廃車買取査定/引き取り見積もりコチラ!

車のオイル漏れはどう修理する?確認方法や修理費用を解説

車のオイル漏れはどう修理する?

車のエンジンオイル漏れが発生すると起こる症状

車のエンジンオイル漏れが発生すると、いくつかの症状が見られることがあります。最も一般的なのが、車の下に黒い液体が溜まっている場合です。この黒い液体はオイルであり、これが漏れ出している証拠です。また、マフラーから白い煙が出ることもエンジンオイル漏れの症状の一つです。さらに、エンジンのパフォーマンスが低下したり、エンジンから異常な音がすることもあります。

これらの症状を確認した場合、直ちにエンジンオイル漏れを修理する必要があります。エンジンオイル漏れを放置すると、エンジン内の部品が適切に潤滑されなくなり、エンジンが過熱する原因となることがあります。最悪の場合、火災の危険性もありますので、早めに対処することが重要です。

なお、オイル漏れの原因ともなりうる部品の劣化や損傷が見つかった場合は、適切な時期にオイル交換や整備を行うことが大切です。これにより、重大なトラブルを未然に防ぐことが可能です。

故障者の廃車
今すぐ電話で廃車相談
ネットで無料廃車相談

エンジンオイル漏れの確認方法

車のエンジンオイル漏れは火災などの重大なトラブルにつながる可能性があります。そのため、早めの対処が必要となります。ここでは、エンジンオイル漏れの確認方法について詳しく説明します。

1.オイルが漏れている箇所の特定

車の下やエンジンルームをチェックして、どこから液体が漏れているかを確認します。エンジンオイル漏れの場合、車の下に黒い液体が溜まることがあります。これはオイルが漏れ出している可能性が高いです。エンジンルーム内で漏れている場合は、オイルの汚れが付着している箇所を見つけることもできます。

2.漏れてるオイルの色から判別

漏れている液体の種類を確認します。エンジンオイルは通常、黒色や茶色の粘性液体です。もしそのような状態の液体が確認できた場合、エンジンオイルである可能性が高いです。色の判別がし難い場合は、ティッシュペーパーで拭き取ると、色からオイルの種類を判別しやすくなります。その他にも、マフラーから白い煙が出ることもエンジンオイル漏れの兆候です。

3.オイルレベルゲージの目盛りを確認

オイルレベルゲージを使用してオイルの量を確認します。オイルレベルゲージを引き抜き、目盛りを確認することで、エンジンオイルの量が適正範囲にあるかどうかを判断できます。もし目盛りが低い場合は、オイルが漏れている可能性があります。この状態を確認することで、早めにオイル漏れの修理対応ができるようになります。

車のエンジンオイル漏れには2種類ある

車のエンジンオイル漏れには主に2種類の漏れがあり、「内部漏れ」と「外部漏れ」です。この2種類のオイル漏れは、それぞれ異なる原因や症状を持ち、適切な対処が求められます。それでは、次にそれぞれのエンジンオイル漏れについて詳しく見ていきましょう。

内部漏れとは

内部漏れとは、エンジン内部でオイルが正常なルートを外れて漏れてしまう現象を指します。

例えば、シリンダーヘッドガスケットの劣化や破損によりエンジン内部にオイルが混入することがあります。

これにより、マフラーから白い煙が出るなどの症状が現れます。内部漏れはエンジンの性能低下や最悪の場合エンジンの故障を引き起こすため、早急な修理が必要です。

外部漏れとは

外部漏れとは、エンジンの外部にオイルが漏れる現象を指します。

典型的な原因としては、オイルパンやオイルフィルター、ガスケットの劣化などが挙げられます。

外部漏れの場合、車の下に黒い液体が溜まるといった異常が確認できるほか、エンジンルームの各部品を目視でチェックすることでも発見できる場合があります。外部漏れも早めに修理することで、火災の危険やエンジンの損傷を未然に防ぐことができます。

今すぐ電話で廃車相談
ネットで無料廃車相談

車のエンジンオイル漏れが起こる原因

原因1.関連部品の劣化

車のエンジンオイル漏れの原因の一つに、関連部品の劣化があります。エンジン内部には様々な部品があり、それぞれがオイルの漏れを防ぐ役割を果たしています。しかし、これらの部品は長年の使用や走行距離の増加により劣化していきます。特にガスケットやシールなどの部品は、時間と共に硬化やひび割れが進行し、オイルの漏れを引き起こすことがあります。劣化が進むとオイルが漏れ出し、エンジンの効率が低下するだけでなく、重大な故障の原因ともなります。

原因2.事故などによる損傷

もう一つの原因として、事故などによる損傷が挙げられます。車が交通事故に遭遇した場合、エンジンやその周囲の部品が損傷を受けることがあります。このような状態になると、オイルが漏れ出すリスクが高まります。

例えば、エンジンのオイルパンが破損したり、配管がねじれたりすることでオイル漏れが発生します。また、小さな衝突や路面の凹凸による影響でも、初期は目に見えない微妙な損傷が積み重なり、後になってからオイル漏れとして症状が現れる場合もあります。

