廃車買取査定/引き取り見積もりコチラ!

放置車両のナンバー照会で車の所有者を特定する方法を解説

放置車両のナンバー照会

放置車両のナンバー照会を活用して、車の所有者を特定するために必要な説明を掲載しています。普通車、軽自動車の両方に対応した内容で、必要書類や流れも詳細にご確認いただけますので参考にしてみてください。

放置車両のナンバー照会

近年、駐車場や公共のスペースに無断駐車される放置車両が増加しています。こうした問題に対処するため、放置されている車両のナンバープレートから所有者を特定することが求められます。放置車両のナンバー照会を行うことで、車両の所有者の氏名や住所を確認し、適切な措置を講じることができます。また、放置車両が邪魔で日常生活に支障をきたす場合もあり、このような場合にもナンバー照会は有効な手段となります。

法的背景と使用目的

放置車両のナンバー照会には法的な背景があります。実際には、道路運送車両法に基づいて所有者情報を調べることができます。この法律により、車両の所有者を特定するための必要な手続きを遵守することが求められます。車両所有者を特定することによって、無断駐車や長期間放置された車両に対する適切な対応や納付義務を促すことが可能になります。また、此の他の調査目的としては、事故車両の所有者特定や、盗難車両の確認なども含まれます。

放置車両の撤去ならヒキトリレンジャー
今すぐ電話で廃車相談
放置車両撤去の相談をする

放置車両のナンバーから所有者を特定する方法

必要書類など

放置車両の所有者を特定するためには、まず必要書類を揃えることが重要です。この手続きには、普通車と軽自動車で必要な書類が異なりますので、以下に比較表を作成しました。

普通自動車軽自動車
申請書 第三号様式
[ダウンロード]
申請書 第一号様式
[ダウンロード]
私有地放置車両関係位置図(+車両の写真)
[ダウンロード]
私有地放置車両関係位置図(+車両の写真)
[ダウンロード]
身分証明書登記事項証明書の写し
※土地を所轄する法務局にて取得
放置場所の地図
※ネット上の有名な地図ならOK
放置場所の地図
※ネット上の有名な地図ならOK
放置状況を示す写真
※場所と車両の全景それぞれ
放置状況を示す写真
※場所と車両の全景それぞれ
ナンバープレートの写真ナンバープレートの写真
委任状
(他人名義の場合)
委任状
(他人名義の場合)

これらの書類は運輸支局や自動車検査事務所など、照会を行う機関で提出が必要です。書類の準備は各機関の公式サイトなどを参考にして、正確に対応してください。

写真撮影について
放置車両の場合、「いつから」「いつまで」といった日時情報が重要です。そのため、写真撮影の際は日付が入るデジカメや、日時を示す時計などを一緒に撮影するのがポイントです。どれだけの期間、放置されているのか、しっかり伝わるように日にちを空けて複数回撮りましょう!

手続の流れ

普通車の場合

普通車のナンバー照会手続きの流れは以下の通りです。

  1. 運輸支局や自動車検査事務所に訪問します。
  2. 窓口で申請書類を受け取り、必要事項を記入します。
  3. 用意した必要書類を提出します。
  4. 所有者の住所や氏名が記載された証明書を発行してもらいます。注意すべきポイントとして、証明書の発行には手数料が掛かりますので、事前に確認して会計を済ませておきましょう。
  5. 発行された証明書を受け取り、手続き完了です。

 以上が普通車の所有者特定手続きの流れです。時間帯や曜日によっては待ち時間が長くなることもありますので、余裕を持って手続きを行うことをおすすめします。

軽自動車の場合

軽自動車のナンバー照会手続きの流れは、普通車と多少異なります。以下の手順に従ってください。

  1. 軽自動車検査協会に訪問します。
  2. 窓口で申請書類を受け取り、必要事項を記入します。
  3. 用意した必要書類(特に印鑑証明や所有者の委任状)を提出します。
  4. 所有者の住所や氏名が記載された証明書を発行してもらいます。こちらも手数料が掛かる場合がありますので、事前に確認しましょう。
  5. 発行された証明書を受け取り、手続き完了です。

