廃車買取査定/引き取り見積もりコチラ!

動かない車を移動するにはどうすればいいですか?

動かない車を移動するにはどうすればいいですか?

動かない車を移動するにはどうすればいいですか?

車が動かなくなった場合、移動させるためには以下の方法があります。

1.レッカー車を呼ぶ

不動車を移動させる一般的な方法として、レッカー車を呼ぶことが挙げられます。不動車をクレーンやワイヤーで持ち上げ、台車に載せて運搬することができます。ただし、この方法は費用がかかることがあります。一般的には距離によりますが、3万円〜の費用がかかることが多いため、予め注意が必要です。

2.積載車を利用する

積載車を利用する方法もあります。不動車を台車に積み込み、タイヤが回るかどうかを確認しながら車を運搬することができます。ただし、車の状態によってはタイヤが回らない場合がありますので、注意が必要です。

3.車で牽引する

車で牽引することも最も費用をかけずに移動する方法です。ただし、道路交通法により、牽引する車両の長さや重さに制限がありますので、注意が必要です。また、安全確保のため、適切なタイミングや方法で牽引することが重要です。

4.人力で動かす

もし車が動かなくても、人力で車を動かすこともできます。車のギヤをニュートラルにし、複数人で力を合わせて押すことで車を移動させることができます。ただし、車の重さや坂道の場合は注意が必要です。また、ギヤをニュートラルにするだけでなく、手ブレーキも解除しておく必要があります。

車が動かなくなった場合、適切な移動方法を選ぶことが重要です。不動車を移動させるためには、レッカー車の手配や自身の力での移動、牽引などの方法があります。ただし、各方法にはそれぞれ注意点がありますので、関連情報を参考にしながら最適な方法を選ぶことをおすすめします。

今すぐ電話で廃車相談
ネットで無料廃車相談

動かない車を移動する方法【状況別】

車が動かない状況に応じて、最適な移動方法があります。以下では主な状況別にそれぞれの移動方法を説明します。

1.故障車の移動方法

故障車を移動するためには、レッカー車を呼ぶことが一般的です。故障車をレッカー車に積み込み、目的地まで運搬してもらいます。費用は距離によりますが、3万円以上〜が一般的です。

2.事故車の移動方法

事故車を移動させる場合は、積載車やユニック車を利用することができます。事故車を積載車に乗せて目的地まで運搬するか、ユニック車のクレーンで持ち上げて移動させることができます。ただし、タイヤが回る状態でなければ積載車やユニック車を利用することは難しいため、注意が必要です。

3.車検切れの車の移動方法

車検切れの車を移動させるには、仮ナンバーを取得する必要があります。仮ナンバーを取得することで公道を自走することができます。また、車検切れの車をキャリアカータイプのレッカー車両で運ぶこともできます。ただし、車検切れの車を公道を自走することは違法ですので、注意が必要です。

車検切れの車の廃車はこちら

4.自賠責保険が切れている車の移動方法

自賠責保険が切れている車を移動させる場合、基本的には車検が切れている状態です。仮ナンバーを取得する必要があります。仮ナンバーを取得するにはその期間だけ自賠責保険に加入しないと仮ナンバーは取ることが出来ません。

5.ナンバーがない車の移動方法

ナンバーがない車を移動させるには、レッカー車を利用することが一般的です。レッカー車に車を積み込み、目的地まで運搬してもらいます。もしくは仮ナンバーを習得することで自走することが出来ます。

6.抹消登録済みの車の移動方法

抹消登録済みの車を移動させる場合は、専門業者に依頼すると無料で引き取ってもらうことができます。抹消登録済みの車は一般的に廃車とみなされるため、専門業者が引き取りを行っています。

7.放置車両の移動方法

放置車両を移動させる場合には、法律が関係してきます。勝手に移動することが出来ません。警察に連絡する、弁護士さんに相談することが適切です。自分の所有名義の放置車両の移動では、整備を行って車を動かすことができる状態にする必要があります。タイヤの空気圧やエンジンの異常、ブレーキの不具合などに注意して、車を移動させることができます。

動かない車を移動させる手段

動かない車を移動させるには、以下の手段があります。

1.積載車を利用する

動かない車を移動させるためには、積載車を利用する方法があります。積載車は、車を乗せて運ぶことができるトラックのことで、不動車でも積み込むことができます。タイヤが回せなくても問題ありませんが、積載車の手配や料金に注意が必要です。

2.仮ナンバーをつけて牽引してもらう

動かない車の移動には、仮ナンバーを取得して牽引してもらう方法もあります。車検切れの場合などには、公道を自走することは違法なため、仮ナンバーを取得する必要があります。仮ナンバーを取得することで自走行が可能になり、不動車を移動させることができます。

3.ブースターケーブルを使ってエンジンを動かす

動かない車がエンジンがかからない場合、ブースターケーブルを使って他の車のバッテリーから充電することでエンジンを動かす方法もあります。ただし、この方法は一時的な対処方法であり、長期的な解決策ではありません。あくまで、バッテリーの上がった状態の車の移動の場合です。エンジンがかからない原因を確認し、修理する必要があります。

その他

他にも、不動車を移動させるための様々な方法があります。例えば、人力で動かす方法もありますが、ギヤをニュートラルにして押す必要があります。また、車で牽引する方法もありますが、安全に移動するためには注意が必要です。不動車を移動させる場合は、状況や条件に応じて最適な方法を選ぶ必要があります。

今すぐ電話で廃車相談
ネットで無料廃車相談

車検や保険が切れた車を移動する手続き

車検が切れた車を移動するためには、注意点と対処法があります。まず、車検切れの車は原則として公道を走行することができず、違法となります。そのため、移動する場合は適切な方法を選ぶ必要があります。

