廃車買取査定/引き取り見積もりコチラ!

タクシー廃車手続き!法人名義・個人名義の廃車両方を解説

タクシー廃車手続き

タクシーの廃車手続きは、一般の車の廃車手続きと異なる点が多くあります。法人名義や個人名義では手続きの流れや必要書類も変わってきますので、しっかりと理解しておくことが大切です。このガイドでは、タクシーの廃車手続きについて詳しく解説し、必要な書類や手続きの流れ、注意点などをご紹介します。特に、法人名義のタクシーと個人名義のタクシーの廃車手続きの違いについても詳しく触れますので、参考にしてください。

タクシーの廃車について

タクシーに限らず、廃車とは、使用されなくなった車両を正式な手続きを経て登録を抹消することを指します。この手続きが完了すると、その車両は法律的に運行できなくなります。廃車手続きには一時抹消と永久抹消の2種類があります。一時抹消は後で再登録を前提としていますが、永久抹消では車両の再利用は基本的に考慮されません。

タクシー特有の廃車手続き

タクシーの廃車手続きには、一般車両とは異なる特有の手続きが求められます。タクシーは営業車両であり、公道での運行だけでなく乗客の安全や法令遵守など多くの要素が関わっているため、手続きがやや複雑になります。例えば、「タクシー等に関する届出書」の提出が必要です。この書類はタクシー事業を休業または廃業する際の届け出として使われます。

タクシー等に関する届出書

「タクシー等に関する届出書」は、各地域の運輸支局や地方運輸局から入手することができます。通常は運輸支局のウェブサイトからダウンロードも可能です。

この書類には、車両の基本情報や廃車の理由、廃車後の処分方法などを記入する必要があります。また、届出書には運輸支局の記入例が掲載されている場合が多いため、それを参考に正確に記入することが重要です。

都道府県などの自治体によっては、「タクシー廃車届出書」という独自書式をHPに掲載し、車両をタクシー登録から外す場合に提出するよう促しているところもあります。

廃車引き取りならヒキトリレンジャー
今すぐ電話で廃車相談
ネットで無料廃車相談

法人名義のタクシー廃車手続き

法人名義のタクシー廃車手続きの流れ

法人名義のタクシーを廃車にする際は、一般の車両に比べていくつか特有の手続きが必要です。まず、廃車手続きの流れを把握しておくことが重要です。最初に行うべきは、使用停止届けの提出です。続いて、自動車検査証を返却し、ナンバープレートも返却します。最後に所有権を廃止する手続きを行います。

法人名義のタクシー廃車手続きの必要書類

法人名義のタクシー廃車手続きには、いくつかの書類が必要となります。具体的には、自動車検査証ナンバープレートタクシー営業許可証法人印保険証書リサイクル券が必要です。また、法人代表者の身分証明書も必要になる場合があります。必要書類は不備がないようにしっかりと確認してください。

法人名義のタクシー廃車時の注意点とポイント

法人名義のタクシー廃車手続きにおける注意点として、まず手続きの期限に注意することが挙げられます。特にタクシー業務を廃止する場合は、速やかに手続きを行わないと余計な費用が発生する可能性があります。次に、タクシー特有の届け出に抜かりがないよう注意することです。「タクシー等に関する届出書」は特に重要で、入手先や提出先を事前に確認しておくとスムーズです。また、廃車手続き後の車両の処分方法についても考慮しておくと良いでしょう。

個人名義のタクシー廃車手続き

個人名義のタクシー廃車手続きの流れ

個人名義のタクシーを廃車にする際の手続きは、いくつかのステップに分かれます。まず最初に、自動車検査証の返納手続きを行います。次に、陸運局で必要な書類を提出し、車両の登録を抹消します。さらに、ナンバープレートを返却し、税務署で自動車税の申告を行います。これらの手続きが終了すると、実際の廃車処理が始まります。

個人名義のタクシー廃車手続きの必要書類

個人名義のタクシー廃車手続きには、以下の書類が必要です。まず、自動車検査証(車検証)が必要です。次に、廃車申請書譲渡証明書(廃車業者に依頼する場合)、ナンバープレート返却証明書印鑑証明書などが必要です。さらに、タクシー運行に関する届出書も必要です。この書類は、管轄運輸支局から入手できます。

