廃車手続きのガイドを公開中!

車の廃車とはどういう意味ですか?初心者にわかりやすく解説

車の廃車とはどういう意味ですか?

車の廃車とはどういう意味ですか?

廃車の意味とは、自動車の車籍(戸籍の車版のようなもの)を抹消することであり、正式な手続きを行わなければなりません。初めて車の廃車を検討している初心者の方には、自動車業界用語がわかりにくい情報が目立つので、本記事ではできる限りわかりやすい言葉で解説します。

廃車とは何か

廃車とは、自動車を使用しなくなった場合にその車を車籍から抹消する手続きのことを指します。廃車は法律上の手続きであり、違法に放置されたままにすることはできません。

廃車になる状況

廃車になる状況としては、以下のような場合が挙げられます。

  • 車が動かなくなり、修理費用が高額な場合
  • 車の保険や自動車税の支払いが困難な場合
  • 車の使用をやめ、所有者になるつもりがない場合

 これらの場合、廃車手続きを行うことで車の維持費を節約することができます。

車籍について

車籍とは、自動車の登録情報が管理されるデータベースのことです。車籍には所有者や車の情報が記録され、その車を正当なものとして使用するためには、車籍に登録する必要があります。

廃車手続きを行うと、車籍からの抹消が行われます。廃車後は、その車は法律上自動車とは認められていませんので、走行することはできません。

廃車引き取りならヒキトリレンジャー
今すぐ電話で廃車相談
ネットで無料廃車相談

廃車の手続き

車を廃車する際には、正式な手続きを行わなければなりません。廃車手続きにはいくつかの種類があります。

廃車手続きとは

廃車手続きとは、自動車の車籍を抹消し、登録を解除する手続きのことです。車の所有者が所有権を放棄する意思を示し、廃車の手続きを進めることによって行われます。

廃車手続きの種類

廃車手続きには、永久抹消登録と一時抹消登録の2つの種類があります。永久抹消登録は、車を廃車すると同時に車籍も完全に抹消される手続きです。一方、一時抹消登録は、ある一定期間限定で車籍を抹消する手続きで、再登録することも可能です。

普通自動車の手続き機関と流れ

普通自動車の廃車手続きを行う場合、運輸支局に手続きをする必要があります。具体的な手続きの流れは、以下の通りです。

  1. 運輸支局に廃車届を提出します。
  2. 廃車完了証明書を受け取ります。
  3. 自動車検査証とナンバープレートを返納します。
  4. 自動車税の還付手続きを行います。

普通自動車の廃車手続きに必要なもの

普通自動車の廃車手続きには、以下のものが必要です。

  • 廃車届
  • 自動車検査証
  • ナンバープレート
  • 自動車税の納税証明書

軽自動車の手続き機関と流れ

軽自動車の廃車手続きを行う場合、自動車検査登録事務所に手続きをする必要があります。具体的な手続きの流れは、以下の通りです。

  1. 自動車検査登録事務所に廃車届を提出します。
  2. 廃車完了証明書を受け取ります。
  3. 自動車検査証とナンバープレートを返納します。
  4. 自動車税の還付手続きを行います。

軽自動車の廃車手続きに必要なもの

軽自動車の廃車手続きには、以下のものが必要です。

  • 廃車届
  • 自動車検査証
  • ナンバープレート
  • 自動車税の納税証明書
今すぐ電話で廃車相談
ネットで無料廃車相談

廃車後の手続き

 廃車手続きが完了した後には、廃車証明書の発行が必要です。

廃車証明書とは

廃車証明書は、廃車手続きが正式に完了したことを証明する書類です。この証明書があることで、車の所有権が消滅したことが明確になります。

廃車証明書には登録事項等証明書、登録識別情報等通知書、自動車検査証返納証明書の3種類があります。具体的には、廃車した車の車両情報や所有者情報が記載された登録事項等証明書、廃車登録が適用される際に通知が行われる登録識別情報等通知書、車検証の返納をしたことを証明する自動車検査証返納証明書が含まれます。

