廃車買取査定/引き取り見積もりコチラ!

エンジン警告灯がオレンジ色に点灯したら放置はNG!適切な対処法

エンジン警告灯がオレンジに点灯

車のエンジン警告灯がオレンジに点灯していても、その意味がわからず放置してしまったり、そもそも気づかないことがあります。今回は、警告灯の役割や機能、オレンジ色に警告灯が点灯する原因、色ごとの意味などにつて詳しく解説していきます。

エンジン警告灯とは

エンジン警告灯は、自動車のダッシュボードにある警告ランプの一つで、エンジンシステムに何らかの異常が発生した際に点灯または点滅する機能を持っています。この警告灯がオレンジ色で点灯することは、エンジンやそれに関連するシステムに問題が発生している可能性を示唆しており、運転者に注意を促します。多くの場合、車両が設定された警告レベルを超えるとアクティブになり、ドライバーに対して適切な対処や修理を促すために設計されています。

エンジン警告灯の役割と機能

エンジン警告灯の主な役割は、エンジンやその周辺の機能に何らかの問題がある時にドライバーに警告することです。

▼警告灯が点灯時に生じやすい症状

  • エンジンの出力低下
  • アイドリングの不安定
  • 異音や異臭の発生
  • 加速の遅れや振動
  • 燃費の悪化
  • エンジン始動の困難
  • エンジンの停止やエンスト

これらの症状はエンジンシステム内のさまざまな部分での異常を示している可能性があります。

しかし、エンジン警告灯が点灯または点滅したからと言って必ずしも直接的な故障が起きているわけではありません。センサーの異常や信号の乱れなどによる誤検知が原因で点灯する場合もあります。このため、警告灯が点灯した際は放置せず、できるだけ速やかに自動車整備工場で正確な診断と適切な対処を受けることが非常に重要です。

エンジン警告灯は車の”健康状態”を教えてくれる大切なインジケーターであるため、その警告を適切に理解し、迅速に対応することが重要となります。

故障者の廃車
今すぐ電話で廃車相談
ネットで無料廃車相談

オレンジ色に警告灯が点灯する原因

エンジン構造系の異常

エンジン警告灯のオレンジ色が点灯する一つの原因は、エンジンそのものの構造系に異常が発生している場合です。これには、エンジンの出力低下アイドリングの不安定さ異音や異臭の発生などが挙げられます。

これらの症状は、エンジン内部で何らかの問題が生じていることを示唆しており、放置するとエンジン始動が困難になる、または最悪の場合エンジンが停止してしまうこともあります。

特に、燃費の悪化は日常の運転においても明らかになる兆候の一つであり、これらの警告信号を見過ごさず迅速に対処する必要があります。

排気系統と吸気系統の異常

また、エンジン警告灯がオレンジ色で点灯する別の一般的な原因は、排気系統や吸気系統に異常がある場合です。このようなシステムの異常は、加速時の遅れや振動発生の原因となります。

特に、O2センサーやエアフローセンサーのような、エンジンに送られる空気の量や品質を監視するセンサーの故障は、エンジン性能の低下を招きます。

これらのセンサーの異常は、エンジンの効率性を大きく落とし、結果として燃費の悪化を引き起こします。このため、排気系統や吸気系統の問題は速やかな確認と対処が必須となるのです。

これらの事例からもわかるように、エンジン警告灯がオレンジ色で点灯した場合、必ずしも直接的なエンジン故障を意味するわけではありませんが、何らかの異常を示唆している可能性が高いため、放置せずに整備士による詳細な診断を受けるべきです。

オレンジ色を含む警告灯の意味

警告灯の色の国際標準化

自動車における警告灯の色には国際標準があり、それぞれが異なる意味を持ちます。

一般的に、緑色はシステムの正常作動を、青色はヘッドライトやクルーズコントロールの作動状態を、黄色(オレンジ)は注意を促す警告、赤色は緊急を要する異常を示します。

エンジン警告灯がオレンジ色で点灯した場合、重大な故障が発生しているわけではないですが、システムに何らかの異常が発生していることを示し、放置することで将来的な重大な問題に発展する恐れがあるため、注意が必要です。

オレンジ色警告灯の警告レベル

オレンジ色のエンジン警告灯が点灯するということは、エンジンや車両のシステムに異常が発生しているサインです。

この警告灯が点灯あるいは点滅することで、エンジンの出力低下、アイドリングの不安定、異音や異臭の発生、加速の遅れや振動、燃費の悪化、エンジン始動の困難、エンジンの停止やエンストなどの問題が発生する可能性があるため、早期の対応が求められます。