このように、事故による損傷が疑われる場合は、速やかに日頃から車の整備を頼んでいる販売店や、地域の整備工場にに確認を依頼することが重要です。

車のエンジンオイル漏れに気づいたときの応急処置

車のエンジンオイル漏れは、早急な対処が必要です。オイル漏れを放置すると、重大なトラブルや火災の原因となることがあるからです。急にエンジンオイルの漏れに気づいた場合、いくつかの応急処置を行うことが重要です。

エンジンオイルを補充する

まず、エンジンオイルの漏れを確認したら、速やかにオイルレベルをチェックしましょう。オイルレベルゲージで確認し、必要に応じてエンジンオイルを補充します。オイルが不足すると、エンジンの損傷や故障の原因となるため、適切なレベルを保つことが重要です。

添加剤を試す

一時的な対処法として、オイル漏れ用の添加剤を使用する方法もあります。添加剤はエンジン内部のシールやガスケットの劣化部分を補修し、一時的に漏れを抑える効果があります。ただし、これはあくまで応急処置であり、根本的な修理が必要になるまでの間に使用するものです。

ロードサービスを手配する

自力での対処が難しい場合や、エンジンオイル漏れの原因が不明な場合は、ロードサービスを呼ぶのも一つの方法です。専門の整備士が現場まで駆け付け、応急処置や場合によってはレッカー車で修理工場に運ぶことができます。安心して対応するためにも、ロードサービスの連絡先を常に手元に置いておきましょう。

整備工場に修理を依頼する

最終的には、信頼できる整備工場に修理を依頼しましょう。エンジンオイル漏れの原因を専門的に診断し、必要な部品の交換や修理を行います。エンジンオイル漏れは、そのまま放置しておくと修理費用が高額になるだけでなく、大きなリスクを伴うため、早めの対応が求められます。

今すぐ電話で廃車相談
ネットで無料廃車相談

車のエンジンオイル漏れの修理費用

車のエンジンオイル漏れを修理する際には、内部漏れと外部漏れのどちらに該当するかによって費用が異なります。ここでは、内部漏れの場合と外部漏れの場合の修理費用について詳しく解説します。

内部漏れを修理する場合

内部漏れとは、エンジン内部でオイルが漏れてしまう現象です。この場合、修理は非常に複雑でエンジンの分解が必要になることが多いです。具体的には、ガスケットの交換やオイルシールの交換が主な作業となります。費用は高額になることが多く、一般的には数万円~十数万円ほどかかることがあります。

内部漏れの修理は技術的に難しく、時間もかかるため、早めに専門の整備工場やディーラーで点検と修理を受けることが重要です。

外部漏れを修理する場合

外部漏れとは、エンジンの外側からオイルが漏れている状態を指します。これは、オイルパンやオイルフィルターの接続部から漏れている場合が多いです。外部漏れの修理は比較的簡単で、漏れている部品を確認し、必要な部品を交換することで対応できます。

外部漏れの修理費用は、部品の交換だけで済むことが多いため、数千円~数万円程度で済むことが一般的です。ただし、漏れている場所や状態によっては費用が変わることもありますので、具体的な修理費用は整備工場での見積もりを確認すると良いでしょう。

外部漏れの場合でも、放置すると症状が悪化して内部漏れを引き起こすリスクがありますので、早めの対処が推奨されます。

車のエンジンオイルの漏れを放置するとどうなる?

車のエンジンオイルの漏れを放置すると、さまざまな重大なトラブルに発展する可能性があります。

エンジン故障の原因となる。
まず、エンジンオイルが不足するとエンジン内部の潤滑が不十分になり、摩擦が増えます。その結果、エンジン部品が過熱しやすくなり、エンジン故障の原因となります。

火災の危険性が増す。
エンジンオイル漏れが持続すると、オイルが車の下部に溜まり、マフラーや他の熱い部分に接触した場合、火災の危険性も増加します。これは車の安全に直接影響するため、早急な対策が必要です。

修理費用が高くなる。
エンジンオイルの漏れを長期間放置すると、エンジンの内部部品が損傷することがあります。これにより、修理費用が高くなるリスクが高まります。

例えば、オイル漏れが原因でシリンダーヘッドやガスケットが損傷すると、大規模な修理が必要となります。

最後に、環境への影響も無視できません。オイル漏れが地面に垂れると土壌や水源を汚染し、環境問題を引き起こす可能性があります。適切な整備やオイル交換を行い、車の状態を常に確認することで、これらの問題を未然に防ぐことができます。

今すぐ電話で廃車相談
ネットで無料廃車相談

車のエンジンオイルの漏れを防ぐには「適切な時期にオイル交換」をする

オイル量確認の様子

車のエンジンオイル漏れを防ぐためには、まずは「適切な時期にオイル交換」をすることが非常に重要です。エンジンオイルはエンジンの滑らかな動作を保つための潤滑剤であり、新鮮なオイルを使用することが部品の劣化を防ぐキーとなります。

