廃車手続きのガイドを公開中!

放置車両とは?放置車両確認標章の意味と対策

放置車両とは?放置車両確認標章の意味と対策

放置車両とは

放置車両とは、駐車違反に該当し、運転者が離れた場所にいるためすぐに運転できない状態の車両を指します。

放置車両の定義

放置車両の定義は、エンジンを止めているかどうかや停止時間の長短、ハザードランプの状態に関係なく、違法に駐車している車両です。

放置車両となる状況

放置車両となる状況は、一定の時間以上駐車違反を行っている場合や、駐停車禁止場所に長時間駐車している場合などが挙げられます。

また、運転者が車両から離れた状態であれば、どんな場所でも放置車両となる可能性があります。

放置車両は、道路の交通の邪魔になるだけでなく、周囲の景観を損なうことや、駐車スペースを占有することといった問題を引き起こします。

そのため、放置車両の駐車違反は適切に取り締まられるべき違反行為とされています。

今すぐ電話で廃車相談
ネットで無料廃車相談

放置車両確認標章とは

放置車両確認標章とは、放置車両であることを示す黄色いステッカーのことです。警察官や駐車監視員が放置車両に貼り付けます。

放置車両確認標章の目的

放置車両確認標章の目的は、以下の2つです。

一つ目は、周囲の人々に対して放置車両であることを知らせることです。放置車両は交通の邪魔になるだけでなく、治安上の問題や火災の危険性もあるため、早急に対応が必要です。

二つ目は、違反者に対して出頭と反則金の納付を促すことです。放置車両確認標章が貼り付けられた場合、違反者は警察署に出頭し、放置違反金を納める必要があります。これによって、放置車両の違反を繰り返さないようにすることが期待されます。

放置車両確認標章が貼られる基準

放置車両確認標章が貼られる基準は、主に以下のような要件があります。

まず、エンジンを止めたまま一定時間以上停止している場合に貼られます。エンジンの状態や停止時間の長短、ハザードランプの状態に関係なく、停車場所において車両が放置されていることが重要です。

また、放置車両確認標章が貼られる基準は地域や自治体によって異なる場合があります。例えば、駐車違反をする車両が多い地域では厳しい基準で貼られることがあります。

 そのため、放置車両確認標章が貼られた場合は、早急に警察署へ出頭し、反則金の納付をすることが必要です。

今すぐ電話で廃車相談
ネットで無料廃車相談

放置車両の対策と対応

放置車両を防止する方法には、以下のような対策があります。

放置車両を防止する方法

  1. 駐車場を利用する:駐車場を利用することで道路上に車を放置することを防ぎます。公共の駐車場や、地元の商業施設の駐車場を利用しましょう。
  2. 周囲の駐車ルールを守る:駐車禁止の場所には駐車しないようにし、周囲の駐車ルールを守りましょう。駐車違反をしないことで、放置車両になる可能性を減らすことができます。
  3. 駐車場の予約を活用する:イベントや混雑が予想される場所に車を駐車する際は、事前に駐車場の予約をすることで、駐車場の確保ができます。駐車場の確保が難しい場合、放置車両になるリスクが高まります。

放置車両となった場合の対応

 放置車両となった場合は、以下の対応が必要です。

  1. 違法駐車の解消
    放置車両となる前に、速やかに違法駐車の解消を行います。放置車両は、駐車違反になる可能性がありますので、適切な駐車場に移動するか、車を運転する必要があります。
  2. 放置車両確認標章の反則金の納付
    放置車両確認標章が貼り付けられた場合、所有者または使用者が警察署に出頭し、反則金を納める必要があります。放置車両確認標章は、放置車両の違反を証明するため、警察署での手続きが必要となります。

放置車両の撤去手続き

 放置車両の撤去手続きには、以下の手続きが必要です。

  1. 警察への連絡
    放置車両が公共の場や私有地にある場合、警察に連絡しましょう。警察は違法駐車の取り締まりを行いますが、警察自体は放置車両の撤去を行う権限は持っていません。
  2. 放置車両の撤去手続き
    放置車両の撤去は、所有者や管理者が行う必要があります。しかし、放置車両の撤去は法律上禁止されているため、適切な手続きが必要となります。地方自治体によって異なる手続きがあるため、関連する法律や手続きに従って行いましょう。

放置車両とは、違法に駐車している車であり、運転者が離れた場所にいるためすぐに運転できない状態のことを指します。

放置車両であるかの判断は、エンジンを止めているかどうかや停止時間の長短、ハザードランプの状態に関係なく行われます。短時間の停止であっても、放置駐車違反が問題となることがあります。

放置車両確認標章は、放置車両であることを示す黄色いステッカーのことであり、警察官や駐車監視員が貼り付けます。放置車両確認標章が貼り付けられた場合、違反者は警察署に出頭し反則金を納める必要があります。

放置車両の使用者と所有者が異なる場合、使用者が責任を負うことになり放置違反金を納める必要があります。

放置車両は警察に連絡することができますが、駐車監視員自体は取り締まりの権限を持っていないため、公共の場や私有地の放置車両は勝手に撤去することは法律上禁止されています。適切な手続きが必要となります。

今すぐ電話で廃車相談
ネットで無料廃車相談

▼関連情報
・放置車両の撤去方法はこちら
・放置車両の撤去&廃車サービスはこちら

放置車両の悩みを解消する情報

当社が長年の経験から学んだ、放置車両の悩みを解消する捉え方や、実際に自分で対処できる範囲から業者に依頼する段階まで、トータルで理解できる情報を無料で公開しています。それぞれを記事単位で紹介していますのでご利用ください。

放置車両の撤去方法

放置車両を撤去したいけど、自分の状況に合う安全安心の方法がわからない人へ、私有地と公道に対応できる対処法を解説。

放置車両に貼る警告文

敷地内に置き去りにされた、不法な放置車両の持ち主に対して警告がしたい人へ、無料のテンプレートを配布中。

放置車両撤去の費用

放置車両を撤去するために必要な費用相場、業者に依頼してお得に廃車まで済ませる方法をレクチャーします。

放置車両を撤去できないのはなぜ?

法律が邪魔して、なかなか撤去できない放置車両について、撤去できない背景にある事情と対処法を解説します。

放置車両と駐車違反の違い

道路交通法の観点から放置車両と駐車違反の違いについて、かえってわからなくなっている部分を単純明快に解説。

[PR] 放置車両撤去・廃車サービス

廃車手続き&レッカー代が0円!お客様は一部必要書類だけでOK。解体まで一貫して代行する当社のサービスです。

廃車サービス提供エリア

ヒキトリレンジャーでは、関東及び近郊エリアにおいて廃車サービスを提供しています。ご相談・査定・引き取りエリアの選択は、下記、お車を保管している地域名のリンクからお選びください。

東京都神奈川県千葉県
埼玉県茨城県栃木県
群馬県山梨県静岡県

エリア別ページには、査定や引き取りが可能な「市区町村」情報のほか、廃車費用や流れの詳細をご確認いただけます。

\クイック廃車!累計対応数4,000台/
フリーダイヤル:0800-919-0048
【電話受付】9:00~24:00 ※年中無休
廃車の見積を依頼して待つ!
\クイック廃車!9:00-24:00 年中無休/