廃車買取査定/引き取り見積もりコチラ!

ミッションブローする原因は?修理と載せ替えの判断と費用相場

ミッションブローする原因は?

ミッションブローとは?

ミッションブローとは、車のトランスミッションに異常が発生し、スムーズに走行できなくなるトラブルを指します。この故障はギアチェンジが上手くいかない、運転が困難になるなどの症状を伴います。ミッションブローによりメインシャフトやカウンターシャフトの交換が必要なこともあります。ミッションブローは高額な修理費用がかかることが多いため、早急に対処することが重要です。

クラッチブローとミッションブローの関係

クラッチブローとミッションブローは関連がありますが、異なるトラブルです。クラッチブローは、クラッチ板やクラッチシステムの一部が壊れることを指し、特にマニュアル車で多く見られます。クラッチ板が摩耗すると、ギアチェンジがスムーズに行えなくなることが原因でミッションブローに発展することがあります。

一方、ミッションブローはトランスミッション自体、特に内部のギアやシャフトに問題が発生することを指します。ギアが噛み合わない、シャフトの摩耗や破損などが具体的な故障原因です。クラッチブローが発生した際に早急に修理を行わないと、やがてトランスミッション全体にダメージが拡大し、ミッションブローに至る可能性があります。

ミッションブローだと思っていても、クラッチもブロー状態になっている場合もあるので、可能性を排除せず、プロの整備士がいる店舗で見てもらってください。

故障者の廃車
今すぐ電話で廃車相談
ネットで無料廃車相談

ミッションブローが起こる原因

ミッションブローは、車のトランスミッションに起こる重大な故障で、車の走行性能に大きな影響を与えるトラブルです。ミッションブローの原因は、乗っている車がマニュアル車かオートマチック車かによって異なります。本章では、それぞれのタイプにおけるミッションブローの主な原因について詳しく解説します。

マニュアル車の場合

マニュアル車でミッションブローが起こる主な原因は以下の通りです。

  • 強引なギアチェンジ
    無理にギアチェンジを行うと、ギアやシンクロナイザーが損傷し、ミッションブローを引き起こすことがあります。特に高い回転数でシフトダウンを強引に行うことは避けるべきです。
  • クラッチ板の摩耗
    クラッチ板が摩耗すると、ギアチェンジがスムーズに行えなくなり、ギアがズレたりクラッチが正しく連動しなくなります。この結果として、ミッションに過剰な負荷がかかり、故障が起こることがあります。
  • 部品の経年劣化
    トランスミッションの内部部品は長期間の使用によって劣化します。経年劣化は避けられない要因であり、適切なメンテナンスを怠るとミッションブローのリスクが高まります。

オートマ車の場合(解説付きの原因一覧)

オートマチック車でミッションブローが起こる主な原因は以下の通りです。

  • ATF(オートマチックトランスミッションフルード)の劣化
    ATFはトランスミッションの動作をスムーズにするための重要な液体です。劣化したATFを使い続けると、ギアの摩擦が増え、適切なギアチェンジができなくなり、最終的にはミッションブローが発生することがあります。
  • 高温によるオーバーヒート
    トランスミッションは高温になりやすく、冷却が不十分だとオーバーヒートを引き起こします。オーバーヒートはミッションの様々な部品に過度の負担をかけ、故障の原因となります。
  • 電気系統の不具合
    オートマ車は多くの電気部品によって制御されています。センサーやアクチュエータの不具合はギアの操作に悪影響を与え、最終的にミッションブローを招くことがあります。

部品交換修理とミッション載せ替えの判断基準

ミッションブローが起こった場合、修理方法としては「部品交換修理」と「ミッション載せ替え」の2つの選択肢があります。それぞれの修理方法にはメリットとデメリットが存在し、適切な判断をするためにはいくつかの基準を考慮することが重要です。

ここでは、どのような状況で部品の修理が可能か、またミッション載せ替えが必要とされる条件について詳しく解説します。

部品の修理でOKと判断できる基準

部品の修理で対応できる場合には、以下のような基準が当てはまります。

  • ギアの摩耗が軽度な場合
    ギアの摩耗が軽微であり、部品単位での交換が可能な場合には、全体のミッションを載せ替える必要はありません。例えば、クラッチプレートの摩耗や特定のベアリングの劣化であれば、修理で済むことが一般的です。
  • 経年劣化による不具合
    時間の経過とともに部品が劣化することは避けられません。こうした自然な部品の老朽化であれば、対応するパーツを交換することで再び正常に機能することが期待できます。
  • 特定の不具合が明確な場合
    問題が局所的で、他の部分には影響がないと明らかになった場合も部品交換修理が適しています。例えば、特定のギアが入りにくいという症状が出ている場合、そのギアと関連する部品の交換で解決することができます。

