廃車手続きのガイドを公開中!

普通車の廃車で税金還付!種類、手続き方法や受け取り時期は?

普通車の廃車と税金の還付

普通車を廃車すると受けられる税金還付の種類:自動車税と重量税

普通車を廃車すると、受けられる税金還付には主に2種類あります。それは、自動車税と重量税です。

自動車税の還付について

普通車の廃車を行うと、自動車税の一部が還付されます。具体的には、廃車した翌月から年度末までの月割り分の自動車税が戻ってきます。

自動車税の還付金を受け取るためには、廃車手続きと同時に自動車税の税止めの手続きも行う必要があります。自動車税の税止は地方税事務所で行うことができます。

自動車税の還付金の受け取り方法は、金融機関で行うことができます。還付通知書と本人確認書類、印鑑が必要になります。その他、手続きに関する詳細な情報は関連機関のホームページを参考にしてください。

自動車税還付金早見表はこちら

自動車重量税の還付について

廃車した普通車には、自動車重量税の還付も受けられる場合があります。自動車重量税の還付金の受け取り方法や手続きについては、関連する機関にお問い合わせいただくか、ホームページを参考にしてください。

重量税還付金早見表はこちら

廃車引き取りならヒキトリレンジャー
2月までの廃車で税金の還付あり
今すぐ電話で廃車相談
ネットで無料廃車相談

普通車を廃車して税金の還付を受ける手続き・条件

普通車を廃車した場合、税金の一部を還付されることがあります。具体的には、自動車税と自動車重量税の還付があります。

手続きの流れ

普通車を廃車する際の手続きは以下のような流れです。

  1. まず、廃車の手続きを行います。廃車手続きは、所在地の陸運局や自動車登録代行業者で行うことができます。
  2. 次に、自動車税の税止めの手続きを行います。都税事務所や県税事務所など陸運局内で、廃車手続きと同時に行うことができます。
  3. 最後に、自動車重量税の還付申請を行います。還付申請は、申請書を提出することで行うことができます。

還付金を受け取れる条件

自動車税の還付金を受け取るためには、以下の条件を満たす必要があります。

  • 廃車した車が普通車であること
  • 自動車税の抹消登録が完了していること
  • 地方税を滞納していないこと

必要な書類

自動車税の還付金を受け取るためには、以下の書類が必要です。

  • 還付通知書
  • 本人確認書類(運転免許証など)
  • 印鑑

手続きする場所(関係機関)

普通車の廃車手続きや自動車税の税止めの手続きは、所在地の陸運局や自動車登録代行業者で行うことができます。一方、自動車重量税の還付申請は、車両を解体後に移動報告番号、解体日などが必要です。自動車検査登録事務所に申請書を提出することで行うことができます。

普通車を廃車すると受けられる税金還付の種類:自動車税と重量税

普通車を廃車にすると、受けられる税金還付の主な種類は「自動車税」と「自動車重量税」です。

自動車税は、廃車手続きを行うことで廃車した月から年度末までの月割り分が還付されます。具体的には、年度の途中で廃車を行った場合でも、廃車した月から年度末までの間の自動車税が返ってきます。

また、自動車重量税も廃車手続きを行うことで還付される可能性があります。ただし、還付金の受け取り条件や方法については地方自治体によって異なる場合がありますので、詳細は各自治体のホームページや関係機関に問い合わせることをおすすめします。

自動車税の還付について

自動車税の還付は、廃車手続きとともに行います。廃車手続きを行った翌月から年度末までの月割り分が還付されます。

自動車税の還付金を受け取るためには、まず廃車手続きを行い、その後に自動車税の税止めの手続きを行う必要があります。廃車手続きを行った後、税務署で手続きをするか、インターネットでの申請が可能です。

自動車税の還付金を受け取るためには、還付通知書と本人確認書類、印鑑が必要です。還付通知書は税務署から送付されますので、登録住所などが正確かどうか確認しておくことが重要です。還付金の受け取り方法としては、金融機関での受け取りが一般的です。

自動車重量税の還付について

自動車重量税の還付について
地方自治体によって異なる場合があります。廃車手続きを行った後、地方自治体のホームページや関係機関に問い合わせて、詳細な情報を確認することをおすすめします。

