廃車買取査定/引き取り見積もりコチラ!

ディーラーで廃車手続きをするにはどんな書類が必要ですか?

ディーラーの廃車手続き必要書類、費用、流れ

ディーラーで廃車手続きをするにはどんな書類が必要ですか?

必要な書類一覧

ディーラーで廃車手続きをする際に必要な書類は以下の通りです。

  • 申請書(OCRシート第3号様式の3)
  • 申請書(OCRシート第1号様式)
  • 手数料納付書
  • 自動車検査証(車検証)
  • 印鑑(実印)
  • 印鑑証明書(発行日より3ヶ月以内のもの)
  • ナンバープレート

これらの書類を事前に用意しておくことで、スムーズな手続きができます。また、ディーラーによっては追加で必要な書類がある場合もあるので、事前に確認しておくことをおすすめします。

手続きのステップ

ディーラーに廃車手続きを依頼する場合、以下のステップで手続きを進めることになります。

  1. ディーラーに廃車手続きの問い合わせをする。
  2. ディーラーと引き取りの日程を調整する。
  3. 必要な書類を準備し、車をディーラーに持ち込むか、レッカーや積載車を手配する。
  4. 車と共に必要書類をディーラーに提出する。
  5. ディーラーが車を引き取り、廃車手続きを行う。

ディーラーによって手続きの詳細は異なる場合がありますので、事前に確認しておきましょう。

廃車引き取りならヒキトリレンジャー
今すぐ電話で廃車相談
ネットで無料廃車相談

廃車手続きの費用

ディーラーで廃車手続きを行う場合、手続き費用やその内訳があります。

手続き費用の内訳

廃車手続きの費用は、以下のような項目で構成されています。

  1. 手数料
  2. 解体費用

手数料はディーラーに支払う手続き費用であり、廃車の手続きに関連する書類作成や手配などにかかる費用となります。手数料はディーラーや地域によって異なるため、事前に確認することが重要です。

解体費用は、廃車した車両を解体する際に発生する費用です。解体業者によって費用が異なりますが、車両の大きさや状態によっても変動することがあります。また、解体費用は廃車時に一括で支払うことが一般的です。

還付金について

廃車手続きをする際、車検が残っていれば、自動車税や自賠責保険料の還付金を受け取ることができます。

自動車税は、廃車手続きの翌月から還付されます。還付金額は、納税期間によって異なるため、自動車税納税証明書を提出して精算されます。

自賠責保険料は、廃車月の翌月から還付されます。還付金額は、保険契約の残りの期間や保険会社によって異なるため、保険契約書や解約証明書を提出して精算されます。

ディーラーで廃車手続きを行う場合、手続き費用の内訳や還付金の手続きについて、事前にディーラーに確認することをおすすめします。

廃車手続きに関するよくある疑問と解説

疑問1:ディーラーと自分で手続きをする場合、どちらが良いのか?

廃車手続きをする際、ディーラーに依頼するか、自分で手続きを行うか迷うことがあります。どちらが良いかは、個々の状況によります。

ディーラーに手続きを依頼するメリットとしては、手続きを代行してもらえることが挙げられます。ディーラーは廃車手続きの経験を豊富に持ち、手続きに必要な書類の準備や申請書の作成などを代行してくれます。また、廃車にかかる手間や時間を減らすことができます。

さらに、ディーラーで廃車手続きを行うと、自動車税や自賠責保険料の還付金を受け取ることができます。ディーラーは手続きを行う際に、買い取りという形で、還付金の受け取り手続きも代行してくれます。この還付金は、廃車した車の残存期間に応じて計算されます。

一方、ディーラーに廃車手続きを依頼するデメリットとしては、手数料や廃車費用が発生することがあります。ディーラーによっては高額な手数料を取る場合や、廃車費用が予想以上にかかる場合もあります。また、手続きにかかる時間が長くなることもあります。

自分で手続きを行う場合は、ディーラーよりも手続き費用を抑えられる可能性があります。ただし、手続きの方法や必要な書類などについては自分で調べて準備する必要があります。また、自動車税や自賠責保険料の還付金の手続きも自分で行う必要があります。

結果的に、ディーラーと自分で手続きをする場合、それぞれにメリットとデメリットがあるため、自分の状況に合わせて最適な方法を選ぶことが重要です。

疑問2:廃車手続きの際に解体業者は必要なのか?