以上の基準に該当する場合は、部品の修理が適切な選択肢となり、大幅なコスト削減につながります。

ミッション載せ替えが必要と判断される状況

一方で、次のような状況ではミッション全体の載せ替えが推奨されます。

  • 重大な内部損傷
    内部のメインシャフトやカウンターシャフトなど、ミッションの中核部品に重大な損傷が認められる場合、そのまま使用を続けることは危険です。このような場合は、ミッション全体の交換が必要となります。
  • 多岐にわたる部品の損傷
    複数の部品に故障や損傷が認められる場合、一部だけを修理しても他の部分が順次問題を起こす可能性があります。こうした場合には、ミッションをまるごと載せ替える方が信頼性が高くなります。
  • 修理費用と載せ替え費用が近い場合
    部品交換修理を行うためのコストが高額になる場合、総合的な費用効率を考えるとミッションの載せ替えの方が経済的な選択となることがあります。

このように、ミッションブローが発生した際の修理方法を選択する際は、具体的な損傷内容と費用対効果をしっかりと評価することが重要です。

今すぐ電話で廃車相談
ネットで無料廃車相談

ミッションブローの修理方法

ミッションブローの修理方法は、その原因によって異なりますが、基本的には故障した部品の交換が主となります。

マニュアル車では、クラッチやギアに問題が生じることが多く、これらの部品の修理や交換が必要です。

オートマチック車では、ATF(オートマチックトランスミッションフルード)の劣化や漏れが原因となることが多く、この場合はフルードの交換や、トルクコンバーターやバルブボディの修理が求められます。

ミッションブローの修理作業は高度な技術と専門知識が必要です。そのため、専門の自動車修理工場での修理が推奨されます。また、修理には時間がかかることがあり、作業が終わるまでの間、代車の利用を検討することも一つの方法です。

ミッションブロー修理の費用相場

ミッションブローが発生した場合、その修理費用は高額になることが多いです。ミッションブローは車の重要な部分に故障が生じるため、修理には専門的な知識と技術が必要です。このセクションでは、ミッションブローの修理にかかる費用の相場や、ミッション載せ替えが必要な場合の費用について詳しく解説します。

ミッションブローの修理にかかる費用

ミッションブローが発生した場合、その修理費用は20万円以上となることが一般的です。具体的な費用は車種や故障の程度によって異なりますが、以下のような要素が費用に影響を与えます。

  • 修理する部品の種類と数量
  • 車の年式とモデル
  • 修理を行う業者の技術料

例えば、メインシャフトやカウンターシャフトなどの主要部品の交換が必要な場合、その費用はさらに高額になります。専門の修理業者に依頼することで、適切な診断と修理が行われますが、それでも高額な費用がかかることを覚悟しておく必要があります。

ミッション載せ替えが必要な場合の費用

ミッションブローによる損傷の範囲が広く、部品交換では対処できない場合、ミッション自体の載せ替えが必要になることがあります。この場合の費用はさらに高額になり、30万円以上かかることも珍しくありません

ミッションの載せ替えが必要となる状況とは、以下のようなケースが挙げられます。

  • ギア全体が壊れてしまっている場合
  • 複数の部品の故障が重なっている場合
  • 車の年式が古く、部品の供給が困難な場合

このような状況では、ミッションの修理費用とミッション載せ替えの費用を比較して、どちらが経済的かを判断することが重要です。いずれの場合でも、信頼できるサービスプロバイダーに相談して、最適な対策を講じるようにしましょう。

今すぐ電話で廃車相談
ネットで無料廃車相談

修理費用を安く抑えるコツ

ミッションブローが車に発生した場合、修理費用が高額になることが多いです。しかし、いくつかの方法を活用することで、修理費用を安く抑えることが可能です。以下では、「リビルト品を使って安く抑える方法」や「定期的なメンテナンス」の重要性について詳述します。

リビルト品を使って安く抑える方法

リビルト品とは、一度使用された部品を専門の技術者が分解し、必要な部分を修理・交換して再び使用可能な状態にしたものです。リビルト品を活用することで、新品同様の性能を持ちつつ、コストを大幅に削減できます。特にトランスミッションやクラッチの部品はリビルト品で賄うことができ、ミッションブローの修理費用を安く抑える効果的な方法と言えます。

例えば、ミッションブローの原因となるギアやメインシャフト、カウンターシャフトのリビルト品は、新品よりも約30%程度安く手に入れることが可能です。信頼性の高いリビルト品は、新品と同等の保証がついていることが多いため、費用対効果に優れています。

定期的なメンテナンス

ミッションブローを未然に防ぎ、修理費用を抑えるためには、日常的なメンテナンスが不可欠です。特に、トランスミッションフルード(ATF)やクラッチオイルの定期交換は重要です。オイルの劣化は、部品の摩耗や故障の原因となり、ミッションブローを引き起こす可能性が高くなります。

目安として、オートマ車では30,000〜50,000km走行ごとにATFの交換を行うと良いでしょう。また、マニュアル車についても50,000〜70,000kmごとにクラッチオイルのチェックや交換をすることをお勧めします。これらのメンテナンスを通じて、ミッションブローの予防ができ、結果として長期的に修理費用を抑えることができます。

