放置車両を撤去する費用はいくら支払う必要がある?【疑問を解消】

放置車両撤去の費用

放置車両を撤去する費用はいくらかかるの?という疑問にお答えします。放置車両を撤去する場合、公道以外のいわゆる私有地で発生した自動車のトラブルになると、専門業者/自動車廃車業者/中古車販売店/弁護士などに費用を支払って対応するのが一般的です。ここでは、放置車両の撤去に必要な費用の金額、無料にする方法や節約術について参考になる情報を掲載します。

放置車両撤去の無料相談はこちら!
お電話での見積もり

放置車両撤去の費用一覧

放置車両撤去の費用一覧

放置車両の撤去には、下記のような事前調査や作業、行政等での手続きが必要になるなど時間と手間がかかるため費用が発生します。ご自身で行うことで、少しでも費用を節約できる方法があるので、下記、ご確認ください。

事前記録の費用

  • 警察署への通報:0円
  • 警察官立ち会い:0円
  • 警察立会いへの参加:要見積
  • 警告文の貼り付け:0~1,000円程度
  • 写真撮影、印刷:100円程度

警告文については、市販のステッカーを貼り付ける場合以外は、プリンターのインク代/用紙代/テープ代程度に節約することができます。雛形が欲しい人はこちらで無料ダウンロードできます!!

登録事項等証明書の取得費用

  • 書類提出前の準備:0~600円程度
    1.放置されている場所の住所
    2.放置場所の見取り図作成
    3.放置開始日と経過期間
    4.放置車両の写真
    5.車種/色/ナンバー(車体番号)
    6.土地の登記簿謄本(※)
    7.土地所有者による委任状(※)
  • 身分証明書:0円
  • 陸運局窓口手数料:350円

土地の登録謄本や委任状は、自己所有の土地であるか、それとも借地であるかによって必要な準備が異なります。

放置車両撤去の無料相談はこちら!
お電話での見積もり

放置した人物とのやりとり費用

  • 放置車両所有者への連絡:0円
  • 内容証明作成、送付:0~500円程度

この場合の内容証明は、『配達証明付き』で送付する必要があります。郵便物なので、送料などは都度変わるため、0~500円程度とします。

引取り責任者

ここからは、実際に放置車両の車体や積載物などを、その場所から撤去処分するために必要な作業項目と費用についての説明です。専門業者への依頼がスムーズで安いため参考にしてみてください。

放置車両撤去作業の費用

  • 作業基本料:15,000円
  • 現場確認:0円(事前に画像送付)
  • 現状記録撮影:0円
  • 現車状態確認:0円
  • 移動安全確保:0円
  • 各種書類精査:0円

鍵が開く自走可能な車両の場合、積載物処分やリサイクル料未払いがなければ、作業基本料のみが費用となります。当社の場合:車両の廃車処分までをお申し込みいただきます。

費用早見表

下記、『基本料金』は放置車両撤去作業と廃車手続き(車両処分)などを行った場合の標準金額です。その他の項目は、ご依頼主様のご協力の下、現車確認を行っていただき必要に応じて適宜発生する作業と費用となっています。

ゴミ処分(1㎥毎)20,000円~
解錠対応10,000円~
自走不可対応10,000円~
タイヤなし対応10,000円~
立体駐車場等20,000円~
リサイクル料未払い6,000~20,000円程度

この他、イレギュラー対応が発生した場合や、スピード対応、書類関連の代行業務、遠隔地特別対応が必要な場合は別途お見積りの上、できるかぎりオトクな費用を提示させていただいています。

放置車両撤去費用の総合計

  • 自己対応の経費:1,500~2,500円程度
  • 業者に支払う費用:15,000円(税別)

総合計費用:17,500円程度(税別)