軽自動車の場合は、所有者の委任状が特に重要な書類となりますので、しっかりと準備しておくことが必要です。

地方運輸局での照会

放置車両の所有者を特定するための手続きを行う場所としては、主に地方運輸局が利用されます。地方運輸局では、運転支局が担当する登録業務が午前8:45から11:45、午後13:00から16:00まで行われており、その他の業務についても同様の時間帯で対応しています。

地方運輸局での照会手続きには申請書類の他に手数料も必要です。例えば、所有者の住所や氏名を明らかにするための登録事項等証明書の取得には、現在記録ファイルが300円、現在・保存記録ファイルが1,000円が掛かります。必要な書類や手数料などを事前に確認し、適切に準備しておくことでスムーズな手続きが可能となります。

お電話での見積もり
放置車両撤去の無料相談はこちら!
放置車両撤去ガイドブックをダウンロード

よくある質問

ナンバーだけでは特定できない場合

放置車両のナンバー照会を行っても、その情報だけでは所有者を特定できない場合があります。このような場合、追加の情報や手続きが必要になることがあります。例えば、地方運輸局での正確な手続きが不可欠です。また、ナンバープレートに加えて、車台番号が求められることもあります。

車台番号が必要なケース

特に、放置車両の所有者を特定する際に、ナンバーだけでなく車台番号も必要になるケースがあります。車台番号は、車両の個別識別番号であり、一意の情報を持っています。運輸支局や自動車検査事務所で所有者の情報調査を行う際に、車台番号が含まれていると照会精度が上がります。そして、正確な所有者情報を得ることが可能になります。

まとめ

本記事では、放置車両のナンバー照会を通じて車の所有者を特定する方法について詳しく解説しました。放置車両は迷惑行為であり、適切な対処が求められます。ナンバープレートや車台番号を基にして、地方運輸局に照会することで住所や氏名などの情報が分かる場合があります。

また、普通車と軽自動車で異なる手続きや必要書類があることも説明しましたので、それぞれの手続きフローに従って進めていただければ、スムーズに所有者を特定できるでしょう。特に、所有者の特定には納付や調査が必要で、多くの場合多少の費用が掛かることを認識しておくことが重要です。

よくある質問でも触れたように、ナンバーだけでは所有者を特定できない場合や車台番号が必要なケースもあります。そのため、事前に必要な情報をしっかりと揃えておくことが成功の鍵です。法的に問題のない範囲で、適切に放置車両問題を解決しましょう。

お電話での見積もり
放置車両撤去の無料相談はこちら!

関連記事

放置車両の撤去方法

放置車両を撤去したいけど、自分の状況に合う安全安心の方法がわからない人へ、私有地と公道に対応できる対処法を解説。

放置車両に貼る警告文

敷地内に置き去りにされた、不法な放置車両の持ち主に対して警告がしたい人へ、無料のテンプレートを配布中。

放置車両撤去の費用

放置車両を撤去するために必要な費用相場、業者に依頼してお得に廃車まで済ませる方法をレクチャーします。

放置車両を撤去できないのはなぜ?

法律が邪魔して、なかなか撤去できない放置車両について、撤去できない背景にある事情と対処法を解説します。

放置車両と駐車違反の違い

道路交通法の観点から放置車両と駐車違反の違いについて、かえってわからなくなっている部分を単純明快に解説。

[PR] 放置車両撤去・廃車サービス

廃車手続き&レッカー代が0円!お客様は一部必要書類だけでOK。解体まで一貫して代行する当社のサービスです。

廃車サービス提供エリア
廃車するならヒキトリレンジャー

ヒキトリレンジャーでは、関東及び近郊エリアにおいて廃車サービスを提供しています。ご相談・査定・引き取りエリアの選択は、下記、お車を保管している地域名のリンクからお選びください。

東京都神奈川県千葉県
埼玉県茨城県栃木県
群馬県山梨県静岡県

エリア別ページには、査定や引き取りが可能な「市区町村」情報のほか、廃車費用や流れの詳細をご確認いただけます。

\クイック廃車!累計対応数4,000台/
フリーダイヤル:0800-919-0048
【電話受付】9:00~24:00 ※年中無休
廃車の見積を依頼して待つ!
\クイック廃車!9:00-24:00 年中無休/