廃車買取査定/引き取り見積もりコチラ!

放置車両確認標章とは?その意味と貼られた場合の対処方法

放置車両確認標章

放置車両確認標章とは

放置車両確認標章とは、違法に駐車されている車両に貼られる黄色いステッカーのことです。放置車両確認標章は、警察官または駐車監視員が貼り付けることがあります。

放置車両確認標章の意味

放置車両確認標章が貼られることは、駐車違反が行われていることを意味します。車両が違法に駐車されている場合、その車両を使用した運転者は反則金を支払う必要があります。

放置車両確認標章が貼られる原因

放置車両確認標章が貼られる主な原因は、違法に駐車されている車によるものです。駐車場所や駐車時間に関する交通法規を守らずに、車両を置いたまま離れてしまうと、放置車両確認標章が貼られる可能性があります。放置車両確認標章の貼られる具体的な駐車違反の内容については、交通法規や地域の駐車規制によって異なる場合がありますので、詳細は関連情報を参考にしてください。

今すぐ電話で廃車相談
ネットで無料廃車相談

放置車両確認標章が貼られた場合の対応方法

放置車両確認標章が貼られてしまった場合、適切な対応をする必要があります。以下に示す対応方法を実施しましょう。

警察署への出頭

放置車両確認標章が貼られた場合、まずは速やかに所轄の警察署に出頭しましょう。警察官と面談し、駐車違反の詳細や事情を説明する必要があります。警察署に出頭する際には、運転者の身分証明書や運転免許証を持参しましょう。出頭時には丁寧な態度で話し、協力的な態度を心掛けましょう。

反則金の納付

放置車両確認標章が貼られた場合、駐車違反に対する反則金の納付が必要です。反則金の金額は違反内容によって異なりますが、一般的には1万5,000円以上の支払いが求められます。支払いは指定された期限内に行いましょう。反則金の納付方法や詳細については、警察署で詳しく説明を受けることができます。

駐車違反の取締の停止

放置車両確認標章が貼られた場合、駐車違反の取締の停止を申請することもできます。駐車違反の取締が停止されると、一定期間内は同じ違反については再度取締られることはありません。駐車違反の取締の停止については、警察署で詳細な手続きや条件を確認しましょう。

放置車両確認標章に関する疑問と答え

疑問1:放置車両確認標章で出頭しない場合はどうなる?

放置車両確認標章が貼られた場合、違反した運転者は警察署へ出頭する必要があります。しかし、出頭しない場合でも、使用者に対して弁明通知書と放置違反金の仮納付書が送られます。

疑問2:放置車両確認標章が貼られたらいくら払うの?

放置車両確認標章が貼られた場合、反則金を納める必要があります。反則金の金額は違反の内容により異なりますが、一般的には1万5000円以上となっています。

疑問3:放置車両確認章とは何ですか?

 放置車両確認標章は、違法に駐車したまま離れている状態の車に警察官または駐車監視員が貼り付ける標章です。この標章が貼られることで、駐車違反が確認されます。

疑問4:違法駐車で放置車両確認標章を貼られたらどうすればいいですか?

違法駐車で放置車両確認標章が貼られた場合、違反した運転者は警察に出頭する必要があります。出頭後、反則金の納付手続きを行うことで対応することができます。

疑問5:放置車両確認標章は剥がせますか?

放置車両確認標章は、一度貼られると剥がすことはできません。標章を剥がそうとすると、違法な行為となります。警察や関係機関によって対処される可能性がありますので、標章は剥がさずそのままにしておく必要があります。

疑問6:放置車両確認標章を汚してもいいですか?

放置車両確認標章は、汚してしまっても問題ありません。しかし、標章を剥がすことは違法ですので、剥がすことは避けてください。

疑問7:放置車両確認標章を払わないとどうなる?

放置車両確認標章に対する反則金を納付しない場合、所有者に対して放置違反金の納付命令が下されます。納付命令に従わない場合、法的な措置が取られる可能性がありますので、放置違反金の納付は必ず行ってください。

疑問8:放置車両確認標章を取り付けられたらどうすればいいですか?

放置車両確認標章が貼られた場合、警察署に出頭しましょう。出頭後、反則金の納付手続きを行うことで対応することができます。

疑問9:出頭拒否は反則金に影響する?

出頭拒否をすると、使用者に対して弁明通知書と放置違反金の仮納付書が送られます。弁明通知書を提出することで弁解することができますが、放置違反金は納付する必要があります。

疑問10:放置車両確認標章を剥がしてしまった場合の影響

放置車両確認標章を剥がしてしまった場合、違法な行為となります。標章が剥がされているということで更なる法的な措置が取られる可能性がありますので、標章は剥がさずそのままにしておく必要があります。

今すぐ電話で廃車相談
ネットで無料廃車相談

まとめ

放置車両確認標章は、違法に駐車したまま離れている車に貼られる黄色いステッカーです。警察官や駐車監視員が貼り付けます。放置車両確認標章が貼られた場合、違反した運転者は反則金を納める必要があります。反則金の金額は違反の内容によって異なりますが、一般的には1万5,000円以上となります。

運転者と車の所有者が異なる場合には、使用者が反則金を支払う責任があります。運転者が警察に出頭しない場合、使用者には弁明通知書と放置違反金の仮納付書が送られます。この弁明通知書を提出して弁解することができます。

もし放置違反金を納付しない場合、所有者に対して放置違反金の納付命令が下されることになります。そのため、放置車両確認標章が貼られた場合は、なる早く対応することが重要です。

引取り責任者

放置車両確認標章について調べている人に役立つ、他の情報も数多く公開しているので下記に関連性が高い記事へのリンクを用意しました!問題が少しでも早く解決するよう、ご活用ください。 ☆撤去実績も随時更新中☆

放置車両の撤去方法

放置車両を撤去したいけど、自分の状況に合う安全安心の方法がわからない人へ、私有地と公道に対応できる対処法を解説。

放置車両に貼る警告文

敷地内に置き去りにされた、不法な放置車両の持ち主に対して警告がしたい人へ、無料のテンプレートを配布中。

放置車両撤去の費用

放置車両を撤去するために必要な費用相場、業者に依頼してお得に廃車まで済ませる方法をレクチャーします。

放置車両を撤去できないのはなぜ?

法律が邪魔して、なかなか撤去できない放置車両について、撤去できない背景にある事情と対処法を解説します。

放置車両と駐車違反の違い

道路交通法の観点から放置車両と駐車違反の違いについて、かえってわからなくなっている部分を単純明快に解説。

[PR] 放置車両撤去・廃車サービス

廃車手続き&レッカー代が0円!お客様は一部必要書類だけでOK。解体まで一貫して代行する当社のサービスです。

みんなの質問箱

車の廃車が専門の当社には、日々多くの質問が寄せられます。その質問の中から、特に需要が多い質問と専門スタッフによる答えをまとめてあるのが「みんなの質問箱」です。

自分で廃車手続きする人はこちら

廃車サービス提供エリア

ヒキトリレンジャーでは、関東及び近郊エリアにおいて廃車サービスを提供しています。ご相談・査定・引き取りエリアの選択は、下記、お車を保管している地域名のリンクからお選びください。

東京都神奈川県千葉県
埼玉県茨城県栃木県
群馬県山梨県静岡県

エリア別ページには、査定や引き取りが可能な「市区町村」情報のほか、廃車費用や流れの詳細をご確認いただけます。

\クイック廃車!累計対応数4,000台/
フリーダイヤル:0800-919-0048
【電話受付】9:00~24:00 ※年中無休
廃車の見積を依頼して待つ!
\クイック廃車!9:00-24:00 年中無休/