個人名義のタクシー廃車時の注意点とポイント

個人名義のタクシーを廃車にする際には、いくつかの注意点があります。特に、必要な書類を漏れなく準備し、不備がないようにすることが重要です。また、車検証やナンバープレートの返却期限を守ることも大切です。さらに、廃車手続きを行う際には、信頼できる廃車業者を選ぶことがポイントです。

今すぐ電話で廃車相談
ネットで無料廃車相談

タクシー廃車手続き後の対応

廃車車両の処分方法

タクシーを廃車にした後、その車両の処分方法についていくつかの選択肢があります。一般的には、解体業者に依頼して車を解体してもらう方法があります。

解体業者は適切に車を分解し、再利用可能な部品や素材を取り出してリサイクルします。また、廃車手続きを行った後に廃車買取業者に売却することも選択肢のひとつです。この場合、廃車手続き後の手間が省け、幾らかの収入を得ることができます。

タクシー特有の設備が搭載されている場合でも、専門の業者が対応できるので心配いりません。

手続き後の税金・保険の取り扱い

タクシーの廃車手続きが完了した後は、税金や保険の取り扱いも重要です。まず自動車税ですが、廃車手続きを行った日付により、すでに支払った税金の一部が返還される場合があります。

そのため、廃車手続きが完了したらすぐに管轄の税務署に連絡し、手続きを進めることが大切です。また、車検残がある場合には自賠責保険の返還手続きも必要です。

保険会社に廃車の事実を連絡し、手続きを行うことで未使用分の保険料が戻ってきます。加えて、任意保険にも加入されている場合は、早急に保険会社に連絡し、解約ないしは乗り換えの手続きを行いましょう。正しい手続きを迅速に行うことで、無駄な費用をかけずに済みます。

よくある質問と答え

Q.タクシーと一般車の廃車手続きの違いは?

タクシーと一般車の廃車手続きにはいくつかの違いがあります。タクシー廃車手続きには、通常の「登録抹消申請書」に加えて、特別な「タクシー等に関する届出書」が必要です。これはタクシー運行に関する情報を管理するためで、この書類を適切に提出しないと廃車手続きが完了しません。また、タクシーには独自のナンバープレートが使用されており、その返却も必要です。

Q.ガス燃料車なのですが解体は依頼できますか?

はい、ガス燃料車の解体も依頼可能です。ただし、ガス燃料車は特殊な設備を持つ解体業者が対応する必要があります。ガスボンベの安全な取り外しが必要で、安全管理が重要です。解体を依頼する際には、ガス燃料車の解体に対応している業者を選ぶようにしましょう。

Q.廃業するのですが廃車はいつまでにすればいいでしょうか?

事業者としての廃業に伴うタクシーの廃車は、できるだけ早めに行うことが推奨されます。具体的な期限は法律で定められていませんが、事業終了後速やかに廃車手続きを行わないと、税金や保険などのコストが発生し続ける可能性があります。廃業と同時に廃車手続きを開始し、必要な書類を揃えて速やかに手続きを完了させるよう心がけましょう。

今すぐ電話で廃車相談
ネットで無料廃車相談

まとめ

タクシーの廃車手続きには、法人名義と個人名義の違いによる特有の手続きや必要書類が存在します。それぞれの手続きの流れを理解し、適切な書類を準備することが重要です。また、廃車手続き後の税金や保険の取り扱い、廃車車両の処分方法についてもしっかりと確認しておきましょう。タクシーの廃車手続きは慎重に進めることで、後のトラブルや無駄な費用を避けることができます。

廃車サービス提供エリア

ヒキトリレンジャーでは、関東及び近郊エリアにおいて廃車サービスを提供しています。ご相談・査定・引き取りエリアの選択は、下記、お車を保管している地域名のリンクからお選びください。

東京都神奈川県千葉県
埼玉県茨城県栃木県
群馬県山梨県静岡県

エリア別ページには、査定や引き取りが可能な「市区町村」情報のほか、廃車費用や流れの詳細をご確認いただけます。

\クイック廃車!累計対応数4,000台/
フリーダイヤル:0800-919-0048
【電話受付】9:00~24:00 ※年中無休
廃車の見積を依頼して待つ!
\クイック廃車!9:00-24:00 年中無休/