廃車買取査定/引き取り見積もりコチラ!

放置車両を勝手に移動する危険性と理由!手遅れを防ぐ基礎知識

放置車両を勝手に移動する危険性と理由

放置車両を勝手に移動するとどうなるか、今まさに土地や施設に不法駐車されて悩んでいる方は、自力救済の禁止の原則に違反する前にこの記事を読んでください。単純に放置車両の移動を考えるのではなく、ご自身の土地や建物の現状を回復する権利から考えることで、適法な条件下で撤去を進められるよう解説します。

放置車両に関する基礎知識

自力救済の禁止の原則

放置車両とは、土地の所有者の許可なく無断で放置された車両のことです。放置車両を勝手に移動や撤去することは法律で禁止されています。これを「自力救済の禁止の原則」と言います。この原則により、所有者の許可なく放置車両を勝手に処分することは法律違反となり、損害賠償を請求されるリスクがあるため、注意が必要です。

原状回復の責任

放置車両を撤去するためには、原状回復の責任について考慮する必要があります。具体的には、放置車両の所有者を確認し、適切な手続きを行うことです。まず、車両の所有者に対して損害賠償を請求する内容証明郵便を送るのが一般的です。これにより、正式な手続きを踏むことで法的なトラブルを回避することができます。また、放置車両を撤去した後、元の状態に戻すことが重要です。このような原状回復の責任を果たさない場合、さらなる法的リスクが生じる可能性があるので注意が必要です。

放置車両の撤去ならヒキトリレンジャー
今すぐ電話で廃車相談
放置車両撤去の相談をする

放置車両を勝手に移動することの問題点

法的リスク

放置車両を勝手に移動することには、重大な法的リスクが伴います。放置車両とは、土地の所有者の許可なく無断に放置された車両のことですが、たとえ私有地であっても、所有者の許可なく勝手に撤去することは法律で禁止されています。

具体的には、他人の財産に対して無断で干渉することは、所有権の侵害となり得ます。これにより、不法行為として訴訟のリスクが生じる可能性があります。また、無断で放置車両を移動することは、刑事罰に問われることもあり、法律を無視した行動は非常に危険です。

民事責任

放置車両を勝手に移動する行為は、民事上の責任を問われるリスクもあります。無断で放置車両を撤去した場合、車両の所有者から損害賠償を請求される可能性があります。特に、その車両に損害が生じた場合や車両の所有者に経済的な損害を与えた場合には、賠償責任が生じます。

加えて、放置車両の所有者が内容証明郵便などの正式な手続きを経て損害賠償を要求する場合、無視したり不適切な対応を取ると更なる法的トラブルにつながります。放置車両に対する正しい対処法を理解し、専門業者や法律の専門家に相談することが不可欠です。

放置車両を勝手に移動する危険性

訴訟のリスク

放置車両を勝手に移動することは、法律上、多くのリスクを伴います。その中でも訴訟リスクは極めて深刻です。放置車両の所有者に無断で車両を移動した場合、所有者が訴訟を起こしてくる可能性があります。具体的には、不法行為に該当するため、所有者が精神的苦痛を受けたとして慰謝料を請求できる場合もあります。

訴訟のリスクは多岐にわたります。まず、所有者が移動によって発生した損害を主張する場合です。車両の移動中に発生した傷やダメージなどが訴訟の対象となります。また、無断で車両を移動する行為そのものに対しても法的措置が取られる可能性があります。

これらの訴訟リスクを回避するためには、放置車両を自力で移動させるのではなく、まずは警察に通報し、公的な手続きを経ることが重要です。また、車両の所有者を確認し、法的に適切な対策を講じることが求められます。

損害賠償のリスク

放置車両を勝手に移動することは、損害賠償のリスクも伴います。車両を勝手に移動した結果、車両が破損したり、所有者が予期しない経済的損失を被ったりする場合があります。このような損害に対して、所有者が損害賠償を請求する可能性があります。

損害賠償のリスクには、物理的損害の補償だけでなく、移動先で発生する保管料や新たな保証費用なども含まれます。所有者が不在であったり、車両が高価であったりする場合、損害賠償の額は非常に高額になる可能性があります。

この損害賠償リスクを避けるためには、放置車両を自力で移動するのではなく、専門業者に依頼することが賢明です。専門業者は、法律に則った手続きを行うため、訴訟リスクや損害賠償リスクを最小限に抑えることができます。また、所有者に確認を取った上で適切な対応をすることで、さらなるトラブルを避けることができます。

お電話での見積もり
放置車両撤去の無料相談はこちら!
放置車両撤去ガイドブックをダウンロード

放置車両への対処法

警察に通報する

まず、放置車両を発見した場合、警察に通報することが考えられます。特に公共の場において放置された車両の場合は、警察が迅速に対応し、所有者を特定するための手続きを進めることができます。警察は放置車両確認標章を貼付し、一定期間後に撤去手続きを行うことができます。こうした対処法は法律に則った手続きであり、無断で行う行為と比べて安全です。

