廃車買取査定/引き取り見積もりコチラ!

車のエンジン焼き付き修理費用の相場!故障箇所ごとの修理代を解説

車のエンジン焼き付きの修理費用

車のエンジンが焼け付いた場合の修理費用の相場を故障箇所ごとに解説。焼け付きが発生した場合の原因、故障の程度により異なる修理費用、今後へ向けた予防策までわかりやすく説明しています。どう対処するかお困りの方は参考にしてみてください。

エンジン焼き付きの原因とは

エンジン焼き付きは、車のエンジンが重大な故障を起こす状態を指します。この状態になるとエンジンそのものがダメになり、修理費用が高額になることが多いです。ここでは、エンジン焼き付きの主な原因について解説します。

オーバーヒートによるエンジン焼き付き

エンジンがオーバーヒートすることで、エンジン焼き付きが発生する場合があります。オーバーヒートとは、エンジンの冷却機能が正常に働かず、エンジンの温度が過度に上昇する状態を指します。

オーバーヒートの主な原因

  • 冷却システムの不具合
  • クーラントの不足
  • ラジエーターの故障

オーバーヒートが発生すると、エンジン内部の各部品が高温で膨張し、摩擦や歪みが増加します。そのため、ピストンやシリンダーが固着しエンジンが焼き付くことがあります。早期に対処しないと、エンジン全体がダメになり修理費用が非常に高額になる可能性があります。

オイル不足によるエンジン焼き付き

エンジンオイルの不足も、エンジン焼き付きの大きな原因となります。エンジンオイルはエンジン内部の潤滑作用を担っており、エンジンの摩擦を減少させる重要な要素です。オイルが不足すると、この潤滑作用が低下し、エンジン内部の金属部品が直接接触して摩耗や焼き付きが発生します。

オイル不足の主な原因

  • 定期的なオイル交換の未実施
  • オイル漏れ
  • オイルフィルターの詰まり

オイルの不足や劣化は頻繁にチェックしないと気づきにくいことがあります。そのため、定期的にオイル交換や点検を行い、エンジンの状態を正常に保つことが必要です。エンジン焼き付きは、エンジンそのものが使えなくなるため、修理費用が高額となる場合が多いです。事前のメンテナンスで回避することが最善策です。

故障者の廃車
今すぐ電話で廃車相談
ネットで無料廃車相談

エンジン焼き付きの修理費用の相場

エンジン焼き付きはエンジンそのものに重大な故障を引き起こす可能性があり、修理費用も高額になることがあります。エンジン焼き付きの修理費用の相場は、故障の軽度・重度、部品の交換の有無などで大きく変わります。ここでは、エンジン焼き付きの修理費用の相場を具体的に紹介し、どの程度の費用がかかるのかを解説します。

軽度のエンジン焼き付きの修理費用

軽度のエンジン焼き付きの場合、エンジンの一部の部品がダメージを受けていることが多いです。この場合、部品交換や修理のみで対応できることが多く、修理費用も比較的安価です。

  • ラジエーターの修理:1万円~3万円
  • ピストンリングの交換:2万円~5万円
  • オイルポンプの修理:3万円~6万円

これらの修理は専門の整備工場で行うべきですが、修理が早ければ早いほどコストを抑えることができます。専門家によると、定期的なメンテナンスや異常兆候を早期に発見して修理することで、大きなトラブルを未然に防ぐことが可能です。

重度のエンジン焼き付きの修理費用

重度のエンジン焼き付きでは、エンジン内部の複数の部品が深刻なダメージを受けていることが多いです。この場合、修理にかかる費用も高額になります。

  • シリンダーヘッドの修理:5万円~10万円
  • クランクシャフトの交換:10万円~20万円
  • カムシャフトの修理:5万円~15万円

重度の故障では、部品全体の交換が必要になることが多く、整備の時間もかかります。現場での傾向として、重度のトラブルは迅速に対応しなければ他の部品への影響も大きくなるため、費用はさらに上昇するリスクがあります。

