廃車買取査定/引き取り見積もりコチラ!

水没車の修理費用を徹底解説!水没度合い別の費用や保険適用

水没車の修理費用を徹底解説

水没車の修理費用は必ずしも高額とは限りません。フロアが浸水した場合、エンジンルームが水没した場合、車体が全て水に使った場合、電気系統がショートした場合など被害の程度で変化する、水没車の修理費用を程度別にまとめました。修理するかの判断基準、費用を自腹だけではなく、保険適用で補償を受ける場合の解説も参考にしてみてください。

水没車とは?

水没車とは、車両が何らかの理由で水に浸かってしまった車のことを指します。水没の程度によって、修理費用や対処法が大きく異なります。たとえば、タイヤの下半分まで水没した場合であれば、比較的安価に修理を済ませることが可能です。しかし、エンジンルームや電気系統まで水が入り込んだ場合、修理費用は高額になり、最悪の場合は廃車にせざるを得ないこともあります。

水没車の修理には、ブレーキローターやドライブシャフト、タイヤなどの部品交換が必要となる場合が多いです。ブレーキローターは1輪あたり約1万円~2万円の部品代と、工賃が4千円~5千円が相場となっています。また、ドライブシャフトのブーツ内には潤滑油が含まれており、これが水没するとグリスが溶けてしまうこともあります。

水没車の修理費用は被害状況によって大きく異なりますので、修理が必要な箇所や部品交換の目安をまずは専門家に相談することをおすすめします。また、保険によって修理費用を補償できる場合がありますが、車両保険の適用範囲には注意が必要です。一般的に、自然災害による水没が補償対象となる一方で、人為的なミスによる水没にはエコノミー型車両保険などが適用されない場合がありますので、事前に確認しておくことが重要です。

故障者の廃車
今すぐ電話で廃車相談
ネットで無料廃車相談

水没車の度合い別の修理費用

フロアが水没した場合の修理費用

車のフロアが水没した場合、比較的修理費用は安価で済むことが多いです。しかし、それでもいくつかの重要な部品にダメージが生じるため、適切な整備が必要です。

以下に、フロア水没による主な故障箇所と修理費用の相場を示します。

  • ブレーキローター交換:部品代1輪あたり約1万円〜2万円、工賃は4千円〜5千円
  • ドライブシャフトのブーツ内のグリス交換:一部品あたり約3千円〜5千円
  • タイヤの交換:1本あたり約5千円〜1万円

フロアが完全に水没すると、内装や配線などにも影響が出る可能性があるため、シートの交換やカーペットの乾燥・清掃も必要になります。

引取り責任者

一般的に、フロア水没は比較的修理が簡単なケースとされていますが、それでも適切な点検と整備が必要です。現場での傾向としては、まずブレーキ系統のチェックが最優先とされています。

エンジンルームが水没した場合の修理費用

エンジンルームが水没した場合、修理費用はかなり高額になることが予想されます。エンジンは車の心臓部であり、この部分に水が入ると多くの部品に深刻なダメージを与えます。

以下に、エンジンルーム水没による主な故障箇所と修理費用の相場を示します。

  • エンジン全体の修理または交換:最低でも数十万円
  • エアフィルター交換:約3千円〜1万円
  • 燃料システムの洗浄:約2万円〜5万円
  • 電子制御ユニット(ECU)の交換:約10万円〜20万円
引取り責任者

車のエンジンルームの水没は、修理よりもエンジン自体の交換が推奨されることが多いです。また、現場での傾向として、エンジンルームが水没した車は買い替えが勧められるケースが増えています。

全体が水没した場合の修理費用

車全体が水没した場合、修理費用は非常に高額になることが多く、実際には修理よりも廃車の方が現実的な選択となることが多いです。全体が水没すると、あらゆる部分に水によるダメージが発生します。

以下に、全体水没による主な故障箇所と修理費用の相場を示します。

  • エンジン交換:50万円〜100万円以上
  • トランスミッションの修理または交換:約20万円〜50万円
  • 電子回路全体の交換:約10万円〜30万円
  • 内装全体の交換:約10万円〜50万円
引取り責任者

車の全体的な水没は通常廃車を選ぶ方が費用対効果が高いとされています。現場での傾向としても、修理に時間とコストがかかりすぎるため、廃車や車両の買い替えが推奨されています。

電気系統がショートした場合の費用

水没によって電気系統がショートした場合、これもまた高額な修理費用がかかるケースが多いです。電気系統は車の多くの機能をコントロールしており、ショートにより多くの部品が交換を必要とします。