車検が切れた車を移動するための注意点と対処法

車検が切れた状態の車を移動させる場合、以下の注意点と対処法に従って行う必要があります。

まず、車検切れの車を移動するには、仮ナンバーを取得する必要があります。仮ナンバーは、移動させるための一時的なナンバープレートです。仮ナンバーを取得するためには、市町村の役場に必要書類を提出し手続きを行う必要があります。

また、車検切れの車を移動させる場合は、自賠責保険に加入する必要があります。自賠責保険は、車両が交通事故を起こした場合の損害賠償を保証するものであり、公道を走行する際には必ず加入する必要があります。自賠責保険に加入しなければ、車検切れの車を移動させることは違法となります。

車検が切れた車を移動する場合は、仮ナンバーの取得と自賠責保険の加入を行い、適切な手続きを行うことが重要です。必要な手続きや手続きの方法については、運輸支局や保険会社に相談すると良いでしょう。

自賠責保険が切れた車を移動するための注意点と対処法

自賠責保険が切れた状態の車を移動させる場合も、注意点と対処法があります。自賠責保険は、車両が交通事故を起こした場合の損害賠償を保証するものであり、公道を走行する際には必ず加入する必要があります。

自賠責保険が切れた状態の車を移動させる場合は、一時的に保険を加入する必要があります。一時保険は、自賠責保険が切れた期間のみ適用される短期間の保険であり、移動のために必要な保険です。

自賠責保険が切れた車を移動させる場合は、一時保険の加入手続きを行い、適切な保険の期間を設定する必要があります。保険期間を過ぎてしまうと保険の適用がなくなるため、保険期間内に移動を完了させるようにしましょう。

自賠責保険が切れた車を移動させる際は、一時保険の加入手続きや保険の期間管理が重要です。保険会社に相談し、適切な手続きを行うことをおすすめします。

ロードサービスや保険の活用

動かない車を移動させる方法は様々ありますが、一番簡単で手軽な方法はロードサービスや保険の活用です。特にJAF(日本自動車連盟)のロードサービスは、故障や事故で動かなくなった車を助けてくれる頼もしい存在です。JAFに加入していれば、24時間いつでも無料でロードサービスを利用することができます。

また、損害保険や任意保険に加入している場合は、保険会社のロードサービスを利用することもできます。多くの保険会社がロードサービスを提供しており、故障や事故によって動かなくなった車を移動させる際には大変便利です。

ロードサービスを利用する場合、事前に保険会社やJAFに連絡し、移動先や車の状況を伝える必要があります。その後、専門のスタッフが現場に駆けつけて車を移動させる手続きを行います。ただし、ロードサービスの範囲や条件は保険会社やJAFによって異なるため、事前に詳細な内容を確認することをおすすめします。

ロードサービスや保険の活用は、動かない車を移動させる上で非常に便利な手段です。万が一の場合に備えて、事前に保険に加入しておくことをおすすめします。

今すぐ電話で廃車相談
ネットで無料廃車相談

まとめ

動かない車を移動するには、状況に応じて適切な方法を選ぶ必要があります。故障車や事故車、車検切れや自賠責保険が切れた車、ナンバーがない車など、移動方法は様々です。しかし、移動にはコストや法的手続きの必要性が伴い、注意が必要です。

一般的に、動かない車を移動させるためにはレッカー車が利用されます。レッカー車を呼ぶことで、不動車を積載して目的地まで運ぶことができます。ただし、レッカー車の利用には費用がかかることが一般的であり、走行距離によりますが約3万円〜が相場です。

また、積載車を利用する方法もあります。積載車は不動車を運ぶために特化した車両であり、タイヤが回れば問題なく移動させることができます。牽引する場合も、状況によっては比較的安価な方法ですが、注意が必要です。

また、故障箇所や事故の状況によっては、一般道を走ることも違法となるため、法的な手続きが必要になることもあります。 さらに、人力で動かす方法や整備をする方法もありますが、これらの方法は可能な限り専門家の指示や助言を仰ぐことが重要です。

特に、車検切れの車を移動させる場合には、仮ナンバーや自賠責保険に加入する必要があります。

車検切れの車を自走することは違法となるため、適切な手続きを踏む必要があります。 最後に、自動車保険やロードサービスの活用も検討する価値があります。

JAFのロードサービスや任意保険のロードサービスを利用することで、安心して移動手段を確保することができます。 動かない車を移動させる際には、状況や目的地、コストなどを考慮して、最適な方法を選ぶようにしましょう。また、移動に際しては法的な制約や手続きにも注意を払う必要があります。

みんなの質問箱

車の廃車が専門の当社には、日々多くの質問が寄せられます。その質問の中から、特に需要が多い質問と専門スタッフによる答えをまとめてあるのが「みんなの質問箱」です。

自分で廃車手続きする人はこちら

廃車サービス提供エリア

ヒキトリレンジャーでは、関東及び近郊エリアにおいて廃車サービスを提供しています。ご相談・査定・引き取りエリアの選択は、下記、お車を保管している地域名のリンクからお選びください。

東京都神奈川県千葉県
埼玉県茨城県栃木県
群馬県山梨県静岡県

エリア別ページには、査定や引き取りが可能な「市区町村」情報のほか、廃車費用や流れの詳細をご確認いただけます。

\クイック廃車!累計対応数4,000台/
フリーダイヤル:0800-919-0048
【電話受付】9:00~24:00 ※年中無休
廃車の見積を依頼して待つ!
\クイック廃車!9:00-24:00 年中無休/