引取り責任者

放置車両の車種/走行距離や状態として、中古車市場で価値が見込める場合は、撤去費用が無料になることもあります。

放置車両撤去の無料相談はこちら!
お電話での見積もり

裁判に弁護士を依頼した場合の費用

これは稀なケースですが、放置車両の持ち主が悪質な人物で、交渉に応じないことから裁判に発展するという場合もあります。

そのような場合、弁護士への相談料/裁判の準備費用/裁判への協力費用などで、50~70万円程度の弁護士費用が発生すると言われています。

顧問弁護士の場合でも、30万程度なので、放置車両を撤去するための費用としては高額すぎます。大きなトラブルに発展して、解決に弁護士が必要になる前の段階から、当社のような専門業者の無料アドバイスを受けることをで費用節約も見込めますので、焦らず計画的に対応してください。

これは高い!解体業者に依頼した場合の費用

解体業者に依頼した場合の費用

放置車両を撤去処分するとき、真っ先に頭に浮かぶ業者が『解体業者』だったというお客様は少なくありません。しかし、解体業者は自動車を解体して、鉄くずとして資源を転売するビジネスなので、実際は放置車両を引き取ってもらうだけで高い費用がかかってしまうのです。

引取り責任者

参考までに、解体業者に放置車両の撤去を依頼した場合にかかる、一般的な費用の金額帯を紹介しておきます。

車両レッカー代12,000~35,000円程度
車両解体費用12,000~50,000円程度
リサイクル料金5,000~20,000円程度
積載物処分料
(1㎥毎)
20,000円~
費用合計額29,000~125,000円程度

依頼する解体業者によっては、放置車両の撤去・廃車手続き・車両の解体処分までを一貫して受け付けている場合があるので、一部の業者では無料対応してくれることもありますが稀です。

特に、車両内に多くのゴミなどの積載物が残っていて、それらの処分代行が必要な場合には、費用は一気に跳ね上がるので節約するためには自分で対応できる部分を行うことが重要です。

他に忘れてはいけないこととして、第三者の車両を持ち主の許諾を得て、代理人として業者に依頼する場合です。

この場合、持ち主に対して『事後請求の後、全額を支払う契約』を交わしていないと、あとになってからリサイクル料(エアバッグやエアコン等のガスなどの処分にかかる費用)を支払っていないこともあり、最悪の場合は自己負担になることもあるので注意しましょう!

放置車両撤去の無料相談はこちら!
お電話での見積もり

放置車両撤去費用を無料にする方法

放置車両撤去費用を無料にする方法

方法1「業者に持ち込む」

放置車両の撤去費用で最もお金がかかるのは『車両の移動費用』です。そのため、状態の良い自動車の場合、自走させて業者の拠点まで持ち込んでしまえば、残りの作業は解体だけなので無料で引き取ってもらえることがあります。

▼ポイント

  • 廃車手続き
    この場合、廃車手続きまで完了させておきましょう。
  • 仮ナンバー取得
    廃車後に自走させる場合、陸運局で仮ナンバーを申請して、走らせることで安心して現地に車両を運ぶことができるようになります。
  • リサイクル料の確認
    持ち込み後に、リサクル料の未納が発覚すると、その分の費用を支払う手間が発生するので事前に確認しておきましょう。

業者さんによっては、持ち込んでくれたお客様に、キャッシュバックをしてくれる会社もあるのでトータルでオトクな業者を選ぶのも大切です。

方法2「価値ある車を依頼する」

放置車両の中には、中古車市場で高値で取引される車種があります。故障や事故などで、修理や修復が困難な車両、自走できない車両以外なら逆に高価買取してもらえることもあるんです。

▼価値ある車種の例

  • トヨタ・ヴェルファイア
  • トヨタ・アルファード
  • トヨタ・ランドクルーザー
  • 日産・エルグランド
  • 日産・GT-R
  • スズキ・ジムニー
  • ベンツ・Sクラス
  • BMW・3/5/8シリーズ
  • 他、旧車など

この無料化方法は、走行距離/ボディ・内装状態や時価により大きく金額が上下動するため、事前に担当の業者さんに確認することをおすすめします。

放置車両撤去の無料相談はこちら!
お電話での見積もり

放置車両を撤去する「その他の知識」

当店では、他にも放置車両に関する知識を手に入れていただける、無料配信コンテンツをご用意しております。撤去が必要でお困りの方は、安心して対処できるよう参考にしてみてください。

放置車両撤去の無料相談はこちら!
お電話での見積もり