定期的なメンテナンスを行うことで、部品の寿命を延ばし、車全体のパフォーマンスも向上します。早期のトラブル発見ができれば、修理費用を大幅に削減することが可能となるのです。

古い車なら修理しないほうがコスパがいい

ミッションブローが発生した際、特に古い車に関しては修理するかどうか悩むことがあります。ミッションブローが起こる原因には経年劣化が含まれており、古い車の場合、その頻度が高まることが予想されます。また、修理や交換にかかる費用も高額になります。部品の交換やクラッチ・ギア修理にはそれぞれ高いコストが伴い、全体の修理費用が20万円以上になることが一般的です。

古い車の場合、同じような故障リスクが他の部品にも及んでいることが多く、ミッション修理を行ったとしても再度トラブルが発生する可能性が高いのです。そのため、一度の修理で済まないケースも少なくありません。これに伴う修理費用の累積は非常に大きな負担となります。

また、古い車は買取価格が低い場合が多く、修理に多額の費用を投じてもその後のリターンが期待できない可能性があります。このようなことから、古い車については、修理よりも新しい車への乗り換えを検討する方がコストパフォーマンスが良いケースが多いのです。特に、トランスミッションの故障が頻発している場合は、より信頼性の高い新しい車への投資が長期的には得策と言えるでしょう。

もちろん、車に対する愛着や特別な価値観がある場合もあるかと思います。その場合は、ミッションブロー以外に問題がないことを確認し、適切にメンテナンスを施して、可能な限り安全に走行できるよう努めることが重要です。車の状態と今後の使用計画をよく考慮し、最適な判断をすることが求められます。

今すぐ電話で廃車相談
ネットで無料廃車相談

よくある質問と答え

Q.ミッションの寿命はどのくらいですか?(MT/ATそれぞれ解説)

MT(マニュアルトランスミッション)とAT(オートマチックトランスミッション)の寿命は使用条件やメンテナンス状況によって異なります。一般的には、マニュアル車のミッションは約100,000km〜200,000kmの走行距離に達するまで持つことが多いです。一方、オートマ車では80,000km〜150,000km程度が寿命の目安となります。ただし、定期的なメンテナンスやオイル交換をきちんと行えば、さらに長持ちすることもあります。

Q.オートマが滑った時の症状は?

オートマ車のミッションが滑り始めると、特定の症状が現れます。まず、エンジンの回転数が上昇しているにも関わらず、加速が鈍いという状態が発生します。また、シフトチェンジ時に異常な衝撃を感じることもあります。さらに、ギアチェンジがスムーズに行われず、車が振動する場合もあります。これらの症状が見られた場合、ミッション故障の可能性があるため、早急に点検を受けることが重要です。

Q.ミッションが壊れたらどうなる?

ミッションが壊れると、車の走行が非常に不安定になり、最悪の場合、走行不能になります。具体的には、ギアシフトができなくなり、一つのギアに固定される、もしくはニュートラル状態から動かなくなることが考えられます。また、壊れたミッションは異音を発することが多く、金属が擦れるような音やガラガラ音が聞こえることがあります。このような状態では安全に運転することが難しく、早急に修理が必要です。

Q.エンジンブローを防ぐ方法はありますか?

エンジンブローを防ぐためには、定期的なメンテナンスが不可欠です。まず、エンジンオイルを適切なタイミングで交換することが重要です。また、冷却システムの点検と冷却材の補充を定期的に行い、エンジンの過熱を防ぐ必要があります。さらに、異常なエンジン音や振動がある場合は、早めに専門家に診てもらうことが推奨されます。また、無理な加速や過剰な負荷を避けることで、エンジンの寿命を延ばすことができます。

まとめ

いかがでしたか。

ミッションブローした車を眼前に置くと、誰だって頭を抱えてしまうものです。また、ミッションの場合は、車体の下に配置されていることから、目で確認することが出来ず、車の壊れ具合がわからないので不安になるでしょう。

特に、修理費用が高額となりますので、経済的理由で廃車する人は少なくありません。

いま、まさにミッションブローのトラブルに悩んでいるなら、売却した場合と修理した場合の費用を比べるため買取業者の査定を受けてみるのも一つの手段です。

損せず、最良の選択ができるよう、少しでも本記事がお役立ちできれば幸いです。

廃車サービス提供エリア

ヒキトリレンジャーでは、関東及び近郊エリアにおいて廃車サービスを提供しています。ご相談・査定・引き取りエリアの選択は、下記、お車を保管している地域名のリンクからお選びください。

東京都神奈川県千葉県
埼玉県茨城県栃木県
群馬県山梨県静岡県

エリア別ページには、査定や引き取りが可能な「市区町村」情報のほか、廃車費用や流れの詳細をご確認いただけます。

\クイック廃車!累計対応数4,000台/
フリーダイヤル:0800-919-0048
【電話受付】9:00~24:00 ※年中無休
廃車の見積を依頼して待つ!
\クイック廃車!9:00-24:00 年中無休/