具体的な対処法としては、安全な場所に車を停めてエンジンを一度停止し、再始動してみることです。これにより一時的なエラーであればリセットされることがありますが、警告灯が消えない場合や再度点灯する場合は、エンジンや車両のシステムに潜在している問題を示しているため、自動車整備工場での点検が必要となります。

今すぐ電話で廃車相談
ネットで無料廃車相談

警告灯点灯時の適切な対策

即時の停車は必要ないが、迅速な対応が必要

エンジン警告灯のオレンジ色が点灯した場合、それは即座に危険が差し迫っているわけではありませんが、注意が必要なサインです。点灯や点滅を確認したら、慌てることなく冷静に対応することが重要です。安全な場所に車を停め、エンジンの状態を確認してください。しかし、車が普通に動作しているように見えても、異常がある可能性がありますので、できるだけ早く自動車整備工場やディーラーに連絡を取ることをおすすめします。

自動車整備工場に点検を依頼する

エンジン警告灯がオレンジ色で点灯または点滅している場合は、エンジンや車両のシステムに何らかの異常が発生しているサインです。自動車の専門知識がない限り、原因を特定することは難しいですし、自己判断で対処することはリスクが伴います。自動車整備工場では、適切な診断機器を用いて正確な原因を迅速に特定し、必要な修理やメンテナンスを行うことができます。放置してしまうと、エンジン始動不良やエンストのリスク、さらにはエンジン故障につながる可能性もありますので、エンジン警告灯が点灯したら、速やかに自動車整備のプロに点検を依頼しましょう。

放置した場合のリスク

エンジン始動不良やストールのリスク

エンジン警告灯のオレンジ色が点灯するということは、エンジンや関連システムに何らかの問題が生じているサインです。この警告を放置してしまうと、エンジンの始動不良や、最悪の場合は走行中にエンジンがストール(エンスト)するリスクが高まります。アイドリングの不安定や異音、異臭の発生など、車の挙動に影響を及ぼす問題が起こりやすくなり、安全性が著しく低下することにもつながります。

エンジン故障につながる可能性

エンジン警告灯がオレンジ色で点灯し続ける場合、放置することによってエンジン自体の故障につながる可能性があります。

たとえば、排気系統や吸気系統の異常から燃費の悪化、エンジンの出力低下、加速の遅れ、振動の発生など、車の性能に深刻な影響を与える問題が発生することがあります。

エンジンの損傷が進行し、修理費用が高額になるケースや、最悪の場合、エンジンの全交換が必要になる可能性さえあります。

エンジン警告灯のオレンジ色が点灯または点滅した場合は、放置せずに速やかに専門の業者や整備工場での診断を受けることが重要です。初期段階での適切な対処が、将来的に高額な修理費用や重大な事故へつながるリスクを減らすことにつながります。

今すぐ電話で廃車相談
ネットで無料廃車相談

まとめ

エンジン警告灯のオレンジ色が点灯するという事態は、車に何らかの注意を促す重要なサインです。この警告灯が点灯したまま放置することは、エンジンの出力低下、アイドリングの不安定、異音や異臭の発生など、車の異常を示唆するサインとなり得ます。加えて、加速の遅れや振動の発生、燃費の悪化、エンジン始動の困難、さらにはエンジンの停止やエンストのリスクも高まります。

エンジン警告灯の点灯は、単に点灯しているだけでなく、その背後にはO2センサーやエアフローセンサーの異常、イグニッションコイルやバッテリーセンサーなどさまざまな原因が考えられます。しかし、点灯したからといって直ちに深刻な問題があるとは限らず、センサーの異常や信号の乱れによる誤検知の可能性もあります。重要なのは、点灯を見たら速やかに専門の業者による点検を受けることです。

自己判断での対応を避け、専門家に診断してもらうことが非常に重要です。エンジン警告灯が点灯している場合、迅速に対応することで、より深刻なエンジンの故障を防ぎ、安全な運転を継続するための最良のステップとなります。エンジン警告灯のオレンジ色が点灯したら、放置せずに適切な対処をすることが、車とあなた自身の安全を守るために非常に重要です。

廃車サービス提供エリア

ヒキトリレンジャーでは、関東及び近郊エリアにおいて廃車サービスを提供しています。ご相談・査定・引き取りエリアの選択は、下記、お車を保管している地域名のリンクからお選びください。

東京都神奈川県千葉県
埼玉県茨城県栃木県
群馬県山梨県静岡県

エリア別ページには、査定や引き取りが可能な「市区町村」情報のほか、廃車費用や流れの詳細をご確認いただけます。

\クイック廃車!累計対応数4,000台/
フリーダイヤル:0800-919-0048
【電話受付】9:00~24:00 ※年中無休
廃車の見積を依頼して待つ!
\クイック廃車!9:00-24:00 年中無休/