廃車買取査定/引き取り見積もりコチラ!

車を廃車にする基準は5つ!判断は安全性や価値などの視点が重要

車を廃車にする基準

車を廃車する判断基準を解説。一般的に解りやすくすることを目的とした「20年・20万キロ」や「事故車だから」といった端的な解説ではなく、愛車をトータルで自己評価して本当に廃車するべきかを判断できるよう知識提供します。

車を廃車する判断基準

車を廃車にするかどうかの判断は、車を所有する上で避けられない決断です。自動車を廃車する判断基準を理解することで、最適なタイミングでの廃車手続きをスムーズに進めるための一助となります。このページでは、車を廃車にするべき5つの基準とその判断ポイントについて詳しく解説します。

廃車の基準を見極めるためには、車の状態や修理費用、新車や中古車の購入費用といった経済的な側面を考慮することが重要です。

例えば、修理費用が新車や中古車の購入費用を上回る場合や、走行距離が20万km以上、年式が20年以上経過している場合は、廃車の判断をする際の大きなポイントとなります。

また、燃費や税金などの維持費が高くなっている場合や、部品が手に入らなくなり修理が困難な場合、さらには車が事故などで大きなダメージを受けている場合なども廃車を検討する要因となります。これらの基準を総合的に考慮して、適切なタイミングで廃車手続きを行うことで、経済的な負担を軽減することができます。

廃車担当者

それでは、ここからは、車を廃車することを決断する際に役立つ「5つの判断基準」を確認していきましょう!!

自分で廃車手続きする方法
廃車引き取りならヒキトリレンジャー
今すぐ電話で廃車相談
ネットで無料廃車相談

廃車にする基準1. 安全性の低下を考慮して判断

車を廃車にする判断基準の一つとして、安全性の低下が挙げられます。安全な走行が保証されない場合、ドライバーや他の道路利用者に危険をもたらす可能性があります。ここでは、安全性の低下に関する二つの重要なポイントについて説明します。

走行距離と年式の目安

一般的に、走行距離が20万km以上、もしくは車の使用年数が20年以上経過すると、車の安全性能が低下する可能性があります。

長距離を走行した車や古い年式の車は、部品の劣化が進んでいる場合が多く、思わぬトラブルを引き起こす危険があります。

このような状態は、廃車を検討する一つの基準となります。

主要部品の劣化

エンジンやブレーキ、サスペンションなどの主要部品が劣化している場合、安全性が大きく損なわれます。

特に、これら主要部品の修理や交換が頻繁に必要となる場合、その費用が高額になるケースが多いです。また、古い車の場合、部品が手に入らないこともあるため、対処が難しくなります。

こうした状況に直面した際には、廃車手続きを考えるべきかもしれません。

廃車にする基準2. 修理費用との価値で判断

修理代が車の価値を超える場合

自動車を廃車にする判断基準の一つとして、修理費用が車の価値を超える場合が挙げられます。たとえば、古い車や走行距離が20万km以上の車では、主要部品の劣化が進んでいることが多いため、高額な修理費用が必要になるケースが増えます。

特に、エンジンやトランスミッションなどの修理が必要な場合、その費用が新車や中古車の購入費用を超えることがしばしばあります。

このような場合、自動車の廃車判断基準として、廃車を決断することが経済的に賢明です。

頻繁な修理の必要性

車が故障するたびに修理を繰り返すと、修理代が積み重なり、総額では新しい車を購入する費用を超えてしまうことがあります。

特に、車が使用年数20年を超えた場合や部品が手に入りにくくなった場合には、修理そのものが困難になることもあります。

修理が頻繁であると、これも車を廃車にする基準と考えることができます。廃車手続きに進めば、廃車による還付金も期待できますので、経済的な観点から見ても有利な選択となることが多いです。

今すぐ電話で廃車相談
ネットで無料廃車相談

廃車にする基準3. 経済的な変化を考慮して判断

自動車を廃車にする判断には、経済的な理由が大きく関わってきます。車の維持費用が高まる場合、廃車を決断する一つの基準となることがあります。以下では、具体的な場面を挙げて詳しく説明します。

