廃車買取査定/引き取り見積もりコチラ!

車を使わなくなったらどうするべき?

車を使わなくなったらどうするべき?

車を使わなくなったらどうするべき?

車を使わなくなる状況とは、いくつかのパターンが考えられます。

運転免許の返納

高齢者の方が運転免許を返納する場合、自動車を保有していても使用しなくなることがあります。高齢になると、運転に自信を持てなくなったり、身体的な理由で運転が難しくなったりすることがあります。

このような場合は、自動車保険料や車検費用などのコストを削減するために、車を処分することが多いです。

引っ越しや生活環境の変化

引っ越しや生活環境の変化によっても車を使わなくなることがあります。たとえば都市部に引っ越した場合、車を利用する必要がなくなることがあります。

また、公共交通機関が充実しており、車を持っていてもあまり利用しない場合もあります。

長期出張や入院などの予定

長期出張や入院など、しばらく自宅を離れる予定がある場合も車を使わなくなることがあります。

このような場合、車を放置する代わりに処分することで、駐車場代や自動車税などの費用を節約することができます。

使わなくなった車の処分方法

車を使わなくなった場合、処分方法には「査定依頼と買取」「ディーラーへの下取り」「廃車手続き」の3つがあります。

査定依頼と買取

車を処分する方法の一つに、中古車買取業者に査定を依頼し、買取をしてもらう方法があります。買取業者は状態や需要に応じて査定額を提示してくれますので、いくつかの業者に査定を依頼し、最も高い査定額を出してくれる業者を選ぶことが重要です。

ディーラーへの下取り

車を新しく購入する場合、ディーラーへの下取りも選択肢の一つです。ディーラーは自社で車を買い取ってくれるため、車の処分と新しい車の購入が一度にできます。ただし、下取り価格は査定額よりも低い場合があるため、買取業者と比較検討することが重要です。

廃車手続き

使わなくなった車を手放す最終手段としては、廃車手続きを行う方法があります。廃車手続きには自動車の登録の抹消やナンバープレートの返却が含まれます。具体的には、運輸支局にて一時抹消登録や自動車検査証返納届を提出する必要があります。廃車手続きを行うことで、自動車税の還付や廃車費用を抑えることができます。

長期間使用しない場合の節税対策

車を長期間使用しなくなった場合、節税の対策をすることがおすすめです。長期間放置しておくと、毎年の自動車税の支払いが不要となり、経済的なメリットがあります。

節税をするためには、廃車手続きを行う必要があります。車を廃車とすることで、自動車税の納税義務がなくなります。また、自動車損害賠償責任保険や自動車重量税、自動車取得税などの負担も軽減されます。

廃車手続きには、一時抹消登録と永久抹消登録の2つの方法があります。一時抹消登録は、将来的に車を使いたいと考えている場合におすすめです。この場合、手続きを行い、自動車のナンバープレートを運輸支局へ返却する必要があります。

一方、永久抹消登録は、将来的に車を使う予定がない場合に選択します。永久抹消登録をすると、自動車の登録が抹消され、ナンバープレートも返納する必要があります。また、自賠責保険や重量税の再納入も不要となります。

車を長期間使用しなくなった場合は、節税のために廃車手続きを検討しましょう。具体的な手続きや必要な書類については、運輸支局のウェブサイトなどを参考にしてください。

車の譲渡は、知り合いや親族への引き渡しという方法があります。

使わなくなった車を知り合いや親族へ引き渡す場合、所有者が車を譲渡し、相手方が所有者となる手続きを行う必要があります。

まず、譲渡する側は車の所有権を相手方に移すために、譲渡証明書を作成します。譲渡証明書には譲渡する車の詳細情報(車種、車番号など)や譲渡する人と譲受人の氏名・住所・連絡先などが記載されます。

