廃車手続きのガイドを公開中!

普通車の廃車の仕方は?短時間でポイントを理解しよう!

普通車の廃車の仕方は?

普通車の廃車の仕方は?

普通車を廃車するためには、まず、以下の書類を揃えることが必要です。

  • 車検証
    万全な状態で持参しましょう。車検証は廃車手続きの際に登録識別情報等通知書として返納されます。
  • 印鑑証明
    所有者と車検証の所有者情報が一致していることを証明するために必要です。発行された日から3か月以内のものを使用しましょう。
  • 住所が異なる場合には町名地番変更等証明書が必要です。新たな住所が記載された住民票が必要になる場合もあります。
  • 姓が異なる場合には戸籍謄本などが必要です。結婚・離婚によって姓が変わった場合などに提出が必要となります。

これらの書類を準備しておくと、スムーズな廃車手続きが行えます。

陸運局での手続きの流れ

普通車の廃車手続きは陸運局で行います。以下に手続きの流れを説明します。

  1. 陸運局へ行き、廃車手続き必要書類を提出します。マークシートや手数料納付書、自動車税申告書など陸運局で取得することができます。
  2. 手続きの手数料の支払いをします。
  3. 次に、ナンバープレートを陸運局で返納します。
  4. 最後に、廃車手続きが完了すると登録識別情報等通知書が車検証の代わりに発行されます。

 手続きが完了すると、普通車の廃車手続きは終了となります。

普通車の廃車に必要な費用(陸運局で求められる費用)

普通車の廃車手続きには、陸運局で求められるいくつかの費用がかかります。

  • 廃車手続き費用:廃車手続きにかかる費用として、場合によりますが千円程度が必要です。具体的な費用は、所有権の解除をしていないなど異なる場合があります。
  • 個人での廃車手続きが難しい場合は、陸運局内の行政書士に手続きの代行を依頼することも出来ます。こちらも数千円程度です。

これらの費用は現金での支払いが一般的ですので、事前に準備しておきましょう。

廃車引き取りならヒキトリレンジャー
2月までの廃車で税金の還付あり
今すぐ電話で廃車相談
ネットで無料廃車相談

普通車を廃車する際に陸運局へ持参する持ち物と理由

普通車を廃車する際には、陸運局での手続きが必要です。この手続きをするためには、いくつかの書類や持ち物が必要となります。以下に普通車を廃車する際に陸運局へ持参する持ち物とその理由を説明します。

1. 車検証

普通車を廃車する際には、車検証を持参する必要があります。紛失してしまった場合には再発行が必要です。車検証は車両の所有者を証明する重要な書類であり、廃車手続きにおいても必要な情報が記載されています。

2. 印鑑証明

廃車手続きをする際には、所有者と車検証の所有者情報が一致していることを証明するために印鑑証明が必要です。印鑑証明は、廃車手続きにおいて所有者の確認を行うために必要な書類です。

3. 住所が異なる場合には住民票など

もし車検証登録の住所と現在の住所が異なる場合、市町村の合併などで町名が変わってしまった場合には町名地番変更等証明書が必要となります。また、引っ越しなどで車検証の住所と印鑑証明書の住所が違う場合には、住民票、除票、戸籍の附票などが、廃車手続きにおいて住所の一致を確認するために必要です。

4. 姓が異なる場合には戸籍謄本など

所有者の姓が車検証と異なる場合には、姓の変更を証明するために戸籍謄本などが必要です。所有者の情報の一致は廃車手続きにおいて重要な要素となるため、正確な情報を提出する必要があります。

以上が普通車を廃車する際に陸運局へ持参する持ち物とその理由です。廃車手続きをスムーズに行うためには、これらの持ち物を準備しておくことが重要です。必要な書類や持ち物をきちんと準備し、順調に手続きを進めましょう。

普通車を廃車する全体の流れ

普通車を廃車する際の手続きは、以下のような流れで行われます。

  1. 廃車の準備をする
  2. 廃車手続きを行う
  3. 廃車証明書(登録識別情報等通知書)を受け取る
  4. 自動車税の解約手続きを行う
  5. 自動車保険(任意保険)の解約手続きを行う
  6. 自賠責保険の解約手続きを行う
  7. 自動車解体業者に車を引き取ってもらう(任意)

1. 廃車の準備をする

廃車手続きを行う前に、廃車に必要な書類を揃える必要があります。具体的には、車検証、印鑑証明(所有者と車検証の所有者情報が一致していることを証明するために必要)、住所が異なる場合には住民票や町名地番変更等証明書、姓が異なる場合には戸籍謄本などが必要です。

2. 廃車手続きを行う

廃車手続きは、現地の陸運局や自動車検査協会で行うことができます。必要な書類を提出し、手続きを進めます。手続き内容としては、車両情報の提出、廃車届の提出などが含まれます。

3. 廃車証明書を受け取る

廃車手続きが完了すると、陸運局より廃車証明書として登録識別情報等通知書が交付されます。この証明書は、廃車したことを証明する重要な書類です。必ず保管しておくようにしましょう。

4. 自動車保険の解約手続きを行う

車を廃車する際には、自動車保険の解約手続きも必要です。廃車手続き後、自動車保険会社に連絡し、保険の解約手続きを行います。解約手続きを怠ると、廃車しているのに保険料が発生する可能性があるので注意が必要です。