高まる維持費

車の走行距離が20万km以上、あるいは使用年数が20年以上経過している場合、メンテナンスや修理費用が増加する傾向にあります。

エンジンオイルの交換やタイヤの交換など、定期的なメンテナンスにかかるコストだけでなく、部品の劣化による突発的な修理も増えてくることが多いです。

このような場合、維持費がしだいに高くなり続けるため、廃車を検討することが推奨されます。

燃費の悪化

古くなった車は新しい車に比べて燃費が悪くなる場合が多いです。燃費が悪い車を長期間運転することで、ガソリン代が増加し、維持費全体が高まります。

特に、燃費の悪化によるコストが新車や中古車の購入費用を上回るような場合、自動車を廃車する判断基準として適用されることが多いです。

また、環境面でも高燃費車が普及している現代において、古い車の燃費悪化はエコではないため、廃車手続きを考慮するきっかけになります。

廃車にする基準4. 環境負荷に配慮して判断

排ガス規制への非対応

近年、環境保護の観点から排ガス規制が厳しくなってきています。古い車両は新しい排ガス規制に対応していない場合が多く、これが大気汚染の原因となります。

特に都市部では排ガス規制が厳しく、規制に対応しない車は利用が制限されることもあります。このような場合、車を廃車にする決断が求められることがあります。

廃車手続きに進む前に、今の車が最新の排ガス基準に合致しているか確認することが重要です。

高燃費車の普及

近年では、燃費の良いエコカーや電気自動車が増えてきており、これらの車は環境負荷が少ないため、社会的にも推奨されています。対照的に、古い車は燃費が悪く、二酸化炭素の排出量が多い場合が多いです。このような高燃費車と比較した場合、古い車を廃車にして新しいエコカーに乗り換えることが、環境保護につながる場合があります。自動車を廃車する判断基準の一つとして、今乗っている車の燃費性能を評価し、環境への影響を考慮することが大切です。

今すぐ電話で廃車相談
ネットで無料廃車相談

廃車にする基準5. 買取価値の低下度合いを考慮して判断

中古市場での評価

車の買取価値が低下する要因として、中古市場での評価が重要です。走行距離が20万km以上や車の使用年数が20年以上経過している場合、評価は低くなる傾向にあります。

また、車に修復歴がある場合や部品が手に入らない状態になっていると、更にその価値は下がります。加えて、外観や内装の状態も中古車市場での評価に大きく影響します。

これらの要素を考慮し、自動車廃車の判断基準として利用することができます。

廃車による還付金

車を廃車にする際には、一定の還付金を受け取ることができる場合があります。例えば、自動車税や重加算税の一部が還付されるケースがあります。

また、廃車手続きを適切に行うことで、リサイクル料も還付される場合があります。

このため、車両の継続的な修理費用や維持費が高額になる場合、自動車を廃車する判断基準を満たしている場合には、廃車手続きを検討することが賢明です。

還付金を得ることで、次の車の購入に充てる資金の一部とすることも可能です。

まとめ

自動車を廃車する判断基準として、多くの要素が絡み合います。まず、安全性の低下や主要部品の劣化が見られる場合、特に走行距離が20万km以上や使用年数が20年以上経過した場合は廃車を検討するべきです。また、修理費用が高すぎる場合や頻繁な修理が必要になる場合、車の価値を超える修理代金は廃車を考える一つの基準となります。

経済的な理由においても、燃費の悪化や維持費の高騰が見られる場合、廃車手続きを行うタイミングと言えるでしょう。さらに、環境負荷の視点から、排ガス規制に非対応の車や燃費が極端に悪い車は廃車にする選択肢を検討してください。中古市場での評価が低くなってきた車は、買取価値が下がる前に廃車にするのも一つの手です。

廃車の手続きは専門の廃車買取業者に依頼することでスムーズに進めることが可能です。これらの判断基準を総合的に考慮し、車の状況や将来を見据えた最適な決断をしてください。

廃車サービス提供エリア

ヒキトリレンジャーでは、関東及び近郊エリアにおいて廃車サービスを提供しています。ご相談・査定・引き取りエリアの選択は、下記、お車を保管している地域名のリンクからお選びください。

東京都神奈川県千葉県
埼玉県茨城県栃木県
群馬県山梨県静岡県

エリア別ページには、査定や引き取りが可能な「市区町村」情報のほか、廃車費用や流れの詳細をご確認いただけます。

\クイック廃車!累計対応数4,000台/
フリーダイヤル:0800-919-0048
【電話受付】9:00~24:00 ※年中無休
廃車の見積を依頼して待つ!
\クイック廃車!9:00-24:00 年中無休/