これらの証明書を所定の手続きで発行する必要があります。

廃車証明書の発行方法と再発行

廃車証明書は、廃車手続きを行った運輸支局や陸運局、自動車検査登録事務所などで発行することができます。手続き時に必要な書類と所定の手数料を提出することで、廃車証明書が発行されます。

また、廃車証明書が紛失した場合や再発行が必要な場合は、運輸支局や陸運局などに再発行の申請をする必要があります。再発行には手数料がかかることがありますので、注意が必要です。

以上が廃車手続きが完了した後の手続きについての説明です。廃車証明書の発行は、廃車手続きの最後のステップとなります。適切な手続きを行って、廃車証明書を取得しましょう。

今すぐ電話で廃車相談
ネットで無料廃車相談

廃車と自動車税

廃車後の自動車税についてご説明します。

廃車後の自動車税はどうなるか

廃車すると、自動車税の支払いは免除されます。廃車手続きを完了すると、自動車税の納税義務が終了し、その後の年度からは支払いが免除されます。

ただし、廃車手続きを完了する前に、自動車税の納期が到来している場合は、支払いが必要です。廃車手続きを済ませた後であっても、納期を過ぎた自動車税は返金されません。

また、廃車後に自動車を新たに購入した場合は、新しい車の自動車税が発生します。廃車した車に関連する自動車税は、廃車手続き完了年度までの支払いが義務付けられることもありますので、注意が必要です。

廃車手続きによる自動車税の節約

廃車手続きをすることで、自動車税を節約することができます。自動車税は所有している車の台数や排気量に応じて納税額が決定されるため、複数の車を所有している場合や排気量の大きな車を所有している場合は、廃車手続きによる自動車税の節約が大きくなります。

廃車手続きをする際には、自動車税の還付を受けることもできます。手続きが完了すると、廃車した車に対して納めた自動車税や自動車重量税、保険料の一部が返還されます。ただし、還付金の額は廃車した車の登録状況や廃車手続きを行った時期によって異なるため、具体的な金額については運輸支局などで確認する必要があります。

今すぐ電話で廃車相談
ネットで無料廃車相談

まとめ

本記事では、車の廃車が意味する内容について説明してきました。廃車とは、自動車の車籍を抹消することを意味し、正式な手続きを行わなければなりません。廃車には永久抹消登録と一時抹消登録の2種類があり、手続きの方法も異なります。

廃車をすることで、車の維持費を節約することができます。廃車手続きをすると自動車税や自動車重量税、保険料の還付が受けられるため、経済的なメリットもあります。

廃車した車は法律上自動車とは認められておらず、走行することはできません。廃車にするタイミングとしては、走行距離や走行年数、車の不具合が多くなった時、免許証の返納などが挙げられます。

廃車手続きは業者に依頼することができます。廃車買取業者を利用すると、解体費用や車の運搬費用が無料になるだけでなく、廃車の買取も可能です。

最後に、廃車証明書には登録事項等証明書、登録識別情報等通知書、自動車検査証返納証明書の3種類があり、用途によって必要な書類が異なります。廃車手続きや廃車後の手続きについては、適宜参考にしてください。

みんなの質問箱

車の廃車が専門の当社には、日々多くの質問が寄せられます。その質問の中から、特に需要が多い質問と専門スタッフによる答えをまとめてあるのが「みんなの質問箱」です。

廃車サービス提供エリア

ヒキトリレンジャーでは、関東及び近郊エリアにおいて廃車サービスを提供しています。ご相談・査定・引き取りエリアの選択は、下記、お車を保管している地域名のリンクからお選びください。

東京都神奈川県千葉県
埼玉県茨城県栃木県
群馬県山梨県静岡県

エリア別ページには、査定や引き取りが可能な「市区町村」情報のほか、廃車費用や流れの詳細をご確認いただけます。

\クイック廃車!累計対応数4,000台/
フリーダイヤル:0800-919-0048
【電話受付】9:00~24:00 ※年中無休
廃車の見積を依頼して待つ!
\クイック廃車!9:00-24:00 年中無休/