 以下に、電気系統ショートによる主な故障箇所と修理費用の相場を示します。

  • 電子制御ユニット(ECU)の交換:約10万円〜20万円
  • 配線全体のチェックと交換:約5万円〜10万円
  • センサー類の交換:約1万円〜5万円
  • ライトシステムの修理:約1万円〜3万円
引取り責任者

専門家の見解では、電気系統のショートは非常に厄介で、場合によっては一部の再配線や電子部品全体の交換が必要になります。現場での傾向としても、多くの場合、電気系統の修理は非常に時間と費用がかかり、そのため修理を諦めて買い替えを選ぶケースが多いです。

今すぐ電話で廃車相談
ネットで無料廃車相談

水没車が廃車となる判断基準

水没車が廃車となるかどうかの判断は、水没の度合いや修理費用、保険の適用範囲など多くの要素によって決まります。特に重要なのは、修理費用が車の市場価値を大きく上回る場合です。以下は一般的な廃車判断の基準です。

まず、水没の度合いが浅い場合、例えばタイヤの下半分までしか水没していない場合は、主にブレーキローターやドライブシャフト、タイヤの交換が必要となるだけで、比較的安価で修理可能です。この場合、修理費用もメンテナンス費用として範囲内に収まる可能性があります。

一方、エンジンルームや電気系統が水没した場合は、修理費用が高額になる傾向があります。エンジン内部に水が侵入すると、エンジンの交換が必要となることがあります。また、電気系統がショートした場合は、配線や電子部品の完全な交換が必要となるため、費用がかさみます。

さらに、車両全体が水没した場合は、特に車内部のシートや内装、電気系統全てに影響が及び、修理費用は非常に高額となります。このようなケースでは、修理よりも廃車を選択することが多くなります。

引取り責任者

私の見解として、水没車の修理費用は被害状況によって大きく異なり、修理するよりも買い替えたほうが経済的にメリットがある場合が多いとのことです。また、水没車は安全性や再販価値にも影響を与えるため、修理後でも完全に元の状態に戻るとは限りません。廃車買取を行っている専門業者も存在し、こういった業者に依頼することで最小限の損失で済ませることができる場合もあります。

以上を踏まえ、水没車が廃車となる判断基準は、修理費用と車の市場価値、保険の適用範囲などを総合的に考慮する必要があります。状況によっては、廃車を選ぶことが最も賢明な選択となるでしょう。

修理費用を安く抑える方法

部品交換の目安と費用

水没車の修理費用を少しでも安く抑えるためには、どの部分を交換するか、またその交換費用がどれくらいかを知ることが重要です。例えば、タイヤの下半分まで水没した場合には、主にブレーキローターやドライブシャフト、タイヤの交換が必要となります。

ブレーキローターの部品代は1輪あたり約1万円~2万円、工賃は4千円~5千円が相場です。また、ドライブシャフトのブーツ内には水が入ると潤滑油(グリス)が溶けてしまう可能性があり、この場合も部品交換が必要です。このように、水没車の修理費用は被害状況によって大きく異なります。

修理項目ごとの費用を把握しておくことで、無駄な出費を抑えることが可能です。この点を考慮に入れて、必要最小限の部品交換を行うようにしましょう。

中古部品の利用

水没車の修理費用をさらに抑える方法として、中古部品の利用が考えられます。中古部品を使用することで、新品部品を購入するよりも費用を大幅に削減することができます。特に、タイヤの下半分まで水没した場合に必要となるブレーキローターやタイヤなどの部品は、中古品でも十分に機能する場合が多いです。

中古部品を選ぶ際には、信頼できる業者から購入することが重要です。また、中古部品でも品質保証やアフターサービスがついている場合もあるため、この点に注意して選ぶと良いでしょう。中古部品の利用によって、車の修理費用を安く抑えつつ、必要な修理をしっかりと行うことができます。

今すぐ電話で廃車相談
ネットで無料廃車相談

水没車の保険適用について

保険適用の条件

水没車の修理費用をカバーするには、まず保険が適用される条件を理解することが重要です。一般的に、車両保険には「一般型」と「エコノミー型」の二種類があります。「一般型」の車両保険は自然災害による水害を含む広範な事故に対応しており、水没車の修理費用も補償の対象となります。しかし、「エコノミー型」の車両保険は人為的なミスによる水没には対応しておらず、適用範囲が狭いため注意が必要です。

例えば、大雨や洪水によって車が水没し故障した場合、「一般型」の車両保険であれば修理費用がカバーされます。しかし、ペットボトルを落とすなど人為的なミスで車が水没した場合、「エコノミー型」の車両保険では補償されない可能性が高いです。

保険金請求の手続き

水没車の修理費用を保険でカバーするには、適切な手続きを踏む必要があります。まずは、保険会社に事故の詳細を報告し、修理費用の見積もりを依頼します。修理工場などで見積もりを取得したら、それを保険会社へ提出し、修理の必要性や費用を確認してもらいます。その後、保険会社からの承認を得た後に修理を進めることが一般的です。