5. 自賠責保険の解約手続きを行う

自賠責保険では車検が残っている場合、返戻金が有るので廃車に伴って解約手続きが必要です。廃車手続き後、自賠責保険の加入している保険会社に連絡し、解約手続きを行います。適切に解約手続きを行わないと、返戻金を受け取れない可能性があるため注意が必要です。

6. 自動車税の解約手続きを行う

廃車した車については、自動車税の解約手続きを行う必要があります。陸運局にて手続きを行い、自動車税の解約を完了させましょう。解約手続きを怠ると、無駄に税金を支払うことになってしまいます。

7. 自動車解体業者に車を引き取ってもらう(任意)

廃車した車を自動車解体業者に引き取ってもらう場合は、申し込み手続きを行います。手続きの方法は業者によって異なりますので、事前に問い合わせるか、HPなどで確認しておくと安心です。

普通車を廃車する際の流れを把握し、スムーズに手続きを進めましょう。

2月までの廃車で税金の還付あり
今すぐ電話で廃車相談
ネットで無料廃車相談

普通車の廃車の種類

普通車の廃車には、以下の3つの種類があります。

1. 一時抹消登録

一時抹消登録は、一定期間車を使用しない場合に選択される方法です。この方法を選ぶと、一時的に車両の登録を抹消することで、税金の納付や車検などの手続きを免除することができます。また、再び車を使用する際には、再登録手続きを行う必要があります。

2. 永久抹消登録

永久抹消登録は、車両を廃棄する場合に選択される方法です。車両を解体後に行う手続きです。この方法を選ぶと、車検が残っている場合には重量税の還付を受け取ることが出来ます。

3. 輸出抹消

輸出抹消は、車両を日本国外へ持ち出す場合に選択される方法です。廃車にする代わりに、海外で使用されることを目的として車両を登録抹消します。輸出抹消をする際には、登録抹消証明書などの書類が必要となります。 以上が普通車の廃車の種類となります。廃車手続きを行う際には、自分の状況や目的に応じて最適な方法を選びましょう。また、手続きには必要な書類や費用が発生するため、事前に準備と確認を行っておくことが重要です。

軽自動車と普通車の廃車の違い

手続き面

軽自動車と普通車の廃車には、手続き面での違いがあります。

軽自動車の場合、普通車と比べて手続きが簡単であることが特徴です。軽自動車は、自動車の構造や台数に関する規制が緩く、廃車手続きも簡略化されています。

一方、普通車は、印鑑証明書の提出や委任状などが必要になり手続きがより複雑になります。

普通車の廃車手続きを行う場合、廃車手続きを自分で行うか、業者に依頼するかなど、選択肢も広がります。

費用面

軽自動車と普通車の廃車には、費用面での違いがあります。

軽自動車の場合、廃車手続きに必要な費用は比較的安価です。廃車手続きのために陸運局に支払う費用も軽減されており、経済的なメリットがあります。

一方、普通車の場合は、廃車手続きに伴う費用が高額になることがあります。廃車に伴う各種手数料や車両評価費用などが要求されるため、予算に配慮する必要があります。

メリット

軽自動車と普通車の廃車には、それぞれの特徴によるメリットがあります。

軽自動車の場合、廃車手続きが簡単であるため、手続きにかかる手間や時間を節約することができます。また、廃車に伴う費用も比較的安く抑えられるため、経済的なメリットがあります。

一方、普通車の場合は、廃車買取業者に依頼することで、廃車を売却することができるメリットがあります。廃車を売却することで一定の金額を受け取ることができるため、経済的な負担を軽減することができます。

デメリット

軽自動車と普通車の廃車には、それぞれの特徴によるデメリットがあります。

軽自動車の場合、廃車手続きの容易さや費用の安さとは裏腹に、車検証を紛失してしまった場合や、親戚などで所有者さんを調べるときなどの手続きはかなり複雑です。

一方、普通車の場合は、廃車手続きが煩雑であることがデメリットとなります。手続きの複雑さや費用の高さにより、廃車手続きにかかる時間や労力が増えることがあります。

また、廃車を売却する場合には、査定額が思ったよりも低い場合があるため、経済的な損失が発生する可能性もあります。

2月までの廃車で税金の還付あり
今すぐ電話で廃車相談
ネットで無料廃車相談

まとめ

普通車の廃車手続き方法には自分で手続きする方法や引取業者・買取業者に依頼する方法などがあります。手続きには必要な書類や持ち物があり、各状況に応じて対応が異なります。廃車手続きの種類もあるため、自分の目的や状況に合わせて適切な方法を選びましょう。

普通車の廃車手続きには費用がかかる場合がありますので、事前に確認しておくことも大切です。また、廃車のメリットやデメリットも考慮し、自分にとって最適な選択をすることをお勧めします。最後に、廃車手続きを行う際は陸運局の指示に従い、正確に手続きを進めてください。

普通車の廃車に関するより詳しい情報は、関連する情報やQ&Aなどを参考にしてください。また、廃車手続きを代行してくれる業者に依頼することも選択肢の一つですので、自分の状況に合わせて最適な方法を選びましょう。

みんなの質問箱

車の廃車が専門の当社には、日々多くの質問が寄せられます。その質問の中から、特に需要が多い質問と専門スタッフによる答えをまとめてあるのが「みんなの質問箱」です。

\クイック廃車!累計対応数4,000台/
フリーダイヤル:0800-919-0048
【電話受付】9:00~24:00 ※年中無休
廃車の見積を依頼して待つ!
\クイック廃車!9:00-24:00 年中無休/