廃車手続きのガイドを公開中!

車を廃車にしたいのですが、手続きはどうすればいいですか?

廃車したいけど手続きはどうすればいい?

車を廃車にしたいのですが、手続きはどうすればいいですか?

流れ1.解体業者に自動車を引き取ってもらう

廃車をする場合、まず解体業者に自動車を引き取ってもらいます。解体業者には廃車を専門に扱う業者や、ディーラーや中古車買取業者などがあります。廃車する前に引き取り先を事前に調べておきましょう。

解体業者に引き取ってもらうことで、廃車手続きの代行や解体費用の負担を軽減することができます。

流れ2.準備物をそろえる

廃車手続きをするには、いくつかの書類が必要です。例えば、自賠責保険証明書や自動車納税証明書、自動車検査証などが必要な場合があります。廃車手続きをする前に、必要な書類を確認し、事前にそろえておくことが大切です。

また、解体業者によっては、登録抹消をする場合に必要な「解体届出書」などの手続きも行われます。解体業者によってはこの書類の作成や手続きを代行してくれる場合もありますので、事前に確認しましょう。

廃車引き取りならヒキトリレンジャー
2月までの廃車で税金の還付あり
今すぐ電話で廃車相談
ネットで無料廃車相談

自分で手続きする方法

廃車手続きを自分で行う方法があります。具体的な手続き方法は以下の通りです。

 1. 運輸支局や軽自動車検査協会支所に必要書類を持参し、手続きをします。

 2. 手続きには一定の知識や書類の作成が必要ですので、行政書士や専門家の協力を得ることをおすすめします。

 3. 自動車検査証などの必要書類を提出します。

 4. 永久抹消登録の場合は、解体業者との連携も必要です。

自分で手続きを行う場合は、一定の手間や時間がかかることがありますので、十分に準備をして行うことをおすすめします。

また、廃車手続きの詳細や必要な書類については運輸支局や軽自動車検査協会支所のホームページなどで確認することをおすすめします。

普通車の廃車手続き方法と必要な書類

普通車の廃車手続き方法は、自分で手続きをする方法と廃車専門業者に依頼する方法があります。

自分で手続きをする方法

普通車の廃車手続きを自分で行う場合は、以下の手順に従って進めます。

  1. 運輸支局や軽自動車検査協会支所に必要書類を持参して手続きをします。
  2. 必要書類には、車を購入後に名字が変わったり、引っ越しをしてしまい住所変更をしていない場合など、住民票や除票なども必要になる場合があります。
  3. 永久抹消登録の場合は、「解体届出書」も必要です。解体業者との連携が必要なため、行政書士や専門家の協力を得ることをおすすめします。

手続きの詳細や必要な書類は、運輸支局や軽自動車検査協会支所のホームページで確認することができます。

廃車専門業者に依頼する方法

普通車の廃車手続きを廃車専門業者に依頼する場合は、以下の方法があります。

  1. 廃車専門の買取業者を利用する方法
  2. ディーラーや中古車買取業者に依頼する方法

廃車専門業者に依頼すると、手続きを代行してもらえるだけでなく、廃車買取も行ってもらえることが多いです。手続きの手間を省くために、廃車専門業者に依頼することができます。

以上が普通車の廃車手続き方法と必要な書類の概要です。詳細な情報や手続きの流れは、運輸支局や専門業者のホームページを参考にしてください。

2月までの廃車で税金の還付あり
今すぐ電話で廃車相談
ネットで無料廃車相談

廃車手続きはどこで行う?