廃車手続きをする際、解体業者を利用する必要があるかどうかは、車を所有するオーナーや廃車にする方法によって異なります。

一般的に、車を廃車にする場合、解体業者を利用する必要はありません。廃車手続きをする際には、自動車検査証やナンバープレートなどの書類を提出し、自動車を解体業者に引き渡す必要はありません。

しかし、車を解体業者に引き渡して廃車手続きをする方法もあります。この場合、解体業者が代わりに廃車手続きを行ってくれます。基本、解体業者は廃車手続きは行いませんが、解体業者は廃車手続きの経験があり、手続きに必要な書類や手数料の支払いなどを代行してくれる業者もいます。。ただし、解体業者を利用する場合は、手数料や解体費用が発生することがあります。

廃車手続きにおいて解体業者を利用するかどうかは、車の状態や廃車にする目的によって異なるため、自分の状況に合わせて判断することが重要です。

今すぐ電話で廃車相談
ネットで無料廃車相談

ディーラーで廃車手続きを行うメリット

ディーラーに廃車手続きを依頼するメリットは、複雑な手続きを代行してもらえる点や、自動車税や自賠責保険料の還付金を受け取れる点が挙げられます。廃車手続きは、手続きや書類の準備が必要であり、面倒な作業が求められますが、ディーラーに依頼することで手間を省くことができます。

ディーラーは廃車手続きに関する豊富な経験があり、手続きの流れや必要な書類に詳しいため、正確かつ迅速に手続きを進めてくれます。

また、ディーラーによっては廃車費用が無料である場合もあります。廃車手続きには手数料がかかるため、ディーラーの無料サービスを利用することで負担を減らすことができます。

また、ディーラーに廃車手続きを依頼することで、自動車税や自賠責保険料の還付金を受け取ることができます。廃車した場合、すでに支払った自動車税や自賠責保険料の一部が返金されることがあります。ディーラーはこの手続きを代行してくれるため、自分で手続きをする場合に比べてスムーズに還付金を受け取ることができます。

ただし、ディーラーで廃車手続きをする際には、廃車費用が高額になる可能性がある点や、手続きに時間がかかる場合がある点には注意が必要です。廃車費用はディーラーによって異なるため、複数のディーラーに見積もりを依頼することをおすすめします。

また、ディーラーの混雑具合や手続きの進行状況によっては、廃車手続きが完了するまでに時間がかかる場合があります。 ディーラーで廃車手続きを行うメリットのほかにも、ディーラーによる高価買取の仕組みやディーラー以外での廃車手続き方法についても詳しく解説されていますので、参考にしてみてください。

まとめ

ディーラーで廃車手続きをする場合、以下の書類が必要となります。

  • 申請書(OCRシート第3号様式の3)
  • 申請書(OCRシート第1号様式)
  • 手数料納付書
  • 自動車検査証(車検証)
  • 印鑑(実印)
  • 印鑑証明書(発行日より3ヶ月以内のもの)
  • ナンバープレート

ディーラーで廃車手続きを行うメリットとしては、複雑な手続きを代行してもらえる点や、自動車税や自賠責保険料の還付金を受け取れる点が挙げられます。ただし、廃車費用が高額になる可能性や、手続きにかかる時間が長くなることがデメリットとして考えられます。

他にも、廃車手続きはディーラー以外でも行うことができます。所有する車や廃車にする方法によって手続きが異なるため、自分の状況に合わせた方法を選ぶことが重要です。

みんなの質問箱

車の廃車が専門の当社には、日々多くの質問が寄せられます。その質問の中から、特に需要が多い質問と専門スタッフによる答えをまとめてあるのが「みんなの質問箱」です。

自分で廃車手続きする人はこちら

廃車サービス提供エリア

ヒキトリレンジャーでは、関東及び近郊エリアにおいて廃車サービスを提供しています。ご相談・査定・引き取りエリアの選択は、下記、お車を保管している地域名のリンクからお選びください。

東京都神奈川県千葉県
埼玉県茨城県栃木県
群馬県山梨県静岡県

エリア別ページには、査定や引き取りが可能な「市区町村」情報のほか、廃車費用や流れの詳細をご確認いただけます。

\クイック廃車!累計対応数4,000台/
フリーダイヤル:0800-919-0048
【電話受付】9:00~24:00 ※年中無休
廃車の見積を依頼して待つ!
\クイック廃車!9:00-24:00 年中無休/