自動車重量税の還付について
還付金を受け取るためには、通常は車検証や自動車の解体日、移動報告番号などの提出が必要となりますので、廃車時に必要な書類を事前に準備しておくことが重要です。還付方法や手続きに関しては、各自治体のホームページや関係機関に問い合わせることで詳細な情報を得ることができます。

2月までの廃車で税金の還付あり
今すぐ電話で廃車相談
ネットで無料廃車相談

還付を受けるための注意点

普通車を廃車する際に税金の還付を受けるためには、いくつかの注意点を押さえておく必要があります。

廃車手続きのタイミング

税金の還付を受けるためには、まず廃車手続きを行う必要があります。廃車手続きは、一般的に普通車を廃車する前に行われます。廃車手続きを行った後は、自動車税や自動車重量税などの税金が還付される可能性があります。

還付条件の要件

自動車税の還付を受けるためには、いくつかの要件を満たす必要があります。一つ目は、廃車する車普通車やトラックなどである事です。還付対象となるのは、軽自動車でなく普通車やトラックなどに限られます。重量税の還付では軽自動車も受け取ることが出来ます。二つ目は、廃車手続きを行い、車両を抹消登録することです。抹消登録を行わないと、税金の還付が受けられません。最後に、地方税を滞納していないことも要件の一つです。滞納がある場合には、税金の還付は受けられません。

また、自動車税の還付金を受け取るためには、還付通知書と本人確認書類、印鑑が必要です。これらの書類を用意して金融機関へ訪れることで、還付金を受け取ることができます。ただし、還付金の受け取りは業者に依頼することも可能ですが、手数料が発生する場合があるため、注意が必要です。

以上の注意点に留意しながら、普通車を廃車する際には税金の還付を受けることができます。還付金の受け取り時期や受け取り方法についても、事前に確認しておくことをおすすめします。

普通車の廃車と税金還付に関する質問と答え

質問1:廃車になった車の税金は還付されますか?

はい、廃車になった普通車には税金の還付が可能です。

質問2:廃車になった車の自動車税の還付方法は?

廃車になった普通車の自動車税の還付方法は、抹消登録を行い、還付通知書と本人確認書類、印鑑を持って金融機関で受け取ることが基本です。

質問3:5月に車を廃車したら税金は返ってきますか?

5月に車を廃車した場合でも、納税していた場合は、廃車手続きを完了させると、廃車した翌月から年度末までの月割り分の自動車税が還付されます。

質問4:廃車にしたら戻ってくるお金はいくらですか?

廃車にした場合の戻ってくるお金は、自動車税の還付金のみで、金額は廃車した車種や年度によって異なります。具体的な金額は各自治体の規定によりますので、詳細は地方の関係機関にお問い合わせください。

2月までの廃車で税金の還付あり
今すぐ電話で廃車相談
ネットで無料廃車相談

まとめ

普通車を廃車すると、自動車税と重量税の2種類の税金を還付されることがあります。自動車税の還付には抹消登録が必要であり、廃車手続きと同時に行う必要があります。還付金受取りには還付通知書と本人確認書類、印鑑が必要です。

受け取り場所は金融機関で、受け取りまでの期間は遅くとも翌年の3月末までです。 また、自動車重量税や自賠責保険、任意保険の解約返戻金も廃車時に受け取ることができる可能性がありますので残りの年度内期間を確認しましょう。

自動車税の還付金の受け取りは業者に依頼することもできますが、手数料がかかる場合があるので注意が必要です。 普通車の廃車と税金還付に関する詳しい情報や手続きの流れは、本サイト内でご案内しています。

廃車すると戻って来るお金には、自賠責保険の返戻金任意保険の返戻金などもあるので、トータルでいくらになるか確認してみましょう。

みんなの質問箱

車の廃車が専門の当社には、日々多くの質問が寄せられます。その質問の中から、特に需要が多い質問と専門スタッフによる答えをまとめてあるのが「みんなの質問箱」です。

\クイック廃車!累計対応数4,000台/
フリーダイヤル:0800-919-0048
【電話受付】9:00~24:00 ※年中無休
廃車の見積を依頼して待つ!
\クイック廃車!9:00-24:00 年中無休/