廃車手続きは、運輸支局や軽自動車検査協会支所などで行うことができます。これらの機関では、廃車手続きに必要な書類の提出や手続きの申請を行うことができます。 運輸支局や軽自動車検査協会支所には専用の窓口が設けられており、廃車に関する手続きに精通している専門の担当者が対応してくれます。

手続きの際には、必要な書類を持参し、窓口で手続きを行うことになります。

また、一部の自治体では、インターネットを通じて廃車手続きを行うことも可能です。

インターネットでの手続きを利用する場合には、各自治体のホームページを参考にして手続きの方法や必要な書類を確認することが重要です。

廃車手続きは自分で行うこともできますが、手続きには一定の知識や書類の作成が必要となるため、行政書士や専門家の協力を得ることをおすすめします。

彼らは手続きに精通しており、スムーズな手続きをサポートしてくれるでしょう。 廃車手続きを行う場所や方法は地域によって異なる場合がありますので、詳細な情報は各地方自治体のホームページや運輸支局の窓口で確認することをおすすめします。

永久抹消登録とは

廃車手続きの一つに、永久抹消登録という方法があります。永久抹消登録とは、車両を解体し、登録から完全に抹消する手続きのことを指します。これにより、廃車車両は再登録することができなくなります。

永久抹消登録をする場合は、まず解体業者に車両を引き取ってもらう必要があります。解体業者は廃車車両を適切に処理し、廃棄物や有害物質の取り扱いにも配慮しながら処分してくれます。その後、解体業者と連携して、運輸支局や軽自動車検査協会支所で廃車手続きを行います。

永久抹消登録をする際に必要な書類として「解体届出書」が求められます。この書類には解体業者の情報や廃棄物処分場の情報が記載されており、廃車車両が適切に処理されることを示すものです。必要な書類は、運輸支局や軽自動車検査協会支所のウェブサイトや窓口で確認できます。

車両を完全に解体処理されないと、永久抹消登録は出来ないので、再度同じ車両を登録することはできません。また、車検が残っていた場合は、永久抹消登録後は重量税の還付を受けることが出来ます。

一時抹消登録とは

一時抹消登録とは、所有者の意思によって一時的に車を登録から抹消し、その間は車を使用しない状態にする手続きです。

一時抹消登録をすると、車を保管しておく場所に制約を受けずに預けることができます。また、一時抹消登録では、自賠責保険や自動車税の支払い義務も一時的に免れることができます。

一時抹消登録のした車両は、再登録の手続きを行えば車を再び使用することができます。

一時抹消登録は、所有者が車を将来的に使用する予定がある場合や、一時的に車を使わない期間が設けられる場合に適しています。

一時抹消登録をするためには、運輸支局や軽自動車検査協会支所に必要な書類を提出し、手続きを行う必要があります。

一時抹消登録の手続きには、登録証明書や印鑑証明書、自動車検査証などの書類が必要となります。具体的な手続き方法や必要な書類は、運輸支局や軽自動車検査協会支所に確認することをおすすめします。

2月までの廃車で税金の還付あり
今すぐ電話で廃車相談
ネットで無料廃車相談

廃車の手続きに必要な書類

廃車手続きをする際には、以下のような必要書類が求められます。

  • 自動車検査証
  • 自動車損害賠償責任保険の証明書(保険期間が残っている場合)
  • 軽自動車検査証(軽自動車の場合)
  • 「解体届出書」(永久抹消登録の場合)
  • 譲渡証明書(車を買い取ってもらう場合)

これらの書類を提出することで、廃車手続きを進めることができます。

また、車検が残っていて、還付金を受ける場合には、自動車検査証や自動車損害賠償責任保険の証明書の提出が必要となります。

軽自動車の場合は、軽自動車検査証の提出が必要です。永久抹消登録をする場合には、「解体届出書」の提出が必要となります。

車を買い取ってもらう場合は、譲渡証明書の提出が求められます。

これらの書類に加えて、各自治体や運輸支局などで指定された書類や手続きがある場合もありますので、事前に確認することをおすすめします。

みんなの質問箱

車の廃車が専門の当社には、日々多くの質問が寄せられます。その質問の中から、特に需要が多い質問と専門スタッフによる答えをまとめてあるのが「みんなの質問箱」です。

\クイック廃車!累計対応数4,000台/
フリーダイヤル:0800-919-0048
【電話受付】9:00~24:00 ※年中無休
廃車の見積を依頼して待つ!
\クイック廃車!9:00-24:00 年中無休/