次に、譲渡する側は譲渡証明書を受け取った相手方に対して、自動車検査証を渡します。この自動車検査証は、車を譲渡する際に必要な書類です。

譲渡する側と譲受人は、この譲渡証明書と自動車検査証を持って、最寄りの陸運局や運輸支局に行き、車の所有権移転手続きを行います。

手続きが完了すると、譲受人は車を所有することになります。

譲渡の際は、費用や手続きに関する詳細な条件や注意事項を話し合い、書面で確認することが重要です。また、譲渡証明書や自動車検査証などの書類は必ず保管しましょう。

車の譲渡は、相手方が車を必要としており、両者が合意した場合に行うことが望ましいです。また、車の安全や法的な問題を避けるため、手続きを正確に実施することが必要です。

以上が車の譲渡に関する手続きです。車を譲渡する際は、これらの手続きを適切に行い、トラブルのないようにしましょう。

廃車手続きに必要な書類

車を使わなくなった場合、廃車手続きを行う必要があります。廃車手続きをするには、以下の書類が必要となります。

1. 自動車検査証

廃車手続きをするためには、自動車検査証が必要となります。自動車検査証は廃車手続きを行った日から30日以内に陸運局に提出する必要があります。

2. 自賠責保険証明書

自賠責保険証明書も廃車手続きに必要な書類です。廃車手続きを行った日から30日以内に自賠責保険会社に返却する必要があります。

3. 自動車納税証明書

自動車納税証明書は、廃車手続きを行う際に必要になる書類です。廃車手続きをする前に、自動車の車両前面ガラスに貼付されている自動車税納税証明書を取り外し、運輸支局に提出する必要があります。

4. ナンバープレート

廃車手続きをする際には、車両のナンバープレートも返納する必要があります。運輸支局でナンバープレートを受け取り、廃車手続きを行う際に一緒に提出することが必要です。

5. 委任状

車の廃車を所有者本人以外が行う場合、委任状を書いて、手続き窓口に行く人が提出することで、その車を廃車する権限を移譲したことを示す必要があります。

これらの書類を揃えて、廃車手続きを行うことが大切です。手続きが完了すると自動車税の納税の義務がなくなります。

適切な手続きを行わずに車を放置すると、所有者の責任である自動車税が発生してしまいますので、廃車手続きをすることは重要です。

以上の情報を参考にして、使わなくなった車の廃車手続きをスムーズに行いましょう。

まとめ:使わなくなった車の早めの処分がおすすめ

使わなくなった車は、放置せずに早めに適切な処分方法を選ぶことがおすすめです。

不要な車の処分方法は主に「売却」「下取り」「廃車」「個人売買」の4つがあります。売却や下取りでは中古車の買取業者やディーラーに引き取ってもらうことができます。査定依頼や買取価格の比較などを行い、自分にとって最も有利な選択肢を選ぶことがポイントです。

一方、廃車する場合は一時抹消登録や自動車検査証返納届などの手続きが必要です。廃車手続きには一時抹消登録と永久抹消登録の2種類があります。一時抹消登録手続きでは運輸支局で手続きを行い、ナンバープレートを返却する必要があります。

車を処分する前には自動車税の還付や車の掃除を行うなどして準備をしておくと良いでしょう。また、車を長期的に使わなくなる場合は廃車手続きをすることで節税することも可能です。

車を使わなくなった理由や状況に応じて適切な処分方法を選んで、車の手続きや費用に関する情報を参考にしてください。

みんなの質問箱

車の廃車が専門の当社には、日々多くの質問が寄せられます。その質問の中から、特に需要が多い質問と専門スタッフによる答えをまとめてあるのが「みんなの質問箱」です。

廃車サービス提供エリア

ヒキトリレンジャーでは、関東及び近郊エリアにおいて廃車サービスを提供しています。ご相談・査定・引き取りエリアの選択は、下記、お車を保管している地域名のリンクからお選びください。

東京都神奈川県千葉県
埼玉県茨城県栃木県
群馬県山梨県静岡県

エリア別ページには、査定や引き取りが可能な「市区町村」情報のほか、廃車費用や流れの詳細をご確認いただけます。

\クイック廃車!累計対応数4,000台/
フリーダイヤル:0800-919-0048
【電話受付】9:00~24:00 ※年中無休
廃車の見積を依頼して待つ!
\クイック廃車!9:00-24:00 年中無休/