を忘れず把握

廃車をする際には、トラックの寿命や現在の状態を把握しておくことも重要です。寿命が近いトラックの場合、修理費用がかさむことから新しいトラックを購入する方が経済的かもしれません。

引取り責任者

これらのポイントを踏まえ、トラックの廃車手続きを進める際には、慎重に各選択肢を検討し、最適な方法を選ぶことが成功への鍵となります。

今すぐ電話で廃車相談
ネットで無料廃車相談

トラックの寿命はどれくらい?

トラックはその種類や使用条件に応じて、寿命が大きく異なる場合があります。ここでは、トラックの寿命を年数、走行距離、排気ガス規制という観点から詳しく見ていきましょう。

トラックの寿命とされる年数

トラックの寿命において重要な要素の一つが年数です。一般的な普通自動車の寿命が約10年とされる中、トラックはそれよりも長い寿命を持つことが多いです。特に、定期的なメンテナンスが行われている車両は、15年から20年以上の使用が可能です。

しかし、使用環境や負荷の大きさが寿命に大きく影響するため、具体的な年数は使用状況によって異なります。

トラックの寿命とされる走行距離

トラックの寿命を判断するもう一つの基準が走行距離です。一般的に、大型トラックやトレーラーなどは数百万キロメートルを超える長距離を走行することが可能です。

しかし、2tトラックや冷凍車など小型の車種では、走行距離が少なめの場合もあります。走行距離が増えるにつれて、エンジンやトランスミッションなど主要な部品の磨耗が進むため、定期的な点検や部品交換が寿命を延ばす鍵となります。

トラックの排気ガス規制

近年、環境保護の観点から排気ガス規制が厳しくなっています。これにより、古い型のトラックは使用が制限されるケースも出てきています。特に都市部では、排出ガスの基準をクリアしていないトラックは使用禁止となることがあります。

これらの規制は、トラックの寿命に間接的な影響を与える要因となっており、環境基準を満たすために新しいモデルへの買い替えを余儀なくされることが増えています。

廃車担当者

トラックの廃車や買取を考えた時には、これらの寿命に関わる要素を考慮することが重要です。適切なタイミングでの廃車は、無駄な費用を避け、新しいトラックの購入資金にもつながります。

まとめ

この記事では、トラックの廃車手続きの流れ、必要な書類、かかる費用、費用を抑える方法、廃車時の注意点、およびトラックの寿命について詳しく解説しました。トラックの廃車手続きは普通自動車と同様の手順が必要ですが、トラックの種類(大型、2t、冷凍車、ダンプ、トレーラーなど)による違いや、手続きに関連する費用、さらに寿命に基づいた判断も重要です。

トラックの廃車を検討する際には、一時抹消登録や永久抹消登録の選択、解体やリサイクルにかかる費用、適切なレッカー料金の把握、そしてリサイクル料金の確認が必要です。また、補助金制度や廃車買取業者を利用することで費用を抑えることも可能ですが、その際は業者選びに注意が必要となります。

最後に、トラックはその耐久性から寿命が普通自動車よりも長い傾向にあります。しかし、適切なメンテナンスを怠ると寿命が縮まる可能性も高いため、日頃のメンテナンスが重要です。寿命を全うするためにも、車両の稼働状況、走行距離、および排気ガス規制など、全方位的に配慮する必要があります。

トラックの廃車手続きや管理に関して不明点がある場合は、専門家や業者に相談することが望ましいです。そして、廃車手続きの全体を把握し、予期せぬトラブルや過大な費用が発生しないように準備を進めましょう。

廃車サービス提供エリア

ヒキトリレンジャーでは、関東及び近郊エリアにおいて廃車サービスを提供しています。ご相談・査定・引き取りエリアの選択は、下記、お車を保管している地域名のリンクからお選びください。

東京都神奈川県千葉県
埼玉県茨城県栃木県
群馬県山梨県静岡県

エリア別ページには、査定や引き取りが可能な「市区町村」情報のほか、廃車費用や流れの詳細をご確認いただけます。

\クイック廃車!累計対応数4,000台/
フリーダイヤル:0800-919-0048
【電話受付】9:00~24:00 ※年中無休
廃車の見積を依頼して待つ!
\クイック廃車!9:00-24:00 年中無休/