廃車買取査定/引き取り見積もりコチラ!

エンジンブローの修理費用は?保険が適用される条件も解説

エンジンブローの修理費用

エンジンブローの修理費用はいくら?という人のために、「部品&消耗品交換」「オーバーホール」「エンジン載せ換え」の修理費用、載せ換えの場合に選べるエンジンの種類を解説。費用の自己負担を避けるための「保険が適用される条件」も掲載しているので、エンジンブローしてお困りの方は修理を選択する際の参考にしてみてください。

エンジンブローの修理費用

エンジンブローが発生した場合、その修理には大きく分けて「部品&消耗品交換」、「オーバーホール」、「エンジン載せ換え」の3つの修理段階があります。それぞれの修理内容と費用の目安について解説します。

部品&消耗品交換の場合

軽微な修理の場合、エンジンの一部の部品交換や清掃などが行われます。例えば、オイル漏れの修理や軽度な部品の交換などが該当します。このような修理は比較的短期間で完了し、費用は数万円~十数万円程度が目安です。

オーバーホールの場合

中程度の修理では、エンジンの主要な部品の交換や一部オーバーホールが必要です。例えば、ピストンやシリンダーヘッドの交換、冷却水漏れの修理などが含まれます。この程度の修理になると、工賃や部品代もかさみ、費用は20万円~50万円程度かかることがあります。また、修理期間も数週間程度に及ぶことが一般的です。

エンジン載せ替えの場合

エンジン載せ替えのような重度の修理が必要な場合の費用について解説します。このレベルの修理は非常に高額で、軽自動車なら20万円程度~普通車なら50万円程度~大型車などの場合は100万円を超えることもあります。車の年式や車種によって、すぐに交換用のエンジンが手に入らない場合があり、修理期間は数週間~数ヶ月に及ぶことがあります。

載せ替えるエンジンの種類

  • リビルト品のエンジン
    消耗部品などを交換した再生品で価格も安い傾向。自動車修理では最もポピュラーなエンジン載せ替え方法です。
  • 中古車のエンジン
    エンジンブローした車のエンジンと同型式のエンジンを中古車から移植する方法。エンジン価格は安くなるが取り外し工賃とのバランスをみて判断。
  • 新品のエンジン
    カーディーラーなどを通じて発注する新品のエンジンは最も安心。ただし費用は高くなる傾向があります。

このように、エンジンブローの修理費用は車種や故障の原因、修理内容によって大きく異なります。修理が必要になる前兆や症状を早めに察知し、適切なメンテナンスを行うことで、修理費用を抑えることが重要です。

引取り責任者

近年、日本車人気により、スポーツカーや軽トラのエンジン価格が高騰。需要に対して共有が追いつかないような車種もあります。そのため、高額な修理費用が発生し、車を廃車買取や引き取り依頼する人が増えている状況があることもお知らせしておきます。

故障者の廃車
今すぐ電話で廃車相談
ネットで無料廃車相談

エンジンブローで車両保険は適用されるのか?

エンジンブローが発生した場合でも、車両保険が適用されるかどうかは保険会社や契約内容によって異なります。一般に、エンジンブローの原因が交通事故や自然災害といった外部要因であれば、保険適用の可能性があります。

しかし、エンジンオイルの不足や劣化、メンテナンス不良が原因でエンジンが壊れた場合には、保険適用が難しいことが多いです。

そのため、契約時にはエンジンブローへの対応について確認しておくことが重要です。また、一部の保険会社では特約を通じてエンジンブローの修理費用をカバーする場合もあるので、必要に応じて相談してみてください。

エンジンブローの修理費用を抑える方法

部品の交換と修理のバランス

エンジンブローの修理費用を抑えるためには、部品の交換と修理のバランスを考慮することが重要です。エンジンの一部が故障している場合、交換が最も効果的なことがありますが、すべての部品を交換する必要はありません。

例えば、エンジンオイルが原因であれば、オイル交換やオイルフィルターの交換で済むことが多いです。また、エンジン内部の一部の部品が損傷している場合は、その部分のみを修理するだけで済むケースもあります。

部品の交換や修理にはそれぞれの費用がかかりますが、必要最低限の交換や修理を選ぶことで全体の費用を抑えることができます。そのためには、エンジンの状態を詳しく診断し、どの部分が本当に交換や修理が必要なのかを確認することが大切です。実際の作業に入る前に、自動車修理業者に詳細な見積もりを依頼し、費用の目安を把握しておくと良いでしょう。