エンジン交換が必要な場合の費用

エンジン焼き付きが進行してしまいエンジン全体が回復不能な状態の場合には、エンジンの交換が必要になります。この場合、修理費用は非常に高額です。

  • エンジン交換:20万円~50万円以上
  • 中古エンジンの載せ替え:15万円~30万円
  • リビルドエンジンの交換:25万円~40万円

エンジン交換が必要な場合、費用は数十万円に及ぶことが一般的です。専門家の見解として、エンジン交換を避けるためには定期的なオイル交換や冷却系統のメンテナンスが極めて重要であるとされています。また、エンジン焼き付きの兆候を見逃さないことが重大な修理を避けるための鍵となります。

エンジン焼き付き故障箇所ごとの修理代

エンジン焼き付きが発生した場合、その修理費用は故障箇所や故障の状態によって異なります。ここではラジエーター、ピストン・シリンダー、オイルポンプの修理費用について、それぞれの解説と専門家の見解を交えて詳しくお伝えします。車のエンジン焼き付きが発生したとき、どの部分にどのくらいの費用がかかるのかを理解しておくことは、予算計画にも役立ちます。

ラジエーターの修理費用

ラジエーターはエンジンの冷却を担当する非常に重要な部位です。エンジン焼き付き時にラジエーターが故障した場合、修理費用は以下のようになります。

  • ラジエーターの修理: 2万円~5万円程度
  • ラジエーターの交換: 5万円~10万円程度

ラジエーターの故障はエンジン焼き付きの原因の一つになるため、冷却システムの定期的なメンテナンスが非常に重要です。現場の傾向としては、ラジエーターの早期発見と修理がエンジン焼き付き防止に役立つという意見が多いです。

ピストン・シリンダーの修理費用

ピストン・シリンダーはエンジンの心臓部であり、エンジン焼き付きが発生すると損傷しやすい部品です。修理費用は次の通りです。

  • ピストンの修理: 5万円~15万円程度
  • シリンダーの修理: 10万円~20万円程度
  • ピストン・シリンダーのセットでの交換: 20万円~50万円程度

専門家の見解では、ピストンとシリンダーの摩耗や損傷はエンジン焼き付きの直接的な結果であることが多く、定期的なオイル交換や適切なエンジンメンテナンスがその防止に不可欠だとされています。

オイルポンプの修理費用

オイルポンプはエンジンオイルをエンジン内部に循環させる重要な部品です。オイルポンプの故障によるエンジン焼き付きの場合、修理費用は以下の通りです。

  • オイルポンプの修理: 3万円~7万円程度
  • オイルポンプの交換: 7万円~15万円程度

現場での傾向ではオイルポンプの故障はエンジン焼き付きの大きな原因の一つであり、定期的なオイル交換とオイルポンプの点検が重要だと指摘されています。オイルポンプの不具合は早期に対処することで、エンジン全体の大きな故障を防ぐことができます。

今すぐ電話で廃車相談
ネットで無料廃車相談

エンジン焼き付きの予防策

エンジン焼き付きはエンジン全体に重大な損傷を与えるため、修理費用が高額になる場合があります。そのため、エンジン焼き付きを未然に防ぐことが重要です。ここでは、エンジン焼き付きの予防策として、定期的なオイル交換と冷却システムのメンテナンスについて詳しく解説します。

定期的なオイル交換の重要性

オイル交換はエンジンの健全な運転を維持するための最も基本的なメンテナンスです。エンジンオイルが劣化すると、エンジン内部の潤滑性能が低下し、摩擦や熱が増加してエンジン焼き付きの原因となります。オイル交換は定期的に行うことで、エンジンのパフォーマンスを保ちつつ、修理費用を抑えることができます。通常、3,000~5,000キロメートルごとにオイル交換を行うことが推奨されていますが、走行条件や使用するオイルの種類によっても異なる場合があります。