所有者を確認する

私有地に放置車両がある場合でも、勝手に撤去することは法律違反となるため注意が必要です。まずは、車両の所有者を確認しましょう。所有者を確認するには、車両の登録番号から所有者情報を調べたり、警察に協力を依頼する方法があります。所有者が特定できた場合は、内容証明郵便を送付し、一定期間内に車両を撤去するよう求めることができます。この手続きにより、所有者に対して損害賠償を請求する法的な根拠を持つことができます。

専門業者に依頼する

放置車両の撤去作業は専門の業者に依頼することも一つの方法です。専門業者は法律に基づいて適切な手続きを行い、安全かつ確実に車両を撤去してくれます。また、専門業者は放置車両による損害賠償や撤去費用についての相談にも応じるため、スムーズな解決が期待できます。穏便に問題を解決するためにも、専門業者に依頼することをおすすめします。

よくある質問と答え

ここでは、放置車両に関するよくある質問とその答えを紹介します。放置車両を勝手に移動することの問題や適切な手続きについて理解を深めてください。

Q1: 放置車両を見つけた場合、まず何をすべきですか?

A1: 放置車両を見つけた場合、まずは警察に通報して状況を説明してください。警察は放置車両確認標章を発行するなど、適切な対応を開始します。

Q2: 放置車両を勝手に移動させるとどうなりますか?

A2: 他人の所有する車両を勝手に移動させると、法律違反となり、損害賠償のリスクや訴訟のリスクが発生します。自力救済の禁止の原則に従い、正当な手続きを行うようにしましょう。

Q3: 私有地に放置された車両をどう処理すればよいですか?

A3: 私有地に放置された車両の場合も、勝手に撤去することは法律違反です。まず所有者を確認し、警察に通報するか、専門業者に相談することをお勧めします。

Q4: 放置車両の撤去に費用がかかる場合、誰が負担しますか?

A4: 基本的には放置車両の所有者が撤去費用を負担するべきですが、場合によっては土地の所有者が一時的に負担することがあります。その後、所有者に対して損害賠償請求を行うことが可能です。

Q5: 放置車両とみなされる基準は何ですか?

A5: 放置車両とみなされる基準は、許可なく一定期間以上その場に置かれている車両が対象です。具体的な期間や基準は地域ごとに異なるため、詳しくは地元の警察や行政機関に確認してください。

以上が、放置車両に関するよくある質問とその答えです。適切な手続きを踏まえて対応することで、トラブルを未然に防ぐことができます。

お電話での見積もり
放置車両撤去の無料相談はこちら!

まとめ

放置車両を勝手に移動することは、法律違反であり、多大な法的リスクと民事責任を伴う行為です。他人の所有物である駐車車両を無断で撤去する場合、訴訟や損害賠償のリスクが高まります。適切な対処法としては、まずは警察に通報し、必要な手続きを踏むことが重要です。放置車両の所有者を確認し、適切な手続きを経てから撤去することが推奨されます。また、専門業者に依頼することでより安全かつ確実に放置車両の問題を解決することができます。放置車両に関する知識を持ち、正しい手続きを踏むことで、トラブルを未然に防ぐことができるでしょう。

関連記事

放置車両の撤去方法

放置車両を撤去したいけど、自分の状況に合う安全安心の方法がわからない人へ、私有地と公道に対応できる対処法を解説。

放置車両に貼る警告文

敷地内に置き去りにされた、不法な放置車両の持ち主に対して警告がしたい人へ、無料のテンプレートを配布中。

放置車両撤去の費用

放置車両を撤去するために必要な費用相場、業者に依頼してお得に廃車まで済ませる方法をレクチャーします。

放置車両を撤去できないのはなぜ?

法律が邪魔して、なかなか撤去できない放置車両について、撤去できない背景にある事情と対処法を解説します。

放置車両と駐車違反の違い

道路交通法の観点から放置車両と駐車違反の違いについて、かえってわからなくなっている部分を単純明快に解説。

[PR] 放置車両撤去・廃車サービス

廃車手続き&レッカー代が0円!お客様は一部必要書類だけでOK。解体まで一貫して代行する当社のサービスです。

廃車サービス提供エリア
廃車するならヒキトリレンジャー

ヒキトリレンジャーでは、関東及び近郊エリアにおいて廃車サービスを提供しています。ご相談・査定・引き取りエリアの選択は、下記、お車を保管している地域名のリンクからお選びください。

東京都神奈川県千葉県
埼玉県茨城県栃木県
群馬県山梨県静岡県

エリア別ページには、査定や引き取りが可能な「市区町村」情報のほか、廃車費用や流れの詳細をご確認いただけます。

\クイック廃車!累計対応数4,000台/
フリーダイヤル:0800-919-0048
【電話受付】9:00~24:00 ※年中無休
廃車の見積を依頼して待つ!
\クイック廃車!9:00-24:00 年中無休/