実績のある修理業者の選び方

エンジンブローの修理費用を抑えるもう一つの方法は、実績のある自動車修理業者を選ぶことです。修理業者の選び方次第で、同じ修理内容でも費用や工賃が大きく異なることがあります。信頼と実績のある業者は、効率的に修理を行い、不要な部品の交換を避けることで費用を抑えることが得意です。

自動車修理業者を選ぶ際には、インターネット上のレビューや口コミを参考にすることが有効です。また、友人や知人からの紹介も信頼性の高い情報となります。さらに、過去の修理実績やエンジンについて高い知識をスタッフがいるかどうかも確認すると良いでしょう。

複数の修理業者から見積もりを取り、費用や対応の比較を行うと、最適な修理業者を選ぶ手助けとなります。なお、低価格を重視するあまり、品質の低い修理を選ぶと長期的なコストが増える可能性があるため、バランスを見極めることが大切です。

今すぐ電話で廃車相談
ネットで無料廃車相談

エンジンブローを防ぐための予防策

日々のメンテナンス

エンジンブローを防ぐためには、日々のメンテナンスが非常に重要です。まず、エンジンオイルの状態を定期的にチェックし、不足や劣化を防ぐことが最も基本的な対策です。エンジンオイルが不足すると内部の摩擦が増え、故障の原因となることがあります。エンジンオイルの交換は、メーカーの推奨する周期に従い、忘れずに行うよう心がけましょう。

また、オーバーホールも有効な手段です。エンジン内部の部品交換や清掃を行うことで、エンジンの寿命を延ばすことができます。オーバーホールの費用は数万円から数十万円になる場合もあり、車の状態や年式に応じて適切なスケジュールで実施すると良いでしょう。他にも、エアフィルターやプラグなどの部品も定期的に点検と交換を行うことで、エンジンブローを防止することができます。

注意すべき走行状況や環境

エンジンブローを防ぐためには、走行状況や環境にも注意を払う必要があります。例えば、長時間高回転で走行することや、急加速・急減速を繰り返すとエンジンに大きな負担がかかり、トラブルの原因になります。これらの状況を避けることで、エンジンの寿命を延ばすことができます。

また、外気温や湿度などの環境要因もエンジンの健康に影響を与えます。特に、極端に高温または低温の環境では、エンジンが正常に機能しづらくなるため、注意が必要です。例えば、夏場の高温時にはエンジンのオーバーヒートを防ぐために、冷却系統のチェックを怠らないようにしましょう。これにより、エンジンブローの原因となる条件を未然に防ぐことができます。

以上のような日々のメンテナンスと適切な走行状況を保つことで、エンジンブローのリスクを大幅に減らすことが可能です。エンジン修理の費用や時間を節約するためにも、定期的な点検と予防策を取り入れて、安心してドライブを楽しみましょう。

まとめ

このように、エンジンブローの原因や前兆を把握し、適切な予防策を講じることが重要です。エンジンブローの修理費用や修理内容については、故障の程度や車種によって異なるため、費用の目安や工賃の違いを理解しておきましょう。

修理費用を抑える方法として、部品の交換と修理のバランスを考えることや、実績のある修理業者を選ぶことが有効です。

また、車両保険が適用される場合や適用が難しいケースについても確認が必要です。日々のメンテナンスや注意すべき走行環境に配慮することで、エンジンブローを未然に防ぐことが可能なので、繰り返さないよう車を運転する人に情報共有しておきましょう。

廃車サービス提供エリア

ヒキトリレンジャーでは、関東及び近郊エリアにおいて廃車サービスを提供しています。ご相談・査定・引き取りエリアの選択は、下記、お車を保管している地域名のリンクからお選びください。

東京都神奈川県千葉県
埼玉県茨城県栃木県
群馬県山梨県静岡県

エリア別ページには、査定や引き取りが可能な「市区町村」情報のほか、廃車費用や流れの詳細をご確認いただけます。

\クイック廃車!累計対応数4,000台/
フリーダイヤル:0800-919-0048
【電話受付】9:00~24:00 ※年中無休
廃車の見積を依頼して待つ!
\クイック廃車!9:00-24:00 年中無休/