エンジンオイルの交換が遅れると、オイルの粘度が低下し、潤滑機能が失われるため、エンジン部品が摩耗しやすくなります。結果的に、オイル漏れが発生する原因となることがあります。これは、定期的なオイル交換がエンジンの健康を維持するために不可欠であることを示しています。

適切なオイル交換の時期ですが、一般的には5,000〜10,000キロメートルまたは半年に一度が目安とされています。しかし、車の使用条件や走行環境によっては、これよりも早めに交換することが推奨される場合もあります。

例えば、短距離走行が多い場合や頻繁に高温の環境で車を使用する場合は、より頻繁にオイルを交換する方が良いでしょう。

加えて、オイルレベルゲージを定期的に確認することも大切です。定期的な点検により、オイルの減り具合や状態を把握することができ、早期に異常を発見することができます。

このように、日々の確認と適切なメンテナンスを行うことで、エンジンオイル漏れを未然に防ぐことが可能です。

結局のところ、車のエンジンオイル漏れを防ぐ最も簡単で効果的な方法は、定期的で適切なオイル交換と確認作業を欠かさないことです。これにより、エンジンの寿命を延ばし、不要な修理を避けることができます。

よくある質問と答え

ここでは、車のオイル漏れに関するよくある質問とその答えをまとめました。車 オイル漏れの問題に直面した場合、迅速な対応が求められますが、まずは基本的な疑問点を解消することが大切です。

Q1. 車の下に黒い液体が溜まっているんですが、これがオイル漏れでしょうか?

A1. はい、黒い液体はエンジンオイルの可能性が高いです。車の下に黒い液体が溜まるのは、エンジンオイル漏れの典型的な症状です。この液体がオイルであるかどうかを確認するために、手で触れてみてぬるぬるしているか確認してください。エンジンルームやオイルレベルゲージを点検して、オイルの状態を確認することも必要です。

Q2. エンジンオイル漏れを放置するとどうなりますか?

A2. 車のエンジンオイル漏れを放置すると、火災の危険性やエンジンの故障などが発生することがあります。エンジンオイルはエンジンの潤滑作用を担っており、漏れたままではエンジン内部の部品が適切に潤滑されず、摩耗が進んでしまうためです。最悪の場合、エンジン自体が故障してしまう可能性もあります。

Q3. オイル漏れの修理にはどれくらいの費用がかかりますか?

A3. 車のオイル漏れの修理にかかる費用は、漏れの原因や修理の方法によって異なります。例えば、内部漏れを修理する場合はエンジン内部の部品の交換が必要になることが多く、高額になることが予想されます。一方、外部漏れであれば、ガスケットやシール類の交換のみで済むことが多いため、比較的安価に修理できることがあります。詳細な見積りを依頼業者に確認することが重要です。

Q4. オイル漏れを確認するにはどうしたら良いですか?

A4. 車のオイル漏れを確認する方法としては、車の下をチェックすることが基本です。黒い液体が溜まっている場合はオイル漏れの疑いがあります。また、エンジンルーム内のオイルフィルターやオイルパン周辺も確認ポイントです。さらに、オイルレベルゲージを使用してオイルの量や状態をチェックすることも有効です。簡単に確認できるこれらの方法を定期的に実践することで、早期発見が可能になります。

今すぐ電話で廃車相談
ネットで無料廃車相談

まとめ

車のエンジンオイル漏れは、早急に対処しなければ重大なトラブルの原因となることがあります。オイル漏れが発生すると、車の下に黒い液体が溜まる、マフラーから白い煙が出るなどの症状が見られます。エンジンオイル漏れには内部漏れと外部漏れの2種類があり、それぞれの確認方法や修理方法も異なります。原因としては、関連部品の劣化や事故による損傷が考えられます。

エンジンオイル漏れに気づいたら、まずはエンジンオイルを補充し、必要に応じて添加剤を使用することで応急処置を行います。しかし最終的には、信頼できる修理業者に頼んで修理を依頼することが重要です。内部漏れと外部漏れの修理にはそれぞれ異なる費用がかかりますが、安全走行のためには必要な費用と考えましょう。

エンジンオイル漏れを防ぐためには、適切な時期にオイル交換や定期的なメンテナンスを行うことが不可欠です。定期的な整備で部品の劣化を早期に発見し、事故などの損傷にも迅速に対応することが大切です。車のエンジンオイル漏れが発生した場合、迅速な確認と対応が求められます。安全で快適なドライブを実現するために、日々のメンテナンスを怠らないようにしましょう。

廃車サービス提供エリア

ヒキトリレンジャーでは、関東及び近郊エリアにおいて廃車サービスを提供しています。ご相談・査定・引き取りエリアの選択は、下記、お車を保管している地域名のリンクからお選びください。

東京都神奈川県千葉県
埼玉県茨城県栃木県
群馬県山梨県静岡県

エリア別ページには、査定や引き取りが可能な「市区町村」情報のほか、廃車費用や流れの詳細をご確認いただけます。

\クイック廃車!累計対応数4,000台/
フリーダイヤル:0800-919-0048
【電話受付】9:00~24:00 ※年中無休
廃車の見積を依頼して待つ!
\クイック廃車!9:00-24:00 年中無休/