冷却システムのメンテナンス

エンジンの冷却システムも、エンジン焼き付きを防ぐために重要な役割を果たします。冷却システムが正常に機能していないと、エンジンが過熱しやすくなり、結果としてエンジン焼き付きが発生する可能性が高まります。冷却システムのメンテナンスには、ラジエーターの点検や冷却液の補充が含まれます。また、冷却システムの一部であるサーモスタットやウォーターポンプも定期的に点検し、不具合があれば早めに修理することが重要です。

よくある質問と答え

ここでは、エンジン焼き付きに関するよくある質問とその答えを紹介します。エンジン焼き付きに関する疑問を解消し、適切な対策を立てるための参考にしてください。

Q. エンジン焼き付きの判断方法とは?

エンジン焼き付きの判断方法の一つは、車から異音がする、焦げ臭いにおいがする、エンジンが急停止するなどの症状が現れることです。このような状態に気付いた場合は、直ちに車を停止し、専門の修理工場に相談してください。

Q. エンジン焼き付きの修理費用はどれくらいかかりますか?

エンジン焼き付きの修理費用は、損傷の程度や修理する箇所によって異なります。軽度の場合は数万円から十万円程度で済むこともありますが、重度のエンジン焼き付きやエンジン交換が必要な場合は、数十万円以上かかることが一般的です。具体的な修理費用については、専門の修理工場に見積もりを依頼することをお勧めします。

Q. エンジン焼き付きの主な原因は何ですか?

エンジン焼き付きの主な原因としては、エンジンオイルの不足や劣化、冷却システムの故障などが挙げられます。これらの問題が発生すると、エンジン内部の部品が過熱し、損傷を受けることがあります。定期的なメンテナンスと適切なオイル交換は、エンジン焼き付きの予防に非常に重要です。

Q. エンジン焼き付きはどのように予防できますか?

エンジン焼き付きを予防するためには、定期的なオイル交換と冷却システムのメンテナンスが不可欠です。また、車を運転する際には、エンジンの異常音や異臭に注意し、早期に対処することが大切です。専門家のアドバイスを受けながら、定期的な点検とメンテナンスを怠らないようにしましょう。

Q. 車のエンジン焼き付きが発生した場合、どうすれば良いですか?

車のエンジン焼き付きが発生した場合、まずは安全な場所に車を停止させてください。エンジンをすぐに止め、冷却が始まるのを待ちます。その後、専門の修理工場に連絡し、適切な対応を依頼してください。無理に走行を続けると、さらなる損傷が生じる可能性が高くなりますので注意が必要です。

今すぐ電話で廃車相談
ネットで無料廃車相談

まとめ

エンジン焼き付きは車の重大な故障であり、修理費用も高額になることが多いです。そのため、エンジンの状態を常にチェックし、エンジンオイルの交換や冷却システムのメンテナンスを怠らないことが重要です。エンジン焼き付きが発生した場合、軽度から重度まで状態に応じて修理内容や費用が異なります。特にエンジン交換が必要となった場合は、数十万円以上の費用がかかることもあります。よって、日頃から車のメンテナンスを行い、エンジン焼き付きのリスクを最小限に抑えることが非常に重要です。

廃車サービス提供エリア

ヒキトリレンジャーでは、関東及び近郊エリアにおいて廃車サービスを提供しています。ご相談・査定・引き取りエリアの選択は、下記、お車を保管している地域名のリンクからお選びください。

東京都神奈川県千葉県
埼玉県茨城県栃木県
群馬県山梨県静岡県

エリア別ページには、査定や引き取りが可能な「市区町村」情報のほか、廃車費用や流れの詳細をご確認いただけます。

\クイック廃車!累計対応数4,000台/
フリーダイヤル:0800-919-0048
【電話受付】9:00~24:00 ※年中無休
廃車の見積を依頼して待つ!
\クイック廃車!9:00-24:00 年中無休/