保険金請求の手続きに時間がかかる場合がありますので、早めに手続きを開始することをおすすめします。また、必要な書類や証拠を適切に用意しておくことで、スムーズに進行します。証拠としては、事故現場の写真や、修理工場での見積書、故障箇所の詳細な報告書などが挙げられます。

引取り責任者

水没車の修理費用は非常に高額になることが多いため、適切な保険を選び、手続きの際には迅速に行動することが重要とされています。

よくある質問と答え

水没車に関するよくある質問とその答えをまとめました。これから水没車の修理や保険の適用を考えている方に役立つ情報を提供します。

Q1: 水没車を修理する場合、どの程度の費用がかかりますか?

A1: 修理費用は水没の程度によって大きく変わります。例として、タイヤの下半分まで水没している場合、ブレーキローター、ドライブシャフト、タイヤの交換が必要となり、相場としては部品代や工賃合わせて数万円程度となることがあります。エンジンルームが水没している場合や全体が水没している場合は、さらに高額になります。

Q2: 水没車の修理費用は保険で補償されますか?

A2: 水没車の修理費用は、加入している車両保険の内容によって補償される場合があります。一般的には、自然災害による水害であれば補償対象となることが多いですが、エコノミー型車両保険などでは、人為的ミスによる水没は補償されないことがあります。詳細はご自身の保険契約内容を確認することをおすすめします。

Q3: 水没車は廃車にするべきですか、それとも修理すべきですか?

A3: 水没車を修理するか廃車にするかの判断は、被害状況や修理費用を考慮して決めるべきです。しかし、多くの場合、修理費用が高額になるため、買い替えや廃車買取を利用することが推奨されることがあります。廃車買取を専門とする業者がいるため、査定を受けることも一つの選択肢です。

Q4: 水没車の廃車手続きはどう進めればよいですか?

A4: 水没車の廃車手続きは以下の手順で進めることが一般的です。まず、廃車買取業者に査定を依頼します。その後、必要書類(車検証、印鑑証明書など)を準備し、業者に提出します。手続き完了後、買取金額が支払われ、車の引き取り及び解体が行われます。この際、廃車手数料がかかることもあるため、業者に確認することが重要です。

Q5: 水没車を修理する際、自費負担を軽減する方法はありますか?

A5: 修理費用を抑えるためには、中古部品の利用や相見積もりを取ることが有効です。また、一部の修理はDIYで対応することも検討できます。ただし、安全性が重要な部分については専門家に任せるべきです。事前に修理業者と詳細な見積もりと内容確認を行うことも忘れずに。

Q6: 水没車の修理を考える際、専門家の意見を聞くべきですか?

A6: はい、水没車の修理は高度な技術が必要となる場合が多いため、専門家の意見を聞くことが重要です。現場での経験を持つ専門家からのアドバイスを受けることで、適切な処置や費用を知ることができ、無駄な出費を避けることができます。

今すぐ電話で廃車相談
ネットで無料廃車相談

まとめ

水没車の修理費用は、水没度合いや故障箇所、使用する部品の種類によって大きく異なります。タイヤの下半分まで水没した場合、比較的安価に修理が可能で、主にブレーキローター、ドライブシャフト、タイヤの交換が必要となります。これに対して、エンジンルームや全体が水没した場合は、修理費用が高額になる傾向があります。

水没車の修理費用を抑えるためには、中古部品の利用や適切な部品交換の目安を把握することが有効です。また、条件によっては保険を適用することで、修理費用を軽減することも可能です。特に、自然災害による水没は車両保険の適用範囲となることが多いです。

最終的には、修理費用と車の価値を比較し、修理するか廃車・買い替えを検討する必要があります。水没車の買取を行う業者も存在し、廃車買取がおすすめされる場合も多いです。専門家の意見や現場での傾向も参考にしながら、最適な選択をしてください。

廃車サービス提供エリア

ヒキトリレンジャーでは、関東及び近郊エリアにおいて廃車サービスを提供しています。ご相談・査定・引き取りエリアの選択は、下記、お車を保管している地域名のリンクからお選びください。

東京都神奈川県千葉県
埼玉県茨城県栃木県
群馬県山梨県静岡県

エリア別ページには、査定や引き取りが可能な「市区町村」情報のほか、廃車費用や流れの詳細をご確認いただけます。

\クイック廃車!累計対応数4,000台/
フリーダイヤル:0800-919-0048
【電話受付】9:00~24:00 ※年中無休
廃車の見積を依頼して待つ!
\クイック廃車!9:00-24:00 年中無休/